救急車・消防車の紹介

消防では、様々な車両を活用し、各種災害に備えています。
ここでは、消防で使用している各車両を紹介します。

高規格救急自動車

 病気の人や、ケガをしている人などを、車内で応急手当を施しながら病院まで搬送します。 救急救命士が同乗し、高度な救命処置を行うための資機材が積載されています。

指揮車

 災害発生時に、大隊長が乗車し出動する車両です。現場指揮本部を設置し、指揮命令と部隊管理を行います。

指令車

 各種災害に出動し、情報収集にあたります。内部には、無線機器、ファックスなどが搭載され、現場の状況を即座に本部へ報告することができます。

ポンプ車

 火災現場で最寄りの消火栓、防火水そう、河川などから水を給水、ホースカーを使用してホースを伸ばし、タンク車へ水を供給したり、放水したりします。

タンク車

 車両に2000リットルの水を積載しています。火災現場で積載水を使用し、より早く放水することができます。

化学車

 車両に2000リットルの水と500リットルの消火薬剤を積載しています。危険物(油)火災等で消火泡を放射します。
 通常の火災現場ではタンク車として使用します。

救助工作車(特別救助隊)

 各種救助災害に対応できるように作られた車両で、車両の前部に機械式ウインチ(最大5t)、後部に油圧クレーン(最大2.9t)を取り付け重量物の排除に使用します。車両内部には代表的な救助資機材として、大型油圧スプレッダー、カッター、マット型空気ジャッキ、エンジンカッター、チェーンソー等を積載しています。

救助工作車(高度救助隊)

 各種災害救助活動はもちろん、地震等の大規模災害時に対応できるように作られた車両で、四輪駆動シャーシに前後引きのウインチ(最大10t)、後部に油圧クレーン(最大2.9t)等、特殊な装置を装備しているほか、従来の救助資機材に加えて高度救助資機材を積載しています。

はしご付消防ポンプ自動車(はしご車)

 高層建築物の人命救助と消火に使用されます。はしご上面を昇降するリフターにより、隊員と資機材をはしご先端まで搬送したり、要救助者を地上に救出することができます。
 はしご先端に放水銃が取り付けられており、はしご車自体のポンプまたは他のポンプにより水を供給して、高所から放水できます。地上からの高さは42mまで伸びます。

屈折はしご付消防ポンプ自動車(屈折はしご車)

 はしご車と同じ目的で使用しますが、はしご自体が途中で折れ曲がる構造のため障害物をかわして伸ばすことができます。地上からの高さは25mまで伸びます。

大型化学車

 石油コンビナート火災に出動する車両で消火薬剤2000リットルを積載しています。泡混合液を高圧で高所放水車に送水します。「泡原液搬送車」「高所放水車」と共に出動します。

泡原液搬送車

 消火薬剤4000リットルを積載しています。「大型化学車」、「高所放水車」と共に石油コンビナート火災に出動し、大型化学車へ消火薬剤を供給します。

照明電源車

 夜間などの災害現場を照らしたり、電源を供給します。照明性能は主照明塔に2000wのメタルハライドランプが8個あり、地上7.5mまで上昇します。その他、補助照明塔に150w4基、移動投光器400w4基を搭載しています。発電容量は50KVAになります。

水難救助車

 海、河川、沼等での水難救助災害に出動します。ウエットスーツ(冬期間はドライスーツ)やボンベ等スクーバ潜水資機材一式、水に浮くロープ、ブイ等の水難捜索資機材を積載しています。

支援車

 大規模災害発生時に出動し、出動隊員の後方支援活動を行います。車両内部には食事、仮眠、トイレ等の生活に必要な設備が整っています。

資機材搬送車

 大規模災害発生時に出動し、エアーテント、簡易ベット、各種資機材等を搬送します。また、水難救助災害発生時には、水難ボート、船外機等、資機材を搬送します。

救急普及啓発車

 応急手当や心肺蘇生法を広く市民に指導普及するための車両です。心肺蘇生法の訓練用人形や、テレビ、ビデオなど訓練を円滑に行うための機材が積載されています。

原調車

 火災原因調査専門の職員が出動し、火災の原因調査をするための車両です。原因調査のために様々な機材が積載されています。

広報車

 災害が広範囲に及ぶ恐れのあるときなど、広報活動が必要な場合に出動します。

消防査察自転車(!?)

 消防職員が防火対象物等へ立入り検査等に出向するときに使用する自転車です。消防車と同じく、赤い車体です。

| 秋田市トップ | 消防本部 |


010-0951
秋田市山王1丁目1-1
秋田市消防本部 総務課
TEL 018(823)4000 FAX 018(823)9006
お問い合わせ ro-frmn@city.akita.akita.jp


市章
Copyright (C)2002秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan)
All Rights Reserved.