6つのジャンルとは? 「親子の絵本プラン」トップへ戻る 書名の五十音順リストへ戻る

6つのジャンルとは?

「親子の絵本プラン」のために選んだ全40冊を、6つのジャンルに分けてご紹介します。
はじめて出会う絵本 ことばを楽しむ絵本
絵本は、赤ちゃんが
はじめて出会う芸術とも言われます。
できるだけ、しっかりとした絵で
描かれているものを選びましょう。

絵本を開いて、
赤ちゃんとおしゃべりを楽しむように
声のやわらかさやあたたかさが伝わるように
やさしく語りかけてあげましょう。
ことばの響きや、リズムの面白さ
心地よさが感じられる絵本です。

詩を語ったり、わらべうたを唄ったりして
楽しみましょう。
ひろがるせかい ものがたりを楽しむ絵本(3歳頃まで)
ものがたりを楽しむ絵本(4歳頃から)
子どもは毎日が発見。
自然の中での体験や
好きなものとの出会いが
子どものせかいを広げます。

自分の目で見、
手で触れて感じることを
大切にしながら読んであげましょう。
2、3歳になると簡単なものがたりを、
4歳頃からは筋道のあるものがたりを楽しめるようになります。
子どもたちが共感できるおはなしを
選びたいものです。

想像の翼を広げることができるように
ゆっくり読んであげましょう。
むかしばなし おとうさん・おかあさんへ
むかしばなしは
人から人へ語りつがれてきたものです。

そこに込められた、生きる智恵や
豊かな人間の感情を
大切に伝えてあげたいものですね。
おとうさん、おかあさんとのふれあいは
子どもにとってこのうえない喜びです。
親子で楽しむふれあい遊びが
いろいろ紹介されています。

肩の力を抜いて
子育てを楽しんでみましょう。

秋田市トップ教育委員会図書館トップ


市章
Copyright (C)2005- 秋田県秋田市(Akita City , Akita, Japan)
All Rights Reserved.