日本の近代写真史を代表する写真家の一人、木村伊兵衛の戦後の傑作といわれるシリーズ 〈秋田〉は、撮影に約20年を要し、その一連の作品は、当時の農村の姿に日本の縮図を捉えた一種のルポルタージュともなっています。そして、木村に人間を 写す希望と自信を与えたのが、この秋田での撮影であったと本人が述懐しています。
 このたびの展覧会では、シリーズ〈秋田〉により、1950〜60年代の秋田とそこに生きる人々の姿を、さまざまな角度から紹介します。本人や撮影同行者 たちのことば、コンタクト・プリントなどの資料とあわせ、木村がとらえた「秋田」での時間と空間を感じてください。
主催 秋田市立千秋美術館
後援 秋田魁新報社 NHK秋田放送局 ABS秋田放送 AKT秋田テレビ
AAB秋田朝日放送 エフエム秋田 秋田ケーブルテレビ



記念講演会
対談「木村伊兵衛を語る」
日時:平成19年12月2日(日)
午後2時から
講師
大野源二郎(写真家)
鐙啓記(無明舎出版編集長)
ギャラリートーク
日時:平成19年12月8日(土)、
12月12日(水)、
平成20年1月12日(土)
いずれも午後2時
解説:当館学芸員

※事前申込みは必要ありませんが、展覧会チケットが必要です。
お知らせ
「図録フェア」は
12月28日(金)まで開催中!