水質関係の届出


最終更新 2016年4月28日


 公共用水域(河川、海域、湖沼、水路等)に排水を排出する工場・事業場を設置する場合は、要件等によって以下の法令に基づく届出が必要になります。なお、排水を下水道に放流する場合でも、雨水を公共用水域に放流する場合は届出の対象となります。

  1. 水質汚濁防止法/(法令環境省HP)
  2. 秋田県公害防止条例/(法令秋田県HP)
  3. 湖沼水質保全特別措置法/(法令環境省HP)

届出に関する共通事項

届出の種類  

届出の種類 内容
設置届出 新たに施設を設置、施設を更新、改築するなどした場合
使用届出 法改正等で新たに施設が追加された際に、既にその施設を設置している場合
構造等変更届出 既に届出済みの施設について、構造や使用方法、排水量などに変更が生じた場合
氏名の変更等届出 既に届出済みの事項のうち、届出者の氏名、名称、住所、法人の代表者の氏名等に変更があった場合
廃止届出 既に届出済みの施設を廃止するとき
承継届出 既に届出済みの施設を、届出者から譲り受けたり借り受けるなどして届出者の地位を承継した場合

1 水質汚濁防止法                

 水質汚濁防止法施行令別表1(環境省HP)に定める特定施設を設置する事業場は、水質汚濁防止法に基づく届出が必要になります。
※平成24年6月1日以降は有害物質貯蔵指定施設等についても上記届出が必要になります。
詳しくはこちらのページをご覧ください。
 届出様式および記載例はこちらからダウンロード
届出一覧
種類 規定 提出期限 罰則
特定施設(有害物質貯蔵指定施設)設置届出 法第5条 工事着手60日前 法第32条、第33条第2号
特定施設(有害物質貯蔵指定施設)構造等変更届出 法第7条 工事着手前または変更前60日 法第32条、第33条第2号
氏名の変更等届出 法第10条 変更後30日以内 法第35条
特定施設廃止届出 法第10条 変更後30日以内 法第35条
承継届出 法第11条 変更後30日以内 法第35条
特定施設(有害物質貯蔵指定施設)使用届出 法第6条 特定施設となった日から30日以内 法第33条

2 秋田県公害防止条例

 秋田県公害防止条例で定める指定汚水排水施設を設置する事業場は、届出が必要になります。ただし、水質汚濁防止法の特定施設に 該当する施設はこの条例に定める施設には該当しません。 

届出様式および記載例はこちらをご覧ください。

<指定汚水排水施設>
施設番号 施設名 要件
一(一) 牛房施設 牛房の総面積が120平方メートル以上のもの
一(二) 鶏房施設 鶏房の総面積が500平方メートル以上のもの
一(三) 鶏糞火力乾燥施設 水を使用するもの
自動車分解整備事業
ガソリンスタンド営業
鉄道業の用に供する施設
病院の検査又は分析の用に供する施設
届出一覧
種類 規定 提出期限 罰則
指定汚水排出施設設置届出 条例第41条 工事着手60日前 条例88条、同第89条第2号
指定汚水排出施設構造等変更届出 条例第43条 工事着手前または変更前60日 条例88条、同第89条第2号
氏名の変更等届出 条例第52条 変更後30日以内
指定汚水排出施設廃止届出 条例第52条 変更後30日以内
承継届出 条例第52条 変更後30日以内
指定汚水排出施設使用届出 条例第42条第1項 届出対象となった日から30日以内 条例第89条第2号

3 湖沼水質保全特別措置法 

平成19年12月11日付けの環境省告示により、八郎湖が汚濁が著しく水質改善が必要な湖沼である指定湖沼に指定されました。これに伴い、八郎湖流域が八郎湖の水質を改善するために、汚濁源の流入量を低減させる事が必要な「指定地域」に指定されました。秋田市域でも、八郎湖に流入する馬踏川流域(秋田市金足地区の大部分)が指定地域に指定されましたので、要件に該当する工場・事業場は届出が必要となりました。  
・湖沼特定事業場 
指定施設 
準用指定施設       
なお、秋田市内の指定地域および規制基準等の詳細については、環境保全課に直接お問い合わせください。
 

<湖沼特定事業場>

 指定地域内にある水質汚濁防止法の「特定事業場」および湖沼水質保全特別措置法で定める「みなし指定地域特定事業場」が湖沼特定事業場となります。
 なお、1日の排水量が50立方メートル以上の事業場は水質汚濁防止法の規制(濃度規制)の他に、汚濁負荷量による規制がかかります。
 届出は水質汚濁防止法に基づいて行ってください。
(注)排水基準についても、今まで適用されていなかった「化学的酸素要求量」、「窒素含有量」、「りん含有量」の3項目が適用されることになります。 
○みなし指定地域特定施設
浄化槽 201人槽以上500人槽以下のし尿浄化槽
病院 病床数120以上299以下のもので、ちゅう房施設、洗浄施設、入浴施設があるもの

<指定施設>

 水質汚濁防止法の特定施設以外の施設で、湖沼の水質汚濁に係る発生源であっても、排水規制の措置になじまない以下の施設について、構造や使用の方法に関する基準が適用されます。
 このような施設は指定施設として、湖沼水質保全特別措置法に基づく届出が必要になります。
 届出様式および記載例はこちらをご覧ください。
○指定施設  
豚舎 豚房面積が40平方メートル以上50平方メートル未満
牛舎 牛房面積が160平方メートル以上200平方メートル未満
厩舎 馬房面積が400平方メートル以上500平方メートル未満
こいの養殖施設 網いけす面積が500平方メートルを超えるもの
(注1) 牛舎のうち牛房面積が120平方メートル以上200平方メートル未満の牛舎は、これまでも秋田県公害防止条例による届出対象施設であり、排水量が1日5立方メートル以上の施設については、条例の排水基準が適用されます。
届出一覧
種類 規定 提出期限 罰則
指定施設設置届出 法第15条第1項 法第46条第1号
指定施設構造等変更届出 法第17条第1項 法第46条第1号
氏名の変更等届出 法第17条第2項 変更後30日以内 法第49条
指定施設廃止届出 法第17条第2項 変更後30日以内 法第49条
承継届出 法第18条第2項 変更後30日以内 法第49条
指定施設使用届出 法第16条第1項 届出対象となった日から30日以内 法第47条第1号

<準用指定施設>

 指定地域内にある湖沼特定施設であって、排水基準による規制を有効に適用しがたい施設は、指定施設に準ずるものとして、構造や使用の方法に関する基準が適用されます。
 なお、これらの施設は、水質汚濁防止法の特定施設であるため同法に基づく届出が必要です。  
○ 準用指定施設
畜産又はサービス業の用に供する施設であって、次に掲げるもの
豚房施設 総面積50平方メートル未満のもの、および1日の排水量が5立方メートル以上のものを除く。
牛房施設 総面積200平方メートル未満のもの、および1日の排水量が5立方メートル以上のものを除く。
馬房施設 総面積500平方メートル未満のもの、および1日の排水量が30立方メートル以上のものを除く。

秋田市環境部環境保全課
010-8560
所在地 秋田市山王一丁目1番1号
TEL 018-888-5711
FAX 018-888-5712
E-Mail ro-evpl@city.akita.akita.jp

秋田市トップ環境部環境保全課



市章
Copyright (C) 2000-2017 秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan)
All Rights Reserved.
ro-evpl@city.akita.akita.jp