秋田市第2子保育料無償化事業

掲載日 平成28年4月13日


 秋田市では、現在第1子を持つ世帯が第2子を安心して生み育てることができる環境を整備するため、第1子の年齢上限を小学校6年生とした、第2子の保育料を一定の所得制限のもと全額助成(無償化)します。

 この制度は、子育て世帯の経済的負担の軽減のみならず、現在第1子でとどまっている世帯が第2子を持つことへの後押しとなるよう実施するもので、出生数全体の増加を目指しています。

平成28年4月2日以降に第3子以降が生まれた世帯への助成はこちらをご覧ください。


 対象となるかた:平成28年4月2日以降に生まれた第2子(ただし第1子の年齢上限は小学校6年生)

 所得制限:下の表に該当する保育料階層(市民税額)の世帯が対象となります。

・1号認定子ども および 従来型幼稚園の入所児童

市階層 1 2 3 4
市民税額 生活保護受給世帯 市民税非課税世帯
(市民税所得割非課税
世帯含む)
市民税所得割課税世帯で、
市民税所得割額211,200円以下の世帯

・2号認定子ども、3号認定子ども および 認可外保育施設の入所児童

市階層 A B C1〜D12 
市民税額 生活保護受給世帯 市民税非課税世帯 市民税均等割のみ課税世帯および
市民税所得割額169,000円未満の世帯

※支給認定(1・2・3号認定子ども)の説明についてはこちら

申請手続き等

 申請書等は、利用施設を通じての配布か、保育所等の入所申請時に記載していただきます。
 提出や助成方法は施設によって異なりますので、詳しくは各施設子ども育成課へお問い合わせください。


お問合せ先
住所 〒010-8560秋田市山王一丁目1番1号
本庁舎2階
電話番号 子ども育成課:018-888-5692
FAX 018-888-5693
Eーmail ro-wfch@city.akita.akita.jp


 秋田市トップ子ども未来部子ども育成課


市章


Copyright (C)2016 秋田県秋田市(AkitaCity,Akita,Japan)AllRightsReserved.
ro-wfch@city.akita.akita.jp