秋田市立図書館
各館共通サイト
図書館トップへ 図書館トップへ
お知らせ お知らせ
利用案内 利用案内
新聞・郷土雑誌 新聞・郷土雑誌
深く知る 深く知る
図書館組織
図書館のしごと
ボランティア活動
図書館だより索引
あゆみ
各種統計 各種統計
親子の絵本プラン 親子の絵本プラン
リンク集 リンク集
サイトマップ サイトマップ

図書館のしごと

 最終更新 2012.09.01

よく見えるしごと(直接サービス)

業務名 業務内容
カウンター
業務
貸出…図書・雑誌・視聴覚資料の貸出処理
返却…図書・雑誌・視聴覚資料の返却処理、書架への返却
問合せ(レファレンス)…利用案内、所蔵調査、事項調査、読書相談、課題解決支援
予約・リクエスト…受付、調査、予約処理、電話連絡
利用者登録…新規登録、住所等変更届、カード紛失者への対応
視聴覚資料視聴…ビデオ・CDの視聴受付
コピーサービス…著作権法の範囲内で行う
館内巡回
イソップ号
巡回
貸出…図書・雑誌の貸出処理
返却…図書・雑誌の返却処理
予約・リクエスト…受付
利用者登録…新規登録、住所等変更届、カード紛失者への対応

部分的に見えるしごと

業務名 業務内容
各種行事 一般向け…市民講座、文化講演会、展示会、映画鑑賞会などを企画し開催
子ども向け…おはなしの会、子ども広場、講座、映写会などを企画し開催
障がい者サービス…ボランティアの協力で対面朗読、テレホンサービスを開催
団体貸出 団体貸出…学校など団体への貸出・返却処理
地域配本…遠隔地などの施設への選書、貸出・返却処理、運搬
PR 図書館だより…「明窓」などの企画、編集、発行
PR誌…新刊各種読書案内、新刊ガイドの企画、編集、発行
広報…「広報あきたメールマガジン」などへの新刊情報の原稿提供
要覧…秋田市図書館要覧の企画、編集、発行
その他…職業体験、視察研修、館内見学者への案内と説明

見えないしごと(間接サービス) 

業務名 業務内容
新刊図書
受入
情報収集…新聞、出版案内・出版者・Web情報など様々な情報源からの情報収集
選書…日々発行される新刊から、各図書館に受け入れるべき図書を選定する
発注…選書委員会で選ばれた図書をコンピュータで発注処理をする
分類整理…図書の分類を決定し、コンピュータ処理をする
装備…所蔵館シールや分類番号等の背ラベルを貼付し、フィルムコーティングをする
データ入力…所蔵館や場所など各館単位のデータをコンピュータに登録する
リクエスト付け合せ…リクエストのある図書に予約処理をする
ほか…予算管理、新刊図書PRなど
既刊図書
受入
情報収集…新聞、出版案内・出版者・Web情報など様々な情報源からの情報収集
選書…新刊に限らずさかのぼって各図書館に受け入れるべき図書を選定する
発注…選書委員会で選ばれた図書をコンピュータで発注処理をする
分類整理…図書の分類を決定し、コンピュータ処理をする
装備…所蔵館シールや分類番号等の背ラベルを貼付し、フィルムコーティングをする
データ入力…所蔵館や場所など各館単位のデータをコンピュータに登録する
リクエスト付け合せ…リクエストのある図書に予約処理をする
ほか…予算管理、図書の紹介など
寄贈資料受入 情報収集…新聞、出版案内、出版者、Web情報など様々な情報源からの情報収集
選書・・・送られてくる資料も含め、各図書館に受け入れるべき資料を選定する
寄贈依頼…電話やハガキなどで寄贈依頼
礼状送付…寄贈礼状の送付
分類整理…図書の分類を決定し、コンピュータ処理をする
装備…所蔵館シールや分類番号等の背ラベルを貼付し、フィルムコーティングをする
データ入力…資料内容や各館のデータをコンピュータ登録する
雑誌受入 受入処理…台帳記入、所蔵印押印
装備…所蔵館シールなどの貼付、付録の装備、補強等を行う
配架・・・バックナンバーとの差し替え
データ入力…巻号情報、特集記事等をコンピュータに登録する
パンフレット類…台帳記入、所蔵印押印、バックナンバーとの差し替え
視聴覚資料
受入
選定発注…各誌、メディア等からの情報収集と発注
装備…視聴覚資料の分類を決定し、所蔵館シールと一緒にフィルムコーティングする
データ入力…資料内容や各館のデータをコンピュータ登録する
ほか…予算管理、視聴覚機器管理
二次資料
作成
データ整備・・・所蔵している資料を誰もが探し出せるように常にデータを整備、更新する
目録・索引作成・・・書誌、索引、目録等を作成する
レファレンス資料作成・・・レファレンス記録、パスファインダー等を作成する
予約・リクエスト 所蔵調査…所蔵資料かどうかの調査
予約処理…所蔵図書の場合、コンピュータで予約処理をする
発注処理…未所蔵の場合、図書館に必要な資料かどうかを検討後、発注する
相互貸借…未所蔵で絶版の場合、他館の所蔵を調査、貸借依頼、貸借処理をする
修理・買換 修理…傷んだ図書の修理をする
買換…汚損・破損図書、内容の更新が必要な図書の買い換えと除籍処理
コンピュータ 電算…コンピュータの維持管理、各種データの抽出と管理
統計…利用統計、蔵書統計の作成と各機関への報告
ホームページ…ホームページのデータ作成と更新管理
新刊情報…新刊情報データのダウンロード、購入図書のデータ送付など
移動図書館
イソップ号
電算バッチ処理…イソップ号出動前後に各種データを取り込む作業
予約本積替え…巡回コース別に午前と午後に行う
予約・リクエスト…所蔵調査、予約処理、発注処理など
利用者登録…新規登録、住所等変更届、カード紛失者への対応
ほか…積載図書の積替えや清掃、車両の管理
その他 全職員の情報の共有、書架整理などの開館準備、施設整備、清掃、除雪
インターネット予約本のとりまとめ、各図書館への本の配送
古文書の収集保存と活用、郷土資料・雑誌・学校文集などの製本
人事管理、施設管理、出納管理、市役所など各機関への連絡調整など

