リサイクルプラザ施設紹介


最終更新日 2016.9.15


展示ホール

ペットボトル

ペットボトルコーナー写真 ペットボトルの多くは繊維製品や卵ケースのようなシートに生まれ変わってます。キャップは家庭ごみですので注意しましょう。台所洗剤のボトルはペットリサイクル品ですが使用後は家庭ごみになってしまいます。なるべく中身を詰め替えて使うようにしましょう。

古紙

古紙コーナー写真 資源化物の中で古紙が最も多い割合を占めます。きちんと分類して出しましょう。綴じるときは紙ひもで。エコマーク、グリーンマーク付きの製品を使いましょう。

びん

リターナブルびんコーナー写真 ワンウェイびんコーナー写真 リターナブルびんやワンウェイびんなどがあります。リターナブルびんは壊れるまで何度も繰り返し使われます。ワンウェイびんは無色、茶色、その他の色に分別され、別の工場でもう1度同じ色のびんが作られます。その他の色はアスファルト舗装、建築材(断熱材)、人工大理石に利用されたりもします。

スチール缶コーナー写真 アルミ缶コーナー写真 スチール缶やアルミ缶などがあります。スチール缶はプレス品(90kg)を作り、別の工場で加工され、ビルの建築資材や橋梁等にリサイクルされます。アルミ缶もプレス品(40kg)を作り、別の工場で加工され、またアルミ缶や電気製品、自動車製品になります。

工場棟

工場棟現場写真 手作業で選別しています。中身が入ったままのびんやひどく汚れたびんはリサイクルできません。化粧品や薬品のびん、ガラス製品などはびんとしては出してはいけません。
3Rの精神でごみ減量を心がけましょう。Reduce(廃棄物の発生抑制)、Reuse(再使用)、Recycle(リサイクル)

お問い合わせ

秋田市環境部総合環境センター
郵便番号 019-2614
住所 秋田市河辺豊成字虚空蔵大台滝1番地1
TEL 018-839-4816
FAX 018-839-2236
e-Mail ro-evgs@city.akita.akita.jp

秋田市トップ環境部トップ総合環境センタートップリサイクルプラザトップ


市章
Copyright (C)1997-2017 秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan)
All Rights Reserved.
ro-evgs@city.akita.akita.jp