「祈りを捧げる巡礼者」 コイユリーテ ペルー/2004年

「下山していく長蛇の列」 コイユリーテ ペルー/2004年





休館日: 2月23日(土)・24日(日)
観覧料/ 一般800円(640円) 高・大学生600円(480円)
小・中学生無料
※( )内は20名以上の団体または前売割引料金
くるりん周遊バスで企画展を観覧の場合
一般500円 高・大学生400円
前売り券販売所/秋田市立千秋美術館
        caoca広場(秋田ステーションビル)
        ローソンチケット(Lコード:29163)

 写真家・野町和嘉は、20代半ばでサハラ砂漠を訪れ、大地のスケールと、過酷な風土に生きる人々の強靭さに魅せられたことがきっかけとなって、今日までドキュメンタリー写真を撮り続けてきました。40年余りに及んだ取材地域は、ナイル川全流域からエチオピア、チベット、南アンデスまでカバーし、地球規模のスケールで「大地と祈り」を見つめ続けてきました。
 そして、1995年から2000年にかけて、サウジアラビアからの要請により、イスラーム教最大の聖地であるメッカとその巡礼を世界で初めて徹底取材してきました。これまでの取材成果は、写真集『サハラ』『ナイル』『チベット』『メッカ巡礼』として世界各国で出版され、とくに欧米では版を重ねてきました。2005年には、野町が30年以上にわたって撮り続けてきた”祈り”を集大成した『地球巡礼』(新潮社)が、9ヶ国語版で世界同時刊行されました。
 本展では、灼熱の砂漠や極限の高地など過酷な土地に赴き、そこで生きる人々、そして彼らの日常を支える祈りの現場をとらえてきた野町の世界取材の成果を約160点の作品によりご紹介します。

「パンチャコシ巡礼の出発」パラナシ インド/2005年

主催/ 秋田市立千秋美術館 AAB秋田朝日放送
社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)秋田地区
後援/ 秋田魁新報社 ABS秋田放送 AKT秋田テレビ
エフエム秋田 CNA秋田ケーブルテレビ
特別協賛/キヤノンマーケティングジャパン株式会社
企画/株式会社クレヴィス


野町和嘉  Nomachi Kazuyoshi www.nomachi.com
 <略歴>
1946年
1968年
1971年
1972年
高知県に生まれる
写真家・杵島隆氏に師事
フリーの写真家となる
土門拳賞(1984年)、芸術選賞文部大臣新人賞、日本写真協会年度賞(1990年)、講談社出版文賞(1997年)、大同生命地域文化研究特別賞(2002年)ほかを受賞。

◆ワークショップ 「野町さんと冬の秋田を撮る」
日時: 平成25年2月9日(土) 午前11時〜午後5時
講師: 野町和嘉氏(写真家)
申込: 平成25年1月22日(火) 9時30分より電話にて受付(先着30名)
会場: 当館3階講堂→エリアなかいち周辺→当館講堂
◆スペシャルギャラリートーク
日時: 平成25年2月10日(日) 午後2時〜3時
講師: 野町和嘉氏(写真家)
会場: 企画展示室(展覧会チケットが必要です)
◆ギャラリートーク
日時: 平成25年2月16日(土) 3月10日(日)午後2時〜
担当: 当館学芸員
会場: 企画展示室 (展覧会チケットが必要です)
◆講演会
日時: 平成25年3月2日(土) 午後2時〜3時30分
講師: 野町和嘉氏(写真家)
申込: 平成25年2月18日(月) 9時30分より電話にて受付(先着50名)
会場: 千秋美術館3階講堂 ※聴講無料