障害基礎年金について


最終更新 2016.6.29


障害基礎年金

障害基礎年金は、国民年金加入中や20歳前の病気やけがによって障がいの状態になった場合に支給されます。

支給要件

20歳前に障がい者になったかたについて

年金額

平成28年4月からの年金額

1級 975,125円+子の加算
2級 780,100円+子の加算

※ 等級は国民年金法の障害等級表に基づき決定されます。身体障害者福祉法とは認定基準が異なるため、身体障害者手帳の等級と必ずしも同じではありません。

子の加算

受給権者によって生計を維持している18歳未満(障がいがあるかたは20歳未満)の子がいるときは次の加算がつきます。
また、受給後に子を有した場合も加算の対象となりますので、届出をしてください。

加算対象の子の数 加算額(一人につき)
1人目・2人目 224,500円
3人目以降 74,800円

障害基礎年金のご相談に際して〜お願い〜

匿名でのお問合せや人を介しての相談がときどき見受けられますが、障害基礎年金は「納付要件」と「障害の状態」の2点を満たしてはじめて受給できます。
次の点について整理されたうえで、本人又は、障がいの経緯について最も把握されているかたがご相談くださるようお願いします。


秋田市トップ市民生活部国保年金課(国保年金資格担当)国民年金から受けられる年金


市章
Copyright (C)2000-2002 秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan)
All Rights Reserved.
ro-ctnh@city.akita.akita.jp