認可外保育施設について

最終更新 2017.3.6

認可外保育施設の設置届出について

  乳幼児の保育業務を目的とする施設で、秋田市長の認可を受けていない施設を「認可外保育施設」といいます。

 認可外保育施設の設置者には、児童福祉法に基づき、事業開始日から1ヶ月以内に秋田市長に届出することが義務付けられています。
また、会社等が従業員のお子さんを対象に設置した事業所内保育施設や臨時に設置された施設などは届出が不要ですが、秋田市の指導監督の対象となりますので、設置した際は施設指導室までお知らせください。

 届出事項に変更があった場合や、施設を廃止又は休止する場合にも届出が必要となります。なお、届出を怠ったり虚偽の届出をした場合は過料が課せられることがあります。


平成28年4月から、認可外保育施設やベビーシッターを行う場合に届出が必要となる1日に保育する乳幼児の数が、6人から1人に引き下げられました。
  詳しくは、こちらをご確認ください。

認可外保育所の設置・変更に関する届出様式

認可外保育施設設置届(かがみ文) (word:28KB)
認可外保育施設設置届(添付書類) (excel:112KB)
認可外保育施設事業内容変更届 (word:43KB)
面積および設備表 (word:17KB)
職員調書

その他の届出について

  次のような場合は、市に報告してください。

(1) 責任の所在の如何を問わず、施設の管理下において重大な事故が生じた場合(死亡事案、重傷事故事案、食中毒事案 等)
(2) 当該施設に24時間、かつ、週のうちおおむね5日程度以上入所している児童がいる場合

施設内へのサービス内容の掲示等について

  認可外保育施設を設置した場合は、利用者に対する情報提供として、サービス内容の掲示、利用者に対する契約内容等を記載した書面の交付等を行わなければなりません。

 サービス内容の掲示
   利用者の見やすい場所に提供する保育サービスの内容等を掲示することが必要です。

  (掲示内容)
   ・設置者の氏名又は名称および施設の管理者の氏名
   ・建物その他の設備の規模および構造
   ・施設の名称および所在地
   ・事業を開始した年月日
   ・開所している時間
   ・提供するサービスの内容および当該サービスの提供につき利用者が支払うべき額に関する事項
   ・入所定員
   ・保育士その他の職員の配置数又はその予定

 契約時の書面交付
   利用契約が成立した時は、その利用者に対し、契約内容等を記載した書面を交付することが必要です。

  (記載内容)
   ・設置者の指名および住所又は名称および所在地
   ・当該サービスの提供につき利用者が支払うべき額に関する事項
   ・施設の名称および所在地
   ・施設の管理者の氏名および所在地
   ・当該利用者に対し提供するサービスの内容
   ・保育する乳幼児に関して契約している保険の種類、保険事故および保険金額
   ・提供する医療機関の名称、所在地および提携内容
   ・利用者からの苦情を受け付ける担当職員の氏名および連絡先

認可外保育施設への指導監督について

  認可外保育施設に対しては、届出の有無にかかわらず、児童福祉法に基づき適正な保育内容及び保育環境が確保されているかどうか調査を行い、基準をすべて満たす施設に対して証明書を交付(届出対象施設のみ)しています。

運営状況報告について

  認可外保育施設は、毎年、施設の運営状況を報告する必要があります。なお、届出対象外施設についても、上記のとおり指導監査を実施することから、事前に必要な情報を把握するため、同様に報告をしていただきます。

認可外保育施設運営状況報告書(様式)

「運営状況の報告について」(かがみ文)
運営状況報告書

問い合わせ 秋田市子ども未来部施設指導室
住所 〒010−8560秋田市山王一丁目1番1号
TEL 018−888−5695
FAX 018−888−5693
E-Mail ro-chig@city.akita.akita.jp

| 秋田市トップ | 子ども未来部トップ

Copyright (C)2015-2016 秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan)

All Rights Reserved.

ro-chig@city.akita.akita.jp