秋田市合葬墓(平和公園内)の募集案内

最終更新日2018.04.25


 <目次>
  1. 合葬墓について
  2. 申込みの資格
  3. 募集数および使用料
  4. 受付日時
  5. 申込時の提出書類
  6. 永代使用料の納付
  7. 合葬墓使用許可証の交付
  8. 駐車場のご案内
  9. 利用にあたっての注意点
  10. 合葬墓の概要および案内図

 <PDF版>

○募集案内
  1. パンフレット
○合葬墓位置図
  1. 合葬墓(平和公園内)
○共通様式
  1. 合葬墓地使用許可申請書(埋蔵用)記入例
  2. 合葬墓地使用許可申請書(改葬用)記入例
  3. 合葬墓地使用許可申請書(生前用)記入例
  4. 同意書記入例
  5. 埋蔵・改葬届兼納骨予約書記入例
  6. 合葬墓使用中止届
    記入例
  7. 合葬墓使用許可証再交付申請書記入例
  8. 住所・本籍・氏名変更届記入例
  9. 同意者・住所・氏名変更届記入例

1 合葬墓について  

     近年、少子高齢化や核家族化が進む中で、墓地をとりまく社会環境が変化してきました。
     承継等の不安なく、安心して墓地を求めることができるよう、一つのお墓に合同で埋蔵する新しい形式の
    墓地を平和公園内に整備しました。
 
    ※焼骨を骨壺等から取り出し、直接埋蔵しますので一度埋蔵された焼骨は取り出すことはできません。
     ご親族の方と十分相談のうえお申込みください。
   

2 申込みの資格(以下の要件を満たす方)

 ◆1体ごとの申込みとなります◆

      【埋蔵申請】・【改葬申請】
       (自宅または寺院などに焼骨を保管している、または他の墓地から改葬する)
       下記@ABのいずれかに該当する方
       @ 住所または本籍が秋田市である方
       A 死亡時の住所または本籍が本市であった故人の焼骨を埋蔵もしくは改葬する方
       B 市営墓地から改葬する方(墓地使用者が死亡等の理由によりいない場合は、承継の手続きが必
        要です)

      【生前申請】
       (自身の焼骨を合葬墓へ埋蔵する)
       下記@Aのすべてに該当する方
       @ 住所または本籍が本市にあり、申請時の年齢が満65歳以上である方
       A 自己の死亡後に、その焼骨の埋蔵手続きを行う方(同意者)を選定できる方

     申請者が本市の市営墓地使用者の場合、墓地を返還もしくは親族へ承継することになります。

↑先頭へ戻る| 

3 募集体数および使用料

 ◆募集数および使用料等は以下のとおりです。現地を確認のうえ、お申込みください◆

募集数 永代使用料
500体 焼骨1体につき17,000円

※年間の管理手数料は発生しません。
※先着順に受付し募集体数に達した時点で受付を終了します。

                                                        |↑先頭へ戻る| 
 

4 受付日時

平成30年5月22日(火)午前8時30分〜
 【整理券配布場所】市役所1階市民ホール
  午前7時30分から、1階市民ホールで整理券をお配りします。
  申請場所は別室になりますので、職員がご案内します。
 
*申請体数が募集体数を上回った場合、合葬墓の需要把握のため聴き取りを行い、早期増設について検討してまいります。

↑先頭へ戻る

5 申込時の提出書類について

使用区分(埋蔵・改葬・生前)に応じた「合葬墓使用許可申請書」(裏面に承諾書あり)に、
  それぞれ必要な下記の書類を添付してください◆      

 @ 申請者の本籍が記載された住民票
 A 死体(胎)埋葬・火葬許可証(内容確認後返却します)
 B 遺骨保管証明書(寺院等に遺骨を預けている方のみ)
 C 埋蔵および改葬する故人の死亡時の本籍または住所が確認できる書類(除籍謄本など)
 D 遺骨埋蔵(焼骨)・埋葬(土葬)証明書(一体につき1枚必要です)
 E 同意書(生前申請の方のみ)(様式第3号)
 F 同意者の本籍が記載された住民票

