あきた市民カード

最終更新日 平成28年5月6日

「あきた市民カード」とは?

「あきた市民カード」の種類、とることが出来る証明書について

  1. 「あきた市民カード・印鑑登録証」……印鑑登録している方、新たに印鑑登録をする方が対象となります。
  2. 「あきた市民カード」……印鑑登録をしていない方が対象となります。

    ※外国人住民の方も印鑑登録証明書・住民票の写し・住民票記載事項証明書をとることができます。

注意 「あきた市民カード」の種類は、印鑑登録をしているかどうかによって異なります。
戸籍証明書をとることができるのは、本籍が秋田市にある方のみです。

以下のものは自動交付機から証明書の交付が受けられません。窓口までおこしください。
ボタン住民票コード付きの住民票や、死亡、転出、改製等により除票となった住民票
ボタン外国人の住民票別表
ボタン外国人の第30条の45区分が「一時庇護許可者」「仮滞在許可者」「出生による経過滞在者」「国籍喪失による経過滞在者」の場合の住民票の写し
ボタン現在の戸籍の全部事項証明書および個人事項証明書以外の戸籍の証明書

登録資格

満15歳以上で、秋田市に住民登録をしている方

手数料

無料(印鑑登録を新規で同時に手続きする場合は、登録手数料として300円が必要です)

登録手続

手続きに必要なものは交付申請される方により異なりますので下記をご覧ください。なお、交付申請には印鑑登録と同様に身分を証明するもの(運転免許証、健康保険証等)が必要となります。

注意 身分を証明するものがない場合は窓口でお話ください。なお、この場合、即日の登録はできません
  1. 従来の印鑑登録証をお持ちの方で「あきた市民カード・印鑑登録証」の交付申請をされる方は、従来の印鑑登録証、身分を証明するものが必要です。
  2. 新たに印鑑登録される方は、印鑑登録と同様です。「あきた市民カード・印鑑登録証」をお渡しします。
  3. 上記以外の方(印鑑登録をしていない方で、住民票の写し・住民票記載事項証明書・戸籍証明書を自動交付機でとりたい方)は、身分を証明するものが必要です。   
注意 自動交付機を利用する場合は、暗証番号を登録する必要があります。暗証番号を登録していない「あきた市民カード」では、自動交付機を利用することができません。暗証番号は4桁の数字で”0000”以外を申請してください。

取扱窓口と受付時間については、印鑑登録と同様です。詳しくはこちらへ

利用上の注意

  1. 暗証番号の入力を間違ってしまった場合

    自動交付機を利用するには、暗証番号を入力します。暗証番号の入力を3回間違うと、「あきた市民カード」は使用できなくなり返却されます。窓口で暗証番号の変更手続をしてください。
    暗証番号の変更手続は、登録申請者本人に限ります。(身分を証明するものが必要です。)

     
  2. 「あきた市民カード」を取り忘れた場合

    自動交付機利用後に「あきた市民カード」が返却されます。取り忘れを防ぐために音声による案内がありますが、放置されたままになると自動交付機の中に回収されます。取り忘れた場合は、窓口に申し出てください。

     
  3. 暗証番号を忘れた場合

    暗証番号に関する問い合わせにはお答えすることができません。暗証番号を忘れてしまった場合は、暗証番号変更届により新たに暗証番号の登録をしてください。暗証番号の変更手続は、登録申請者本人に限ります。(身分を証明するものが必要です。)

問い合わせ

不明な点、詳細につきましては、下記へお問い合わせください。

秋田市役所住民記録担当
住所 〒010-8560 秋田市山王一丁目1番1号
電話 市民課 018-888-5626
E−Mail
ro-ctct@city.akita.akita.jp

秋田市トップ市民課


市章
Copyright (C)2002 - 2013 秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan)All Rights Reserved.
ro-ctct@city.akita.akita.jp