夏期休暇期間における口蹄疫等の対策の徹底について


最終更新 2017.07.25


このことについて、県より以下のとおり通知がありました。
中国、韓国を含む東アジアで口蹄疫の発生が続き、3月にはアフリカ豚コレラの発生もあり、日本への侵入リスクは高い状態が続いています。
また、夏期休暇の時期を迎えるにあたり、オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、諸外国との交流が一層増えることが予想されますので、下記について注意してください。


畜産関係者の口蹄疫発生地への渡航をできる限り自粛し、仮に渡航する場合は次のことに注意しましょう。

(1) 農場等の畜産関係施設に立ち入らないこと
(2) 動物との不用意な接触を避けること
(3) 肉製品等を日本に持ち込まないこと
(4) 帰国の際に動物検疫所のカウンターに立ち寄り指導を受けること
(5) 帰国後は1週間、農場(牛、豚)に立ち入らないこと
(6) 帰国後、海外で使用した衣服および靴を農場に持ち込まないこと

農場の管理者は農場への病原体の持ち込みを防ぐため、必要のない人を立ち入らせず、また物を持ち込まないようにしましょう。
また、農場に入る人の靴底や車両の消毒を徹底しましょう。
口蹄疫を疑う症状等を確認した場合は速やかに家畜保健衛生所へ連絡しましょう。
畜産関連施設においては、動線の工夫により、敷地内の洗浄・消毒並びに車両、靴底、手指、運転席足マット等の洗浄・消毒の指導を徹底しましょう。


連絡先

中央家畜保健衛生所

電話 018−864−0401

家畜保健衛生所の電話は休日、夜間でも職員が携帯する緊急用携帯電話に転送されます。



秋田市産業振興部農業農村振興課
住所 〒010-8560 秋田市山王一丁目1番1号 (本庁舎3階)
Tel/Fax 018-888-5735/018-888-5736
e-mail ro-agen@city.akita.lg.jp

秋田市産業企画課農業農村振興課



Copyright (C)2013 秋田県秋田市(AkitaCity,Akita,Japan)
AllRightsReserved.
webmaster@city.akita.lg.jp