業務分担の一例(明徳館)

担当者 担当業務(◎印はチーフ)
主査(司書) カウンター業務、参考資料調査室カウンター業務、一般図書選書、◎郷土資料選書、レファレンス(参考業務)とりまとめ、◎コンピュータ調整管理、◎各種統計報告、◎ホームページ作成・調整管理、◎寄贈資料(依頼・分類整理・受入)、図書館要覧編集、図書館だより「明窓」編集、一般書新刊ガイド作成、講座・各種資料展示会、◎石川達三記念室維持管理、◎古文書史料(維持管理・解読本編集刊行・電算化事業)、照会文書回答、財務会計業務、委託・リース契約関係業務



図書館の仕事は、カウンターで本を借りたり、返したりといった見える業務はごく一部で、ほとんどが一般には見えない業務によって成り立っています。
図書館は無料貸本屋でも、イベンターでもありません。
図書館には多くの可能性があり、様々な利用のされ方があります。
好きな本を読み余暇を過ごしたり、知的好奇心を満たしたり、図書館を拠点に地域とつながりを持つことや、地域の発展に役立つ何かを創り出していくことも可能です。そして、これからの時代を力強く生き抜くため、資格取得やキャリアアップにつながるヒントを図書館で発見していただくこともできるはずです。各種講座や講演会に参加されたり、小さなお子さんはおはなし会を聞きに来られます。目の不自由な方は新聞や広報などを読む対面朗読を利用されますし、ボランティアの活動の場としても使われています。

人それぞれ様々な使い方をされる図書館ですが、自己責任、自己決定という言葉が広く使われるようになった社会において、図書館で課題を解決するという使われ方がとても増えています。そこで、「レファレンスサービス」というサービスが図書館において近年非常に重要視されています。
レファレンスサービスとは、日本語では参考調査、参考業務、参考奉仕などと訳されていて、市民が必要な資料・情報を求めた際に、図書館職員が情報そのものあるいはそのために必要とされる資料を検索・提供・回答して、住民の手助けをする業務のことを言います。
予め、利用しやすいように体系立って資料を整えたり、索引などの必要な資料を作成する作業も含まれます。

図書館職員の仕事は、イベントの開催やベストセラー本の購入など、目先の貸出率などの数値に一喜一憂したその時限りのサービスではなく、
50年後、100年後を見据えた仕事が大変重要なのです。
レファレンスサービスは一朝一夕には成就しません。
図書館職員は、人と資料・情報を繋ぐことが最大の務めです。
レファレンスサービスも、資料・情報との出会いの手助けも、一般には見えない地道な作業があってこそ成り立ちます。
データの整備、書誌・索引・目録(注)等の二次資料の作成、パスファインダー(注)の作成といった業務は、今後ますます力を入れて行わなければなりません。

そして、今を大切にしながら、50年後、100年後、もっと先の市民のためにも、図書館職員は資料を、情報を、知識を、蓄積し、保存し、活用し、継承していきます。


(注)
書誌・・・図書や雑誌等の資料の同定・識別に必要なデータ(著者表示、版表示、大きさ、シリーズ表示、巻・号、ページ、発行年月など)の記述を集め、一定の方式に従って排列し編成したリストのこと。目録に対して、それぞれの文献の所在・所蔵を示さないものをいう。

索引・・・ある特定の情報を検索するために、その情報を示す語句または記号等(キーワード、索引語)を一定の順序に配列し、その情報の所在を指示するもの。雑誌記事索引、人名索引、地名索引、事項索引など。

目録・・・書籍その他の資料をリスト化し、所在・所蔵を明らかにしたもの。規則に従って排列し検索できるようにした集合体を指す。所蔵目録、著者目録、書名目録、件名目録など。

パスファインダー・・・ある特定のトピック(主題)に関する資料や、情報を収集する手順をまとめたツールのこと。書籍に限らず専門誌、パンフレット、インターネット情報、特定のデータベースなどありとあらゆる情報源を網羅し、課題を抱えた市民が正しい資料や情報を偏らずに手にするためのツール。

市章
Copyright (C)2000 - 秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan)
All Rights Reserved.