119番のかけ方

消火活動や救急・救助活動は、1分1秒を争う時間との勝負です。
指令課では通報を受けると、直ちに最寄りの署所から消防車や救急車などを出動させます。
もし慌ててしまい、場所等を正しく伝えられなければ、消防車や救急車の現場への到着が遅れ、被害が拡大し大惨事になったり、助かるはずの命が助からなくなる場合もあります。

消防車を呼ぶとき

 火災などで消防車を呼ぶときは、119番をダイヤルし、次のことをはっきり伝えましょう。

  1. 場所はどこか

    ◯◯町◯◯番地、アパート名や世帯主名など詳しく(*携帯電話からの通報は必ず市町村名を入れてください。)
    ※現場がわかりにくいときは、案内人を出してください。

  2. 場所の目安となる目標物

    ◯◯バス停から◯◯へ向かって約◯メートルなど

  3. 火災の状況を詳しく

    何がどれくらい燃えているのか、逃げ遅れた人がいないかなど

  4. 通報者の氏名と電話番号

救急車を呼ぶとき

 急病人や事故によるけがなどで救急車を呼ぶときは、119番をダイヤルし、次のことをはっきりと伝えましょう。

  1. 急病か事故か

  2. 住所と名前、所在地(事故現場)の場所を詳しく(※携帯電話からの通報は必ず市町村名を入れてください。)

    ※現場がわかりにくいときは、案内人を出してください。

  3. 病気、けがの様子

  4. 患者の年齢や性別

※救急車が到着するまでは安静にさせ、必要なときは人工呼吸や心臓マッサージ、止血などの応急手当をしてください。

FAXでも119番通報できます

 FAXから119番にダイヤルして緊急通報用紙を送信することができます。急病で意識、呼吸がない場合、消防本部ではFAXを利用して図解入りの応急処置の方法を返送しています。
 119番FAXの緊急通報用紙は、こちらからダウンロードしてもらうか、各消防署や各市民サービスセンターで差し上げています。

携帯電話やPHSからも局番なしの「119番」で通報できます

秋田市内で携帯電話やPHSから119番通報すると、直接秋田市消防本部につながります。
なお、市境で119番通報すると、携帯電話の電波を受信するアンテナの位置によって、隣接する消防本部につながることがあります。その際には、受信した消防本部が秋田市消防本部へ電話を転送します。

携帯電話からの119番通報は、消防車、救急車を呼ぶときの要領のほか、次のことに注意してください。

1 通報に使っている電話番号は、すぐに言えるようにして下さい。

2 通報後は、10分程度は携帯電話の電源を切らないで下さい。(場所や状況の確認のため、電話をすることがあります。)

3 運転者が通報するときは、安全な場所に停車して下さい。

4 電波状況が悪いときは、一般電話や公衆電話を使用して下さい。

お願い 119番で火災や救急の問い合わせをしないでください

 119番は緊急通報専用の番号です。火災や救急の問い合わせは、消防テレホンガイドをご利用ください。


| 秋田市トップ | 消防本部 |


010-0951
秋田市山王1丁目1-1
秋田市消防本部 総務課
TEL 018(823)4000 FAX 018(823)9006
お問い合わせ ro-frmn@city.akita.akita.jp


市章
Copyright (C)2002秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan)
All Rights Reserved.