消防の仕事

 消防の仕事は、市民の防火意識を高めることや会社などの事業所に対する火災予防指導等を行うなど「火災発生を予防」したり、火災が発生した場合の被害を「最小限に食い止める」ために119番の受付や消防隊による火災の消火、救助隊による人命救助、風・水害等の被害を未然に防止したり、救急隊による急病人やけが人を病院等へ搬送するなどの業務を行っています。
 ここでは、消防本部及び消防署の主な仕事を係別に紹介します。火災・救急だけでなく、いろいろな消防の仕事をご覧下さい。

消防本部

総務課

2つの担当からなり、各消防業務が円滑に進むよう次のような事務を行っています。


庶務担当


経理担当

・組織及び運営
・職員及び団員の任用分限及び懲戒
・表彰
・法制
・職員の服務及び勤務
・職員の福利厚生及び健康管理
・職員及び団員の公務災害補償
・消防職員委員会事務
・消防長会及び消防協会事務
・予算の経理
・職員及び団員の給与及び貸与品
・物品の購入
・備品及び消耗品の出納保管
・消防施設の工事契約

警防課

2つの担当からなり、消防車の出動計画や消防活動業務全般にわたる企画、立案、調整事務など、災害現場で活動する消防隊等を陰ながら支える縁の下の大きな力持ちとして、市民生活の安全確保に努めています。


警防担当


装備施設担当

・消防計画及び防災計画の樹立
・災害の警戒防ぎょ
・救助及び救難
・防火水槽及び消火栓などの消防水利の設置
・開発行為等の事前協議
・職員及び団員の訓練
・消防相互応援協定
・緊急消防援助隊及び国際消防救助隊
・消防統計
・消防機械器具の配置運用及び整備
・消防施設の建設
・行政財産の営繕管理
・安全運転管理
・交通事故等の処理

救急課


救急担当

・救急医療機関等との連絡調整
・救急装備品等の配置運用及び整備
・救急隊員の教養訓練
・応急手当の普及啓発
・民間の患者等搬送事業の指導及び認定
・救急統計

予防課

 3つの担当からなり、消防法に基づき正しい防火・防災対策が講じられるように、消防対象物の立入検査や行政指導、火災調査全般、危険物施設等の保安対策の推進に努めています。


予防担当


危険物担当

・建築同意
・火災予防条例による届出
・消防用設備の検査
・予防広報
・消防対象物の立入検査
・違反対象物の指導及び勧告
・特定防火対象物の意見書
・高圧ガス、火薬類、核燃料物質、放射性同位元素、
・劇毒物等の火災予防措置
・防火・防災管理者の育成及び指導
・予防統計
・危険物施設等の許可、承認、立入検査
・危険物取扱者等の指導
・予防規程の認可
・自衛消防組織の指導
・液化石油ガス販売事業等の意見書
・危険物火災の原因調査
・危険物の試験及び研究


調査担当

・火災の原因及び損害の調査
・火災の原因調査資料の試験、研究及び鑑定
・火災調査技術の指導
・火災予防対策資料の作成及び整備
・火災統計

指令課

 2つの担当からなり、市民からの災害通報を受信し、消防車や救急車を災害現場へ出動させ、地図情報や高所カメラを利用し、災害現場で活動する消防隊をサポートするなど、あらゆる災害に24時間対応できる体制をとっています。(指令課の紹介ページへ)


指令第一担当・指令第二担当

・災害通報の受信及び出動指令
・消防通信の運用及び統制
・消防、防災及び気象の通信連絡
・消防通信施設の設置、整備及び維持管理

消防署

警防担当

・公印管守
・文書の収発及び保存
・署員の服務及び勤務
・署員の福利厚生及び健康管理
・表彰
・署員の給与及び貸与品
・備品及び消耗品の出納保管

・特別警戒
・警防計画の樹立
・警防調査
・救助及び救難
・署員の教養訓練
・警戒区域の設定
・消防隊の編成
・自衛消防隊の指導
・消防水利の保守

・消防統計・消防機械器具の整備
・燃料の出納
・機関員の教養訓練
・安全運転管理
・交通事故等の処理
・庁舎の維持管理
・通信機器の保守管理

救急担当

・救急業務
・救急指導
・救急隊員の健康管理
・救急統計

予防担当

・予防広報
・立入検査
・危険物関係
・催物開催届出
・防火管理者の指導
・予防統計
・火災の原因及び損害調査
・火災原因調査資料等の試験、研究及び鑑定
・火災統計

警防の仕事

 火災等が発生した場合、真っ先に現場に駆け付け、活躍するのが警防隊員です。警防隊員を大きく分けると、火事を消す「消防隊員」、逃げ遅れた人や事故にあった人を助ける「救助隊員」、けがをした人や急病にかかった人を病院に運ぶ「救急隊員」の3つに分けられます。

予防の仕事

 警防の仕事は、火災や事故が発生したときから始まります。これにくらべて予防の仕事は、火災や事故が発生しないようにすることがその目的です。人が多く集まる所や危険物を置いている場所の検査、一般家庭からビルまで、小さいものから大きいものまで、全ての場所から火災や事故につながることを見つけ出し指導することです。

消防隊

 消火活動を主な任務とし、火災現場にいち早く到着して消火活動等ができるように、管轄する地域の地理や消防水利(消火栓、防火水槽等)の状況及び位置等を精通するための警防調査や火災防ぎょ訓練等を行い、各種災害に備えています。

救助隊

 人命を救助するために必要な救助資機材を装備した救助工作車に乗車し、火災等で建物内から逃げ遅れた人、交通事故で車の中に閉じこめられた人、海や川等で溺れている人を救助することを任務としています。
 当市では、秋田消防署、土崎消防署、秋田南消防署に救助工作車を配備し、あらゆる救助事象に対応しています。

救急隊

 急病人や交通事故及び災害によるけが人などを応急処置を施しながら病院等に搬送します。
 当市では、8隊の救急車で、心臓や呼吸が停止した重度傷病者を救命するため、救急救命士が医師と連絡を取りながら救命処置を行います。


| 秋田市トップ | 消防本部 |


010-0951
秋田市山王1丁目1-1
秋田市消防本部 総務課
TEL 018(823)4000 FAX 018(823)9006
お問い合わせ ro-frmn@city.akita.akita.jp


市章
Copyright (C)2002秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan)
All Rights Reserved.