新規就農支援について


最終更新日 2016.05.02


新規就農相談

新規就農にかかる相談等、随時受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

新規就農対策

支援策 就農準備期間 就農開始
独立・自営就農 法人への就農
所得確保 国・青年就農給付金・準備型 新規就農総合支援事業
(国・青年就農給付金・経営開始型)
国・農の雇用事業
(秋田県農業会議HPへリンク)
技術習得 フロンティア農業者研修
(県・未来農業のフロンティア育成研修)
若手農業者向け研修会開催
機械・施設等の導入 新規就農者経営開始支援事業
(県・新規就農者経営開始支援事業)

フロンティア農業者研修

県農業研修センターが実施する「未来農業のフロンティア育成研修」を受講する市内就農予定者に対して助成します。

対象者 助成額
  • 新たに農業を始めようとする者又は現に農業を営む者で、農業で自立しようとする意欲が高く、研修終了後の市内就農が確実と見込まれる者
  • 申請時の年齢が45歳未満の者
月々7万5千円

詳細は、秋田県HP(秋田県農業研修センター)へリンク

新規就農総合支援事業(国・青年就農給付金・経営開始型)

経営が不安定な就農直後の所得を確保するための給付金を支給します。

対象者 助成額
  • 人・農地プランに位置づけられている、又は位置づけられることが確実と見込まれる者
  • 就農時の年齢が45歳未満の独立・自営就農者
年間150万円
最長5年間

詳細は、農林水産省HP(農業を始めたい皆さんを応援します)へリンク

新規就農者経営開始支援事業(県・新規就農者経営開始支援事業)

戦略作物導入等の新たな取組を開始する場合に必要とする機械・施設等の導入費用の一部を助成します。

対象者 助成額
  • 青年就農給付金・経営開始型の給付対象者、又は、認定就農者
非農家出身者1/2以内(上限3,500万円)
上記以外の者1/3以内(上限3,500万円)

認定就農者制度について

新たに農業を始める方が作成する青年等就農計画を秋田市が認定し、その計画の実現に向けた新規就農者の取組を関係機関・団体が連携して支援していくこととしております。

対象者
  • 青年(原則、18歳以上45歳未満)
  • 特定の知識・技能を有する中高年齢者
  • 上記の者が役員の過半数を占める法人

詳細は、農林水産省HP(認定就農者制度について)へリンク

秋田市園芸振興拠点施設(秋田市園芸振興センター)による新規就農支援

秋田市では、平成26年度、「園芸振興拠点施設」を新たに設置し、就農相談から研修、新規就農まで一貫した支援体制づくりに取り組んでおります。

若手農業者のネットワークづくり

秋田市及びJA新あきたでは、若手農業者や農業研修生相互のつながりが持てるよう、情報交換会や現地研修の実施により、交流促進を図っております。

農林水産省では、全国レベルのネットワークづくりを進めております。

詳細は、農林水産省HP(青年新規就農者ネットワーク「一農ネット」でつながろう)へリンク


問い合わせ・連絡先
秋田市産業振興部 農業農村振興課
住所 〒010-8560 秋田市山王一丁目1番1号 (本庁舎3階)
TEL 018-888-5735
FAX 018-888-5736
E-mail ro-agen@city.akita.akita.jp

秋田市トップ農林部農業農村振興課