火災を発見したら

 秋田市トップ >> 防災コーナー >> 火災を発見したら


最終更新日:平成27年3月13日


火事だ!あわてず的確な行動を

早く知らせる

イラストイラスト
  • 火事を見つけたらまず周囲の人に知らせる。大声が出なければ、手近にある鍋ややかんなどをたたき異変を知らせる。
  • 小さな火でも119番に通報する。当事者は一刻も早い消火活動を行い、通報は近くの人に頼む。

早く消火する

イラスト
  • 出火から3分以内が、消火できる限度です(火が天井に燃え広がったら手がつけられない)。
  • 水や消火器だけで消そうと思わず、座布団や毛布など、手近のものを活用するなどの機転をきかせ、一刻も早い消火活動を。

早く逃げる

イラスト
  • 火が天井に燃え広がったら、いさぎよく消火をあきらめ、避難する。
  • 避難するときは延焼を防ぐため、燃えている部屋の窓やドアを閉める(空気を絶つ)。

秋田市で起きた主な火災

西暦 年号 概要 備考
1957年 昭和32年
〔発生日時〕 8月12日
〔発生場所〕 秋田県庁庁舎
〔被害内容〕 庁舎全焼
〔被害額〕 1億6,710万円
 
1970年 昭和45年
〔発生日時〕 3月5日
〔発生場所〕 秋田駅前 協同組合
〔被害内容〕 ・全焼
・傷者 3名
〔被害額〕 1億4,926万円
 
1985年 昭和60年
〔発生日時〕 8月20日
〔発生場所〕 秋田市旭南三丁目  木材会社
〔被害内容〕 ・住家6棟、非住家9棟が被災  1,824m2焼失
・9世帯20人がり災
〔被害額〕 1億561万円余
放火による
1994年 平成6年
〔発生日時〕 12月18日から19日にかけて
〔発生場所〕 秋田市川元小川町 製粉会社
〔被害内容〕 ・作業場兼倉庫 1,078m2全焼 
〔被害額〕 2億3,725万円
 

※消防年報(市消防本部作成)の「秋田市災害年表」の中から、被害額の掲載がされていて、かつその額が1億円以上のものを抜粋

暖房用油(灯油・重油等)の管理にご注意ください

  冬期間は暖房用燃料、とくに灯油・重油等の扱う機会が多くなる季節です。
 火災の危険や環境の汚染につながりかねない事故を起こさないよう、注意してください。

 ・注油や移し替えの際には、その場を離れない。

 ・屋根からの落雪、除排雪作業によって油配管が破損しないよう注意しましょう。

 ・タンク等に入っている油の残量に気をつけて、減り具合の異常がないか確認しましょう

 ・油漏れが発生した場合には、拡散しないように処置した上で、速やかに

  最寄りの消防署、警察、市環境部、市防災安全対策課 等  にご連絡ください。

お問い合わせ

秋田市総務部防災安全対策課
住所 〒010−8560
秋田市山王一丁目1番1号
TEL 018−888−5434
FAX 018−888−5435
E-mail
ro-gnds@city.akita.akita.jp

 

 


秋田市トップ防災コーナー


Copyright © 2000 -2007Akita City, Akita, Japan. All Rights Reserved.
ro-gnds@city.akita.akita.jp