自主防災組織育成事業

秋田市トップ >> 防災コーナー >> 自主防災組織 >> 自主防災組織育成事業

防災資機材

 自主防災活動を促進することを目的として、自主防災組織に対して防災資機材を助成しております。
  資機材交付

助成基準

 組織の世帯数に応じてポイントを与え、そのポイント内で希望する防災資機材を選んでいただき助成します。ただし、ポイントを使い切った時点で助成は終了いたします。 
町内会の世帯数 助成基準点
50世帯未満 420点
50世帯以上150世帯未満 630点
150世帯以上300世帯未満 840点
300世帯以上 1,050点

助成品目

助成品目
防水シート 毛布(10枚パック)
中型消火器(10型) 救急医療セット(50人用)
多機能LEDランタン ワンタッチリヤカー
大型消火器(20型) テント
担架(折り畳み式) 防水ライト
携帯用拡声器 簡易消火スプレー
救助工具(レスキューキットリュック型) バケツ
救急医療セット(20人用) 腕章

   資機材カタログ

防災資機材助成要綱

 平成29年度より要綱を改正しました。継続的に防災訓練等の活動をしている組織に対してリヤカー、発電機および小型テント(1.5間×2間)のいずれか1品を助成します。詳しくは以下の要綱をご覧ください。

こちらをご覧ください
防災資機材助成要綱
防災資機材助成要綱

防災訓練

自主防災訓練

 各組織で実施する防災訓練には、訓練用消火器、煙体験ハウスやバケツなどを無料で貸し出ししております。
 また、消火訓練の指導や救命救急講座の講師として、各消防署の協力を得て消防職員の派遣もしておりますので、最寄りの消防署へご相談ください。    
消防署の連絡先
秋田消防署 823−4100
土崎消防署 845−0285
城東消防署 832−3404
秋田南消防署 839−9551

秋田市総合防災訓練

 毎年9月1日「防災の日」に合わせて、秋田市総合防災訓練を開催しております。各防災関係機関の訓練の視察や初期消火訓練などへの参加ができます。 
【平成28年度訓練風景】(クリックで拡大表示)
       

リーダー研修会

 秋田市は、災害対応力の強化と防災活動の核となる人材を養成する「自主防災組織リーダー研修会」を開催しております。自主防災組織の対象者、これから自主防災組織を結成しようと考えている方、自主防災活動に興味をお持ちの方など、どなたでも参加できます。都合のよい日時・会場を選んで受講してください。申込については、「広報あきた」でもお知らせします。定員を超えた場合は、調整させていただきます。

28年度の研修会

28年度は、以下の内容で研修会を実施しました。
【日時と主な内容】
1回目 平成28年8月27日(土) 会場:北部市民サービスセンター
 ・防災講演「役立つ技術と知識」(日本赤十字社 秋田県支部 稲岡一枝氏)
 ・防災講演「災害時における応急給水について」(秋田市上下水道局 水道建設課職員)
2回目 平成28年11月21日(月) 会場:雄和市民サービスセンター
 ・防災講演「秋田市の自主防災組織に期待するもの」(秋田大学地域創生センター地域防災アドバイザー 野越 三雄氏)
 ・災害クロスロード(県総合防災課)
3回目 平成29年1月22日(日) 会場:中央市民サービスセンター
 ・防災講演「災害時における応急給水について」(秋田市上下水道局 水道建設課職員)
 ・防災講演「自然災害への備えについて」(秋田県自主防災アドバイザー 田口 秀男氏)
4回目 平成29年2月25日(土) 会場:西部市民サービスセンター
 ・防災講演「災害時における応急給水について」(秋田市上下水道局 水道建設課職員)
 ・防災講演 「東日本大震災語り部講演会」(元 蒲生町内会 会長 災害伝承語り部 鈴木 忠支氏)
      
 
【研修風景】(クリックで拡大表示)

>>過去の研修会

次世代育成

 市職員が講師となって出向く「児童防災学習」を通じ、子どもたちの防災力の向上を図っています。
【研修風景】(クリックで拡大表示)

《秋田市自主防災組織連絡協議会の標章》

秋田市自主防災組織連絡協議会の標章(クリックで拡大表示)

お問い合わせ

秋田市総務部防災安全対策課
住所 〒010−8560
秋田市山王一丁目1番1号
TEL 018−888−5434
FAX 018−888−5435
E-mail
ro-gnds@city.akita.akita.jp

秋田市トップ防災コーナー自主防災組織トップ


Copyright © 2004-2007Akita City, Akita, Japan. All Rights Reserved.
webmaster@city.akita.akita.jp