秋田市立佐竹史料館
The SATAKE Historical Material Museam
佐竹史料館 佐竹氏 企画展ご案内 ご利用案内 お問い合わせ
佐竹義宣の国替記 秋田藩の歴史年表 佐竹氏略系図

佐竹氏について
The SATAKE Historical Material Museam
佐竹氏について

佐竹氏略系図


(=は養子相続または婚姻関係を示す  ・・・は同一人物であることを示す)


秋田藩の歴史年表

藩主 和暦 西暦 秋田藩関係
慶長7年
1602
佐竹義宣(よしのぶ)秋田に転封。
8年
1603
久保田城の築城はじめる。領内最初の総検地(先竿)を実施。院内銀山開坑。
9年
1604
久保田城竣工。
12年
1607
久保田城下の町割りはじまる。
18年
1613
第二回総検地(中竿)を実施。米町に米の家督権を与える。
元和6年
1620
一国一城令により、十二所・角館・湯沢・檜山城を破却し、館構えとする。
寛永7年
1630
久保田・湊・大館・十二所・能代・横手に町代官を置く。

9年

1632
久保田城下大洪水により町内浸水。
10年
1633
義宣江戸で没(64歳)、養子義隆(よしたか)二代目藩主となる。久保田城焼失。
16年
1639
久保田城西南曲輪の先に鐘楼を置き、時鐘を鳴らす。
正保3年
1646
この年から三年間にわたって第三回総検地(後竿)を実施。
慶安3年
1650
久保田大火、2,000軒焼失する。
明暦元年
1655
はじめて土崎湊から東廻り廻船を江戸に出す。
寛文4年
1664
はじめて領地判物(20万5,800石)を与えられる。
12年
1672 久保田城西穴門脇に寄合評定所を新設する。義処(よしすみ)三代藩主となる。
延宝2年
1674 久保田大火。焼失町数31町、家数1,966軒。
元禄2年
1689 松尾芭蕉象潟に来遊。
5年
1692 秋田藩の人口、34万6,411人となる。
16年
1703
藩主義処江戸より帰途、横手城中で没(67歳)。義格(よしただ)四代藩主となる。
正徳5年
1715
藩主義格没(22歳)、義峯(よしみね)五代藩主となる。
享保15年
1730
久保田大火、1,110軒焼失。
元文2年
1737
川尻村に鋳銭所を設け、翌年より鋳銭をはじめる。
延享2年
1745
幕命により、秋田の鋳銭座停止される。
3年
1746
領内の人口、38万4,592人。
寛延2年
1749
藩主義峯没(60歳)、義真(よしまさ)六代藩主となる。
宝暦3年
1753
藩主義真没(22歳)、義明(よしはる)七代藩主となる。
4年
1754
銀札を発行。
5年
1755
銀札発行により、各地に騒ぎおこる。大凶作により米価高騰。
7年
1757
銀札事件(秋田騒動)おこる。
久保田町大火、1,288軒焼失。
8年
1758
藩主義明没(36歳)。義敦(よしあつ)八代藩主となる。 
安永7年
1778
安永七年閏七月十日、久保田城本丸全焼。
天明3年
1783
久保田城下外町大火1,956戸焼失する。
4年
1784
大飢饉。
5年
1785
藩主義敦、江戸邸で没(38歳)。義和(よしまさ)九代藩主となる。
寛政7年
1795
平田篤胤(ひらたあつたね)、20歳で江戸へ上る。藩校に医学館を併置。
享和2年
1802
伊能忠敬(いのうただたか)、秋田地方を測量する。
文化元年
1804
鳥海山地震、象潟隆起して陸地となる。
7年
1810
男鹿地震、寒風山噴火。
12年
1815
藩主義和没(41歳)、義厚(よしひろ)十代藩主となる。
天保4年
1833
土崎湊で米商人に米を要求する打ちこわしがおこる。
5年
1834
大凶作、疫病などにより、四月から十二月までに、死者5万2,464人。
弘化3年
1846
藩主義厚、江戸邸で没(35歳)。義睦(よしちか)十一代藩主となる。
嘉永2年
1849
久保田町大火内町2,500軒、外町2,000軒焼失する。
安政元年
1854
土崎湊に西洋流砲台を築き、海岸防備を強化。
4年
1857
藩主義睦没(19歳)。義堯(よしたか)十二代藩主となる。
文久3年
1863
江戸市中取締役の幕命を拒否して義堯帰国。
慶応2年
1866
秋田領内で台風の被害甚大、大凶作。
明治2年
1869
版籍奉還。藩主佐竹義堯知藩事に任命される。
4年
1871
久保田藩を秋田藩と改め、久保田町を秋田町に改める。由利・鹿角をあわせて秋田県となる。
5年
1872
本丸(千秋公園)において秋田県庁開庁式をあげる。


佐竹義宣の国替記 佐竹義宣の国替記本文へ
戻る



秋田市章
Copyright (C)2004 秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan)
All Rights Reserved.