  *当日の申請には住民票は不要です。申請後、14日以内に生活総務課墓地・斎場整備担当へ
   提出していただきます。
   4月2日の募集時に準備した住民票はそのまま使用できます。
   なお、住民票の提出により、要件を満たしてないことが判明した場合受付を取消しますのであら
   かじめご了承ください。
  *各申請書(裏面承諾書を含む)は、申請者本人がすべて記入し、押印してください。
  *同意書は、同意者本人がすべて記入し、押印してください。
     【埋蔵申請】(合葬墓使用許可申請書(様式第1−1号))
      ・焼骨があり、住所または本籍が本市にある方
       申請書に@ABの書類を添付してください。(自宅保管の場合は、Bは必要ありません)
      ・死亡時の住所または本籍が本市にあった故人の焼骨を埋蔵する方
       申請書に@ABの書類を添付してください。(自宅保管の場合は、Bは必要ありません)
       ※Aで故人の住所または本籍が確認できない場合は、Cを添付してください。

     【改葬申請】(合葬墓使用許可申請書(様式第1−2号))
      ・住所または本籍が本市にあり、他の墓地から改葬する方
       申請書に@Dの書類を添付してください。
      ・死亡時の住所または本籍が本市にあった故人の焼骨を他の墓地から改葬する方
       申請書に@CDの書類を添付してください。
      ・市営墓地から改葬する方
       申請書に現在お持ちの墓地使用許可証を添付してください。
       受付時に改葬許可申請の手続きをしますので認印を持参してください。

     【生前申請】(合葬墓使用許可申請書(様式第1−3号))
      ・自身の焼骨を合葬墓へ埋蔵する方
       申請書に@EFの書類を添付してください。  

↑先頭へ戻る

6 永代使用料の納付


     永代使用料の納付書は、住民票の提出を受け、要件を満たしていることを確認した後に発行します。 
     納付は、秋田市指定金融機関において、納付書発行から10日以内に納付してください。

↑先頭へ戻る

7 合葬墓使用許可証の交付

◆当課で永代使用料の納付を確認後、7日以内に使用許可証を郵送いたします◆

↑先頭へ戻る

8 駐車場のご案内

◆当日はあきぎんスタジアムの駐車場もご利用できます◆

  
案 内 図

       

↑先頭へ戻る

9 利用にあたっての注意点


    @ 合葬墓への埋蔵は、現地で職員が焼骨を受け取りますので、事前に予約が必要です。
       埋蔵は、通年(12月29日から1月3日までの日を除く)で受付します。ただし、天候等で埋蔵に支障をき
       たす場合は行いません。埋蔵の予約は、10時、11時、13時、14時の1日4回です。
    A 使用許可を受けた被埋蔵者以外の焼骨は埋蔵できません。
    B 合葬墓に埋蔵された焼骨は、改葬・分骨・返還はできません。
    C 墓参は、墓石前にてお願いします。お花以外の供物・骨箱などは、必ずお持ち帰りください。
    D 墓地内の除雪は行いませんので、ご了承ください。
    E 彼岸やお盆時は、墓参のための車両で大変混みあいます(特に午前9時頃〜午後1時頃)。
       駐車スペースが限られておりますので、墓参日や時間をずらすなどのご協力をお願いします。
       また、路上駐車は、事故や渋滞にもつながりますので、所定の駐車場をご利用ください。

↑先頭へ戻る

10 合葬墓の概要および案内図

所 在 地 秋田市泉字五庵山地内
距離 市役所から約2.5キロメートル(車で約10分)
案 内 図
                                                                                 |↑先頭へ戻る


お問い合わせ先 秋田市市民生活部生活総務課 墓地・斎場整備担当 /TEL 018-888-5624/ FAX 018-888-5623/E-mail:ro-ctmn@city.akita.akita.jp

秋田市トップ生活総務課市営墓地の概要 |


市章
Copyright (C)2001-2013 秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan)
All Rights Reserved.
ro-ctmn@city.akita.akita.jp