ごみの分け方と出し方


最終更新 : 2017.7.4


家庭から出るごみの出し方

秋田市ではごみを

○家庭ごみ

○資源化物 《空きびん、空き缶、古紙類(4分別)、ペットボトル、使用済み乾電池、金属類、ガス・スプレー缶、使用済み小型家電》

○水銀含有ごみ(3分別)

○粗大ごみ

の4種類16分別で収集しています。

・家庭から出るごみの分別一覧表(50音順)はこちら → 「家庭から出るごみの分別一覧表」
・家庭のごみの分別・出し方等に関するパンフレットはこちら → 「ごみの分け方・出し方手引き」
ごみの集積所は町内会長さんか近所の人におたずねください。
ごみは下表の分類にしたがって、収集日の朝6時から8時までに出してください
収集日前や収集後は絶対に出さないでください。 (収集日程表はこちら

※事業所から出るごみは収集しません。 → 事業所から出るごみ(事業系一般廃棄物)についてはこちら

種類 ごみの内容 出し方 注意点 収集回数
家庭ごみ 生ごみ(水分をよく切る)
廃食用油(布や紙にしみこま
せる)
カップ、パック、袋類
ペットのトイレ砂、ペットシート
CD,レコード、フロッピーディス
ク、ビデオテープ
シャンプーや洗剤容器
プラスチック製品
ポリタンク(灯油用20Lまで)
芯が木製・プラスチック製のかさ
使い捨てライター
発泡スチロール
衣類
皮革製品
ゴム・ビニール製品
ペンキ・ボンドなどの空き缶
再生できない紙(写真、防水加
工紙、匂いのついた紙など)
コップ、割れたびん
ガラス製品、せともの類 など
家庭ごみ用有料指定ごみ袋
(黄色い袋)に入れて
剪定枝は、50cm以下に束ねて
出すこと
ができます(1回2束まで)。

草(雑草・刈草)・落葉は、資源化物用袋
に入れて出すことができます(1回2袋ま
で)。
※観賞用植物、家庭菜園から出た茎
は除く。


紙おむつを資源化物用指定袋(紙おむ
つのみ)で出す場合は、袋の外側の見
やすい所に「おむつ」と記入する。

割れたガラス、白熱球など危険なものは紙
に包んでなるべく袋の中央に入れる。

●独自にごみ収集許可業者と契約されて
いる集合住宅にお住まいの方は、有料の
指定袋をご使用いただく必要はありませ
ん。半透明、もしくは透明の袋に入れて
出してください。
週2回
収集日程表



金属類 炊飯器
トースター
アイロン
卓上コンロ
ドライヤー
やかん・なべ
電話機、ファクス、プリンター、
ワープロ
ポット、水筒
芯が金属製のかさ
調理器具
掃除機(本体のみ)
電気バリカン
アンテナ
体重計
エンジンオイル等の空き缶(食
品・塗料・有機溶剤以外)など、
金属の割合が50%以上のもの
資源化物用指定ごみ袋
緑色印字)に入れて
家電品の電池ははずす。

※たて15p×よこ30p×奥行30pの
投入口に入るものは「使用済み小型家電」
(資源化物)として回収ボックスに出すこと
ができます。できるだけ回収ボックスをご利
用ください。

一辺の長さが50cmを超えるものは「粗大
ごみ」へ。

◆とがったものや刃物などはボロ布や紙に
包んでからゴミ袋の真ん中に入れて出して
ください。
月1回
収集日程表
空きびん 酒類・ジュース類・食用油・飲み
薬・ジャムなどのガラス製のびん
果実酒などの広口びん
ワンカップ など
袋に入れずに直接回収箱へ キャップは「家庭ごみ」へ。

中を軽くすすぐ。

はがせるラベルははがして。

◆化粧品・塗り薬のびんなど飲んだり食べ
たりできないものが入っていたびんや、割
れたびんは「家庭ごみ」へ。
月2回
収集日程表
ガス・
スプレー缶
カセット式ガスボンベ、スプレー
缶など
袋に入れずに直接回収箱へ
(空きびんと同じ回収箱です)
完全に使い切ってから穴を開けずに緑色の
回収箱へ

