赤れんが郷土館について
利用案内
旧営業室カウンター 赤れんが館外観
赤れんが郷土館は、赤れんが館・新館・収蔵庫の3つの建物から構成され、このうち赤れんが館は国の重要文化財に指定されています。赤れんが館は旧秋田銀行本店として、明治42年着工、
同45年に完成した建物で、昭和56年に寄贈されました。秋田市では明治期の貴重な洋風建築を後世に残すべく、修復を行い、昭和60年に秋田市立赤れんが郷土館として開館いたしました。新館2階では郷土秋田の歴史・民俗・美術工芸に関する企画展を随時開催、平成元年には勝平得之記念館、同9年には関谷四郎記念室を設置して展示の充実が図られてきました。
また、平成4年には竿燈をはじめとする郷土の民俗行事や芸能の保存伝承を目的とした秋田市民俗芸能伝承館(ねぶり流し館)が分館として開館いたしました。
展示室(旧営業室)カウンターおよびロビー  
上棟・竣工棟札 棟札と展示資料
赤れんが館常設展示勝平得之記念館
関谷四郎記念室企画展
民俗芸能伝承館