外観・旧営業室旧頭取室・旧書庫
旧金庫室(ビデオコ−ナ−)・旧貴賓室
煉瓦造2階建の建物の外部設計は当時の秋田県技師山口直昭によるもので、ルネサンス様式を基調としています。土台は男鹿石、1階が白の磁器タイル、2階が赤煉瓦という赤と白のコントラストが華麗で美しい外観となっています。
旧営業室 2階回廊より
赤れんが館正面
展示室(旧営業室)2階回廊より
銀行時代、営業室として使用されたこのホールはトラス工法を用いて広大な吹き抜け空間を構成しています。内部設計は星野男三郎によるもので、バロック様式を取り入れたものとなっています。天井に施された石こうのレリーフは圧巻であり、各所に見られる漆喰や木彫による装飾や、ふんだんに使われている各種大理石などが壮麗な雰囲気を醸し出しています。
赤れんが郷土館について勝平得之記念館
関谷四郎記念室企画展
民俗芸能伝承館

赤れんが館築100年記念事業(平成24年度)