空き缶 酒類・ジュース類・食用油・粉
ミルク・菓子類・缶詰などの缶
資源化物用指定ごみ袋
緑色印字)に入れて
軽く水洗い(洗い物の残りの水でも可)

◆ペットボトルとは別に指定ごみ袋「資源
化物用」に入れて出してください。

◆缶の中に異物(タバコの吸いがらなど)を
入れないでください。

◆未開封の缶詰など内容物が残っている
場合は、必ず中身を取り除いてください。

◆塗料・有機溶剤の空き缶は「家庭ごみ」に、
その他の飲料・食品缶以外の空き缶は「金
属類」に出してください。
ペットボトル 「ペット1」マークがついた飲料
用・しょうゆ等調味料用・
酒類用ペットボトル

このマークが
付いて
いるボトル
キャップは「家庭ごみ」へ。

軽く水洗い(洗い物の残りの水でも可)

◆取っ手がついている場合はつけたまま
出してください。

◆シャンプー、洗剤、食用油などの「プラ」
マークがついているボトルは「家庭ごみ」へ。

◆「ペット1」マークはついているが汚れの
多いペットボトルは「家庭ごみ」へ。
使用済み
乾電池
筒型乾電池 透明の小袋に入れてから、空き
缶の入った「資源化物用」袋へ
◆充電式・ボタン電池は回収協力店へ。
回収対象電池、協力店のお問合せは
充電式電池はこちら
ボタン電池はこちら
古紙(こし) 新聞、ちらし
ダンボール(開いて、大きいものは
たたんで)
紙パック(水洗いし、切り開いて
乾かして
から束ねて)
雑誌、雑がみ(雑誌、カタログ、
教科書、菓子箱、包装紙、はが
き、封筒、名刺、トイレットペー
パーの芯などを一緒に)
(1)新聞、ちらし
(2)ダンボール
(3)紙パック
(4)雑誌、雑がみ
紙ひもでそれぞれの種類ごとに
束ねてください
ガムテープ、ビニールひもなどでは束ねな
いでください。

◆写真、防水加工紙、内側がアルミ加工さ
れた紙パック、匂いの付いた紙などは「家庭
ごみ」へ。
使用済み小型家電 携帯電話
カメラ
ノートパソコン
ゲーム機 など
たて15cm×よこ30cm×奥
行き30cmの回収ボックス
投入口に入る小型家電
製品
市の各公共施設やスーパー等に
ある回収ボックスに入れてください
詳しくはこちら  
水銀含有ごみ 蛍光管(電球型蛍光管含む)
水銀体温計・温度計
水銀血圧計
透明な袋に入れて緑色の空き
びん回収箱の横に置いてください
詳しくはこちら 月2回
収集日程表
粗大ごみ 一辺の長さが50cmを超えるもの
(石油ストーブ、除湿機、鉄アレ
イ、物干し台座、ガソリン携行缶
などは50cm以下でも粗大ごみ)
戸別の有料収集

あらかじめ大きさを測り、
粗大ごみ専用受付
018-839-2002
にご連絡ください
詳しくはこちら 収集する日は
申し込みの際に
お知らせします
※ごみの分別徹底と収集作業事故防止のため、ごみ袋を指定しています。
  集積所にごみを出す際は、下表のとおり秋田市指定ごみ袋を使いわけてください。
    家庭ごみ 金属類 空き缶 ペットボトル
資源化物用指定ごみ袋
(透明の袋に緑色印字)
×
家庭ごみ用有料指定ごみ袋
(黄色い袋)
× × ×

一時多量ごみについて

引っ越し、庭木、芝、草の刈り込み、大掃除などで一時的に多量に出されるごみは所定の手続きのうえ、
ご自分で秋田市総合環境センター(TEL 018-839-4816 )に自己搬入するか、市の許可を受けた業者に依頼してください。

※きちんと分別した上で排出してください。総合環境センターの処理手数料はこちら

事業所から出るごみについて

事業所から出るごみ(事業系一般廃棄物)についてはこちら。


秋田市トップ環境部環境都市推進課


Copyright (C) 2002 秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan)

All Rights Reserved.
ro-evcp@city.akita.akita.jp