畜産農家の皆様へ
「畜舎火災事故の防止」について


最終更新 2017.01.30


先般、県内の畜産関係施設で火災事故が発生し、多くの家畜が失われました。
極寒の季節となり、暖房や保温器具の使用頻度が高まり、火災のリスクが高まっています。また、施設の老朽化による電気配線の不備も火災発生の大きなリスクとなります。
大切な家畜や施設を守るため、今一度点検を行い、危機管理の徹底をお願いします。

火災事故防止のための注意点

1 暖房器具等の使用注意点

2 電気設備と配線の点検

保温のための投光器等の使用頻度が増え、電気の消費も高まる時期です。
器具を含め、絶縁が傷ついたり、ホコリが付着したりして漏電の原因となりますので点検しましょう。
また、電気の使用容量許容オーバーや、スイッチ・コンセントの接触不良による加熱への対応も必要です。

【チェックポイント】

定期的に電気保安協会等の点検を受け、漏電の有無を確認しましょう。

3 発生を想定した準備対応

4 その他


問い合わせ

秋田県中央家畜保健衛生所

  〒011-0904秋田市寺内蛭根一丁目15番5号
  電話:018−864−0401 FAX:018−862−7132  

秋田市産業振興部農業農村振興課
住所 〒010-8560 秋田市山王一丁目1番1号 (本庁舎3階)
Tel/Fax 018-888-5735/018-888-5736
e-mail ro-agen@city.akita.akita.jp

秋田市産業企画課農地森林整備課


Copyright (C)2000-2016 秋田県秋田市(AkitaCity,Akita,Japan)
AllRightsReserved.
ro-agen@city.akita.akita.jp