秋田市スポーツ少年団

日本スポーツ少年団の成り立ち

昭和37年に(財)日本体育協会の創立50周年記念事業として日本スポーツ少年団が創設されました。
「一人でも多くの青少年にスポーツの喜びを!」「スポーツを通じて青少年のからだと心を育成させる組織を地域社会の中に!」との願いのもと、全国的な活動を展開しています。ひとつのスポーツだけでなく、レクリエーションや地域での奉仕活動など、その地域の実情や子どもたちの能力に合わせて多様なプログラムで活動を展開し、子どもたちに数多くの体験をさせることができます。

秋田市スポーツ少年団について

秋田市スポーツ少年団は、昭和37年、日本スポーツ少年団の結成と同時に4団、130余名で発足しました。現在は、219団体、4344名(平成23年6月末日現在)の団員数となっています。

現在は、大部分が単一種目型の小学校区スポーツ少年団です。
団員は、小学校高学年の4〜6年生が主体となっています。
活動の場は、主に小学校の体育施設となってます

主要事業

交流大会
各種目ごとに、全団員が各々のレベルに合わせて選手として出場し、他団との交流を深める。交流方法等は各専門部会で決定し、指導者が大会運営にあたり、親の会が補助役をつとめます。
秋田市スポーツ少年団のつどい
全団の団員が一堂に会し、スポーツやゲーム等を楽しみ、お互いの親睦をはかります。
運動適性テスト
団員の運動適性を掌握し、日ごろの活動に役立てる。スポーツ少年団活動基準で義務付けられています。
指導者講習・研修会
発展途上にある団員に適切な指導をするために、子どもの発育、発達等の一般教養ならびに指導法、審判法について学び、指導者の資質向上をはかります。
秋田市スポーツ少年団冬のつどい
全団の団員が一堂に会し、スキー・スノーボード、雪上レクリエーションを楽しみ、お互いの親睦をはかります。
ブロック研修会
スポーツ少年団の相互の情報交換や正しい団活動について、指導者、親の会、育成会で共通理解を深め、円滑な運営に役立てます。
育成会合同研修会
育成会代表で構成され、各団の健全育成に役立てるため相互の意見交換を行い共通理解を深め、育成母集団の資質向上をはかります。
登録説明会
登録するための諸手続きを説明するとともに、秋田市スポーツ少年団についての理解を深めます。

秋田市スポーツ少年団の活動基準について

秋田市スポーツ少年団の活動基準(平成27年3月17日改正版)はpdfアイコンこちらから

登録手続き

スポーツ活動を主体とする団員10人以上、指導者(スポーツ少年団認定指導員)1名以上の構成であれば登録できる。登録方法は、所定の用紙に必要事項を記入し、登録料を添えて、4月〜翌年2月の間に行ってください。

スポーツ少年団登録料・傷害保険料

スポーツ少年団登録料 4月〜6月 団員 1人1,200円
指導員 1人1,900円
7月〜2月 団員 1人600円
傷害保険料 団員 1人800円
指導員 1人1,300円

お問合せ・所在地

秋田市スポーツ少年団事務局
〒010-0974 秋田市八橋運動公園1-1八橋球技場内
TEL 018-853-4461
FAX 018-853-4462
akita-jsb@arrow.ocn.ne.jp