浄化槽設置整備補助金


最終更新日 2016年4月28日


生活排水

家庭からの生活排水は、1日1人あたりの水の量は200〜250リットル程度と考えられます。その内訳は、各家庭の生活形態やリズムによって大きく変動するため幅がありますが、一般的な割合としてトイレが30%、炊事が40%、入浴・洗顔が20%、洗濯が10%程度になります。水質汚濁の度合いを示すBOD(生物化学的酸素要求量)の値もそれぞれ排水量に応じた値となっています。

※BOD→生物化学的酸素要求量(Biochemical Oxygen Demand)の略。水中の様々な物質をバクテリアが分解する際に消費される酸素の量で示され、値が高いほど汚濁が進んでいることを表す。   

浄化槽

合併処理浄化槽を設置すると、家庭から出る生活排水はきれいに処理されます。

浄化槽 し尿くみ取り
し尿と生活雑排水を併せて処理します。 生活排水の汚れがそのまま川などに流れます。
浄化槽を設置した場合は、設置前に比べて、放流される汚れの量が7分の1になります。(単独処理との比較では約8分の1)

  補助制度のご案内

秋田市では、市民の生活排水対策への積極的な参加を後押しするため、国・県の補助制度を活用し、浄化槽の設置費用に補助金を交付しています。

 浄化槽の人槽は、建築物の用途別による屎尿浄化槽の処理対象人員算定基準(JIS A 3302-2000)により算定しますが、実情に沿わない場合には、同基準の2.建築用途別処理対象人員算定基準に定めるただし書きに基づき、住宅の延べ面積のみではなく、使用状況に応じて算定人員を増減できます。

補助事業の流れ

申請者

秋田市

所要日数

@浄化槽工事業者の決定 申請者による
A浄化槽設置届の提出
新築・増築等の場合
建築確認申請→建築指導課
建築確認不要の場合
浄化槽設置届→環境保全課
B補助金交付申請書の提出
@申請書受理・内容審査 約30日
A交付決定通知書送付
C浄化槽工事の着工 申請者による
D工事完成
E実績報告書の提出
B確認検査 約45日
C補助金確定通知書送付
F補助金請求書の提出
D申請者希望口座に振込
G振込確認

秋田市環境部環境保全課
010-8560
所在地 秋田市山王一丁目1番1号
TEL 018-888-5711
FAX 018-888-5712
E-Mail ro-evpl@city.akita.akita.jp

秋田市トップ環境部環境保全課



市章
Copyright (C) 2000-2017 秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan)
All Rights Reserved.
ro-evpl@city.akita.akita.jp