平成29年度分市・県民税の申告を受け付けます

 市・県民税は、前年の所得に対し、今年の1月1日現在でお住まいの市区町村から課税される税金です。正しい税額を計算するために、みなさんの所得や控除などを申告していただく必要があります。期間内の申告をよろしくお願いします。

 なお、所得税の確定申告についてはこちら→国税庁(28年分確定申告特集)をご覧ください。
e-Taxへのリンク
↑e−Tax(国税電子申告・納税システム)についてはこちら。確定申告にお使いください。

1.申告受付期間

平成29年2月16日(木)〜平成29年3月15日(水)

2.申告会場と日程

お住まいの地域 日程(平成29年) 場所
中央地域 2月16日(木)〜3月15日(水)の平日 市役所新庁舎1階市民ホール

北部地域 2月16日(木) 北部公民館
2月17日(金)〜21日(火)の平日 北部市民サービスセンター
東部地域 2月22日(水)・23日(木) 東部市民サービスセンター
河辺地域 2月24日(金) 岩見三内地区コミュニティセンター
2月27日(月)〜3月1日(水) 河辺市民サービスセンター
雄和地域 3月2日(木)〜7日(火)の平日 雄和市民サービスセンター
南部地域 3月8日(水)〜10日(金) 南部市民サービスセンター
西部地域 3月13日(月)〜15日(水) 西部市民サービスセンター


○ 時間 午前9時30分〜午後3時
 ※ 市役所新庁舎のみ 午前9時〜午後3時
 ※ 正午〜午後1時は受付を休止します。
 ※ 申告会場は混み合いますので、郵送している申告書では、地域毎に日時と会場を設定しています。ご協力をお願いいたします。なお、居住している地域に関わらず、いずれの会場でも申告できます。

※申告会場は、市民サービスセンターの整備に伴い、会場を集約しています。
 中央地域については、今年度から会場が市役所新庁舎1階市民ホールに変更となりますので、ご注意ください。
 
※市役所の申告会場は、「旧庁舎解体工事」に伴い、駐車場の一部が使用できなくなっております。ご来庁の際はご不便をおかけしますが、できる限り公共交通機関をご利用いただけるよう、ご理解とご協力をお願いします。
 また、いずれの会場も駐車場の台数に限りがあります。乗り合わせや公共交通機関を利用するなど、ご協力をお願いします。


※所得税の還付を受けるなど所得税の確定申告は、以下の税務署の会場となります。

 ○会場 秋田県労働会館「フォーラムアキタ」3階(秋田市中通6-7-36)
   フォーラムアキタ地図
  ※会場には専用駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用ください。
  ※この期間中は、税務署には申告作成会場はありません。
 ○開設日時 平成29年2月16日(木)〜3月15日(水)の平日と、2月19日(日)・26日(日) 午前9時〜午後4時
 ○問い合わせ先 秋田南税務署 832-4121 秋田北税務署 845-1161
  ※音声案内にしたがい「0番」を選択してください。

3.申告が必要なかた

1 平成29年1月1日現在秋田市にお住まいで、次にあてはまるかた
 @ 平成28年中(1月から12月)に、営業、農業、不動産、未公開株式等の配当、総合譲渡・一時所得(保険金等)および雑所得(個人年金等)などの所得があったかた
 A 給与所得者で
  ア 勤務先から秋田市へ「給与支払報告書」の提出がされていないかた
  イ 2か所以上から給与があったかた、年末調整を受けていないかた
  ウ 給与以外の所得があったかた
 B 公的年金等受給者で
  ア 「公的年金等の源泉徴収票」に記載のない控除(医療費控除など)を受けようとするかた
  イ 公的年金以外の所得(保険金、個人年金等)があったかた
   ※所得税においては、給与所得および公的年金以外の所得の合計額が20万円以下であれば確定申告を要しないとされていますが、市民税・県民税においては、申告が必要となります。
 C 秋田市の国民健康保険、介護保険および後期高齢医療保険に加入されているかた
 D 平成28年中に収入がなかったが、所得や税に関する証明書が必要となるかた(市が実施する行政サービスを受けようとする際に必要となる場合があります。)
2 市外にお住まいで、平成29年1月1日現在、秋田市内に事業所・事務所・家屋敷があるかた

 この申告内容は、国民健康保険税、介護保険料および後期高齢者医療保険料等の算定基礎にもなります。
 ※国保年金課から送付される「国民健康保険税申告書」は、国民健康保険税のみを算定する申告書です。市民税・県民税申告書とは異なりますのでご注意ください。

4.申告に必要なもの

@印鑑と申告書
A給与や公的年金などの平成28年分の源泉徴収票または支払者の証明書
B本人確認できるもの(次のア、イ、ウのいずれか)
ア 個人番号(マイナンバーカード)
イ 個人番号通知カードと身元確認書類
ウ マイナンバーが記載された住民票の写しと身元確認書類
※身元確認書類=運転免許証/運転経歴証明書/旅券/身体障害者手帳/精神障害者保健福祉手帳/療育手帳/在留カード/特別永住者証明書/公的医療保険の被保険者証/年金手帳/児童扶養手当証書/特別児童扶養手当証書/公的年金源泉徴収票 など
C扶養親族がいるかたは、そのかたのマイナンバーがわかるものの控え(扶養親族のマイナンバーの記載が必要です)
D事業(農業を含む)や不動産による所得があったかた 収入と必要経費などが分かる帳簿類、領収書、収支内訳書(収支内訳書は完成させてきてください)
※農業所得者は、戸別所得補償の支払通知、拠出金や補償金などが記載された各種証明書も必要です。

★次のE〜Hは平成28年中に支払ったもの

E国民健康保険税・後期高齢者医療保険料・国民年金保険料・介護保険料・その他社会保険料の領収書または支払金額のわかるもの
F生命保険料・地震保険料控除を受けるかた 生命保険料・地震保険料(旧長期損害保険料)の控除証明書
G医療費控除を受けるかた 医療費の領収書、保険金などで補てんされた金額が分かるもの(合計額を計算してきてください)
H寄附金税額控除を受けるかた 寄附先が発行する領収書や寄附金受領証明書など
I障害者控除を受けるかた 障害者手帳または障害者控除対象者認定書

5.申告書の設置場所

 平成29年2月3日(金)に「平成29年度分市民税・県民税申告書」をお送りしました。
 申告が必要なかたで、申告書が届かないかたは、お手数でも市民税課までご連絡をお願いします。
 
 なお、申告書は下記にも設置しております。
・秋田市役所新庁舎2階市民税課
・北部市民サービスセンター
・西部市民サービスセンター
・東部市民サービスセンター
・河辺市民サービスセンター
・雄和市民サービスセンター
・南部市民サービスセンター
・駅東サービスセンター(秋田拠点センターアルヴェ)

6.郵送による申告

 申告会場が混み合って長時間お待たせする場合があります。申告の相談が必要ないかたは、申告書に必要事項を記入、押印し、必要書類を添付のうえ、平成29年3月15日(水)までに郵送してください。「郵送申告」は、申告会場の日程にかかわらず、いつでも申告できるので便利です。
 なお、申告書の写しが必要な方は、切手を貼った返信用の封筒を同封して送付してくださるようお願いします。

【郵送先】
〒010−8560
秋田市山王一丁目1番1号
秋田市企画財政部市民税課 個人市民税担当 宛

お問い合わせ先
市民税課 個人市民税担当 TEL.018-888-5476
FAX.018-888-5474

秋田市トップ市税のトップ 最終更新日 H29.2.1

Copyright (C) 2001-2017 秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan)
All Rights Reserved.
webmaster@city.akita.akita.jp