洪水ハザードマップ

 秋田市トップ >> 防災コーナー >> 洪水ハザードマップ

INDEX
■ 洪水ハザードマップトップ
■ マップに表示した内容
■ 避難時のポイント
■ 情報伝達経路
■ 緊急時の連絡先
■ 避難施設一覧
■ マップのダウンロード

避難時のポイント

 洪水が発生した場合、わずかな時間で水位が上昇し、広範囲にわたって浸水する可能性があります。
 そのようなときに避難が遅れることがないよう、ポイントをまとめました。

1 非常用持ち出し品を準備

 避難したときに必要となる衣類や医薬品などの非常持出品リストを作成し、準備しておきましょう。
 家族構成を考えて工夫したものにしてください。

2 避難経路をチェック

 避難施設までの経路を確認し、危険箇所等を事前にチェックしておきましょう。
 河川付近の道路や橋は危険ですので避けてください。
 また、家族が離ればなれになったときの集合場所などについて普段から話し合うよう家庭防災会議
定期的に開きましょう。

3 正確な河川・気象情報を確認

 河川水位や気象情報に注意し、浸水が始まる前にできるだけ早く避難しましょう。
 正確な情報を確認するように努め、状況に応じた避難を心がけましょう。

リンク

 ■秋田地方気象台
  (秋田地方気象台による気象情報))
 ■秋田県防災ポータルサイト
  (秋田県による防災情報のポータルサイト。津波・地震・気象情報を確認できます。)
 ■秋田県河川砂防情報システム
  (秋田県河川砂防課による水防情報。旭川や太平川などの県管理河川の水位が確認できます。)
 ■リアルタイム川の防災情報
  (国土交通省による水防情報。雄物川の水位が確認できます。)
 ■秋田の川水位・雨量情報
  (国土交通省による川の映像や水位・雨量情報。雄物川の水位や映像が確認できます。)

4 安全に避難するために

 浸水している状態で避難しなければならないときは、1人では危険ですので複数人で避難しましょう。
 また、長いつえなどを使って足下に注意しながら移動しましょう。
 移動の際、長靴は動きにくく危ないので、運動靴など動きやすいものにしてください。

5 支援が必要な方の避難に協力

 高齢者や障害のある方など、支援を必要とする方については、避難する際に声を掛け合うようにし、
家族や地域の方々で協力して避難しましょう。

6 避難が遅れてしまったときは

 避難が遅れ避難施設までの移動が困難な場合は、周囲のできるだけ高く安全な場所に移動し、
落ち着いて救助を待ちましょう。
 水の流れがある場合や腰まで水位がある状態での避難は非常に危険です。

お問い合わせ

秋田市総務部防災安全対策課
住所 〒010−8560
秋田市山王一丁目1番1号
TEL 018−888−5434
FAX 018−888−5435
E-mail
ro-gnds@city.akita.akita.jp

秋田市トップ防災コーナー災害ハザードマップ


Copyright © 2006, 2007Akita City, Akita, Japan. All Rights Reserved.
webmaster@city.akita.akita.jp