野鳥における高病原性鳥インフルエンザについて


最終更新 2017.06.01


野鳥における高病原性鳥インフルエンザ情報

現在の対応レベル

対応レベル1(通常時)(平成29年5月12日現在)

発生状況に応じた対応レベルの概要

発生状況/対象地 全国 発生地周辺(発生地から半径10km以内を基本)
通常時 対応レベル1 野鳥監視重点区域に指定(環境省)
国内発生時(単発時) 対応レベル2
国内複数箇所発生時 対応レベル3
近隣国発生時等 対応レベル2または3 必要に応じて野鳥監視重点区域を指定

対応レベルの実施内容(秋田市内)

対応レベル 鳥類生息状況等調査 ウイルス保有状況の調査
死亡野鳥等調査 糞便採取調査
リスク種1 リスク種2 リスク種3 その他の種
対応レベル1 情報収集
監視
3羽以上 3羽以上 10羽以上 10羽以上 10月から4月にかけて
定期的に糞便を採取
対応レベル2 監視強化 2羽以上 2羽以上 10羽以上 10羽以上
対応レベル3 監視強化 1羽以上 1羽以上 5羽以上 10羽以上
野鳥監視重点区域 監視強化
発生地対応
1羽以上 1羽以上 3羽以上 3羽以上

※ 死亡野鳥等調査は、同一場所(見渡せる範囲程度を目安とする)で3日間(複数羽の場合は大量死あるいは連続して死亡が確認された時点から3日間以内)の合計羽数が表の数以上の死亡個体等(衰弱個体を含む)が発見された場合を基本としてウイルス保有状況の調査を実施する。

死亡野鳥等調査の対象種について(環境省)

感染リスクの高いとされている野鳥リスト(1,398KB)(PDF文書)

野鳥との接し方について

鳥インフルエンザウイルスは、野鳥観察など通常の接し方では、ヒトに感染しないと考えられています。
正しい情報に基づいた、冷静な行動をお願いいたします。

死亡した野鳥など野生動物は、素手で触らないでください。また、同じ場所でたくさんの野鳥などが死亡していたら、お近くの都道府県や市町村役場にご連絡ください。
日常生活において野鳥など野生動物の排泄物等に触れた後には、手洗いとうがいをしていただければ、過度に心配する必要はありません。
野鳥の糞が靴の裏や車両に付くことにより、鳥インフルエンザウイルスが他の地域へ運ばれるおそれがありますので、野鳥に近づきすぎないようにしてください。
特に、靴で糞を踏まないよう十分注意して、必要に応じて消毒を行ってください。
不必要に野鳥を追い立てたり、つかまえようとするのは避けてください。

発生状況について

平成28年11月15日と17日に死亡したコクチョウについて、北海道大学で確定検査を実施したところ、検体から「高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)」が検出されました。
通常、鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥と濃厚な接触をしないかぎり、人に感染することはありませんが、念のために野鳥への餌付けを自粛してください。

(1)ハクチョウ類やカモ類などの渡り鳥へ餌付けすることを自粛してください。
  ・餌付けにより、ハクチョウ類等を寄せ集めることは、野鳥間において、鳥イ ンフルエンザなどの感染症を拡大させる恐れがあります。
  ・渡り鳥の糞(ふん)に含まれるウイルスが靴などに付着し、人が運び役となり他の地域に感染を広げる恐れがあります。
  ・食べ残しの餌(えさ)や糞(ふん)によって、水質が汚染される恐れがあります。

(2) 渡り鳥を観察する際は、野鳥に触れたり、糞を踏まないようにしてください。
  ・水辺等で水鳥の糞を踏むような場所に立ち寄った場合は、靴底を洗ってください。念のため手洗いやうがいをしてください。

※濃厚な接触とは・・・・鳥インフルエンザの発生が確認されている地域では以下の行為に気をつけましょう。
感染の危険のある行為 鳥に1〜2m以内で近づく 鳥の排泄物に触れる 感染した鳥に直接触れる
事例 川や沼などで、渡り鳥に餌付けする 餌付け場所が糞で汚れている 羽をむしる
生きたカモ類その他の野鳥と家禽を同じところで売買している海外の鳥市場へ行く 糞が乾燥してホコリになっている場所へ立ち入る 料理準備
オオハクチョウオナガガモ

.

死亡などした野鳥を見つけた場合の連絡先

傷ついたり衰弱したりした鳥を発見したとき

【開庁日】 秋田市環境部環境総務課 TEL 888-5705
【休日・夜間】 市役所守衛室 TEL 863-2222

上記の他、野鳥に関してご相談があるとき

秋田県自然保護課 TEL 860-1613

所有者がいる鳥(レース鳩など)を保護した場合

秋田市保健所衛生検査課 TEL 883-1182

人への感染が不安な場合

秋田市保健所健康管理課 TEL 883-1180

.

国等のホームページ

高病原性鳥インフルエンザに関する情報(環境省)(外部リンク)
鳥インフルエンザに関する情報(農林水産省)(外部リンク)
鳥インフルエンザについて知りたい方へ(農林水産省)(外部リンク)
鳥インフルエンザについて(厚生労働省)(外部リンク)


秋田市環境部環境総務課
地球温暖化対策担当兼環境企画担当
住所 010-8560 秋田市山王一丁目1番1号
TEL 018-888-5705
FAX 018-888-5703
E-Mail ro-evmn@city.akita.akita.jp

秋田市トップ環境部環境総務課 | 最終更新 


Copyright (C) 2008-2017 秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan)
All Rights Reserved.
webmaster@city.akita.akita.jp