現場代理人の常駐義務の緩和に関する取扱いについて


最終更新 2013.04.01


  平成25年4月1日以降に入札の公告等を行う工事について、現場代理人の常駐義務を緩和します。

1 現場代理人の常駐義務緩和(兼務)について
  次の(1)又は(2)のいずれかに該当すること。
 (1) 近接工事で諸経費調整の対象となっている場合
 (2) 2件の工事が次の要件をすべて満たしていること。
   ア いずれも秋田市(市立秋田総合病院を除く。)又は秋田市上下水道局発注工事であること。
   イ 工事場所がいずれも秋田市内であること。
   ウ 2件の請負金額の合計が2,500万円未満(建築一式工事の場合は5,000万円未満)であること。
     ただし、「建築一式工事」と「他の工種の工事」を兼務することはできない。
   エ 特記仕様書等に兼務を認めない旨が示された工事でないこと。
   オ いずれかの工事が、「工事施行届」の提出前であること。 

2 変更契約にかかる取扱いについて
  すでに兼務配置している場合で、請負金額の合計が2,500万円以上(建築一式工事の場合は5,000万円以上)となった場合は、原則それぞれの工事に別々の現場代理人を常駐させなければなりません。
 
3 現場代理人兼務のための手順について
  同一の現場代理人をそれぞれの工事現場に配置しようとする場合には、受注者は発注者と協議し、別紙様式「現場代理人の兼務配置届」を発注者に提出するものとします。
  別紙「現場代理人の常駐義務緩和手続きフロー」を参照

4 常駐義務緩和の適用開始について
  平成25年4月1日以降に入札の公告等を行う工事の契約から適用します。


現場代理人の常駐義務の緩和に関する取扱い等についての詳細はこちらをご覧ください。
→現場代理人の常駐義務の緩和に関する取扱い等について (PDF 127kb
→現場代理人の常駐義務緩和手続きフロー (PDF 183kb

関係様式はこちらからダウンロードしてください。
→現場代理人の兼務配置届 (一太郎 41kb) (Word 48kb) (PDF 62kb


問い合わせ先 秋田市総務部契約課工事契約担当
住所 010-8560 秋田市山王一丁目1番1号
連絡先 tel 018-866-2165 fax 018-866-2229
E-mail ro-fncn@city.akita.akita.jp

|秋田市トップ契約課


(画像)市章
Copyright (C)2010 秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan)
All Rights Reserved.
ro-fncn@city.akita.akita.jp