国指定重要文化財旧黒澤家住宅

江戸時代の武家住宅が完全な形で今に残る貴重な文化遺産

今日、残っている江戸時代の武家住宅の多くは、幕末、明治期に建て替えられたり、その後の改築が激しかったり、附属建物が失われていたりする例が多く、旧黒澤家住宅のように完全な形で江戸時代の形を伝える武家住宅は全国的にも類例がありません。
旧黒澤家住宅は、昭和60年に黒澤家から秋田市へ寄付され、その後、昭和63年に一つ森公園内に移築されました。
この貴重な建物群は、平成元年5月19日、国指定重要文化財に指定されています。
























旧黒澤家住宅の概要
旧黒澤家住宅は、今から約三百年前に現在の秋田市中通三丁目にたてられた上級武家屋敷住宅です。
当時の中通地区は三廓(さんのくるわ)と呼ばれ、上級、一部中級の武家住宅を配置し、久保田城の正面の守りとされていました。
江戸時代において、藩士の住宅は藩の所有物で、藩士の身分、石高に応じてあてがわれていました。
そのため藩の都合や藩士の身分の変化により住居者の変更が行われました。
旧黒澤家住宅も芳賀家、赤田家、吉成家、平井家、黒澤家の順に変わっています。
黒澤家は文政12年(1,829年)から住居しました。
石高五百石、山奉行、寺社奉行の要職を務めた上級武士です。
黒澤家正面
  ※学芸員などによる旧黒澤家住宅の建物の案内を行っております。 お申し込みは一週間前まで佐竹史料館(832-7892)まで。
旧黒澤家住宅 秋田市楢山字石塚谷地297番地99 電話 018-831-0285
           観覧時間(年末年始は休館)午前9時30分から午後4時30分まで   

〒010-0876  秋田市千秋公園1番4号  佐竹史料館
TEL 018-832-7892 FAX 018-832-9524 E-mail:ro-edst@city.akita.akita.jp

市章
Copyright (C)2002-2005 Akita City, Japan. All Rights Reserved
webmaster@city.akita.akita.jp