つるの剛士子育てトークショー「子育てを楽しもう」を開催しました

最終更新 2017.3.28


 子育てを楽しみながら、ワーク・ライフ・バランス(仕事と家庭の調和)を考える機会として、秋田市と公益社団法人秋田県市町村振興協会の共催で「つるの剛士子育てトークショー〜子育てを楽しもう」を開催しました。

とき    平成29年3月26日(日) 午後2時〜3時
ところ   秋田キャッスルホテル

 二男三女の父で、「イクメン」タレントの代表的な存在であるつるの剛士さんと、藤田ゆうみんさん(聞き手)のトークショーは、終始にぎやかな雰囲気で、会場は笑いに包まれました。
 2016年6月に第5子が誕生し、1か月の育児休業を取得したつるのさん。つるのさんは、会場のみなさんから事前に伺った質問に答えながら、自身の経験をお話してくれました。
 
「いい父親になることより、いつもがんばっている妻の1番の理解者でいたい」と語ったつるのさん。
育児休業をとったことで妻の気持ちがよりわかるようになったそうです。
「夫をイクメンにするにはどうしたらよいか?」「子どもの叱り方がわかりません」などの質問がありました。


ご家族のスライドを紹介しながら、家族のエピソードもお話してくれました。
家族を思うつるのさんの優しい気持ちが伝わり、会場は温かい雰囲気になりました。子育て中のパパ・ママにとって
楽しい時間になったことでしょう。

トークショー後半には、つるのさんと会場のみなさんとのじゃんけん大会もありました。盛り上がりは最高潮!
つるのさんとのじゃんけんに勝った10名にサイン入り色紙がプレゼントされました!

(チラシ表面)    (チラシ裏面)

(←チラシPDF版はこちら)


イクメンとは

 イクメンとは、子育てを楽しみ、自分自身も成長する男性のことです。「育児をするメンズ(男性)」の略語。イクメンやイクメンをサポートする企業が増えれば、妻である女性の生き方や子どもを取り巻く環境、家族のあり方等に良い変化をもたらすと考えられています。

 秋田市では、イクメンをサポートする取組として、「子育て応援リーダー宣言〜秋田市版イクボス宣言」の普及を図っています。
 ※「イクボス」とは、部下がいきいきと仕事と子育ての両立を図りながら働くことができるよう、職場の風土づくりを努めるとともに、自らも仕事を充実させながら、生活を大切にし、楽しむことができる上司のことをいいます。

ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)とは

 「ワーク・ライフ・バランス」とは、誰もがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たす一方で、子育てや介護、地域等の時間を持てる豊かな生活をいいます。


問い合わせ

秋田市子ども未来部子ども総務課

住所

010-8560 秋田市山王一丁目1−1

連絡先

TEL.018-888-5687

FAX.018-888-5693

E-mail

kodomo-soumu@city.akita.akita.jp


| 秋田市トップ | 子ども総務課 |


Copyright (C)2013-2016 秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan)
All Rights Reserved.
ro-chbs@city.akita.akita.jp