風水害に備えよう

 秋田市トップ >> 防災コーナー >> 風水害に備えよう


最終更新日:平成29年10月19日


台風と豪雨

 台風や豪雨などはその襲来時期や規模、被害の程度などの予想が可能です。そのため、事前の対策次第で被害を最小限にすることができます。台風や大雨が近づいたら、気象情報には十分に注意し、適切な対応をとるようにしましょう。

◎ 台風情報(気象庁へリンク)
◎ 県内の雨量情報(秋田県へリンク)
◎ 県管理河川の水位情報(秋田県へリンク)
◎ 雄物川の水位情報(国土交通省へリンク)

台風の大きさと強さ

 台風の「大きさ」は「強風域(風速15m/s以上の強い風が吹いているか、地形の影響などがない場合に吹く可能性のある範囲)」の半径で、強さは「最大風速」で表されています。台風の強さ、大きさともに階級分けがされており、規模の目安と なりますので覚えておきましょう。また、進路方向の左側より右側の方が強風になりやすいため被害が大きくなることが予想されます。
 気象庁による階級分けは下表のとおりです。

■台風の大きさと階級分け
階級 風速15m/s以上の半径
大型(大きい) 500km以上800km未満
超大型(非常に大きい) 800km以上

■台風の強さと階級分け 
階級 最大風速
強い 33m/s以上44m/s未満
非常に強い 44m/s以上54m/s未満
猛烈な 54m/s以上

● 台風について(気象庁へリンク)

集中豪雨に要注意!

 集中豪雨は、短時間のうちに狭い地域に集中して降る豪雨のことで、梅雨の終わり頃によく起こります。狭い地域に限られ突発的に降るため、その予測は 比較的困難です。中小河川の氾濫や土砂崩れ、崖崩れなどによる大きな被害が予想されます。崖付近や造成地、扇状地などは気象情報に十分注意し万全の対策を とるようにしましょう。

道路冠水の画像1
拡大表示
道路冠水の画像2
拡大表示

 特別警戒水位

 平成17年7月の水防法改正により、秋田県では「特別警戒水位」を設定しました。これは、河川の洪水時の避難等の目安となるように設定されたものです。(平成19年4月より『避難判断水位』に用語改正)

 ハザードマップ

 秋田市では、「災害ハザードマップ(洪水避難地図)」を作成しています。これは、雄物川、旭川、太平川、草生津川が大雨によって増水し、堤防が破堤した場合の洪水はん濫予測(国、県が実施)に基づいて、浸水の範囲とその深さならびに避難施設などを示し、市民のみなさんの避難に役立つように作成したものです。

洪水等に関する防災情報体系

 平成19年4月から洪水等に関する防災用語や防災情報提供の内容が変わりました。詳しくは、国土交通省河川局のホームページをご覧ください。

要配慮者利用施設の所有者・管理者のみなさまへ

 「水防法の一部を改正する法律(平成29年法律第31号)の施行により、要配慮者利用施設の避難体制の強化を図るため、要配慮者利用施設の所有者又は管理者に対し、水害および土砂災害に関する避難確保計画の作成および避難訓練の実施が義務付けられました。
 各施設において早期に避難確保計画が策定できるよう、国土交通省が参考となる情報を公開していますので、下記リンク先をご覧ください。

■ 水防法等の一部を改正する法律(平成29年)よくある質問Q&A(国土交通省へリンク)

 要配慮者利用施設の浸水対策(国土交通省へリンク)

わが家の台風・豪雨対策

窓ガラス

イラスト
  • ひび割れ、窓枠のがたつきはないか
  • 強風による飛来物などに備えて、外側から板でふさぐなどの処置を

外壁

イラスト
  • モルタルの壁にきれつはないか
  • 板塀に腐りや浮きはないか

雨どい・雨戸

イラスト
  • 雨どいに落ち葉や土砂がつまっていないか
  • 継ぎ目のはずれや塗料のはがれ、腐りはないか
  • 雨戸にガタツキやゆるみはないか

屋根

イラスト
  • かわらのひび、割れ、はがれはないか
  • トタンのめくれやはがれはないか

ブロック塀・板塀

イラスト
  • ブロック塀にひび割れや破損か所はないか
  • 板塀にぐらつきや腐りはないか

ベランダ・その他

イラスト
  • 鉢植や物干しざおなど飛散の危険が高いものは室内へ
  • プロパンガスボンベは固定されているか
  • 商店などでは看板のぐらつきにも注意
  • 庭の鉢植えに注意。室内に入れておこう
  • テレビアンテナの設置状態をチェック
  • 家の周りを一周し、飛ばされそうなものはすべて室内に取り込むか、固定するなどの飛散防止を

秋田市が被った主な風害

西暦 年号 概要 備考
1954年 昭和29年
〔災害名〕 洞爺丸台風(台風15号)
〔発生日時〕 9月26日早朝〜21時
〔最大瞬間風速〕 42.7m(17時)
30.7m(16時57分)
〔被害内容〕 ・死者 1名
・重傷 3名
・軽傷 2名
・住家全壊 8棟
・住家半壊 11棟
・非住家全壊 31棟
・非住家半壊 55棟
・青函連絡船5隻遭難
1959年 昭和34年
〔災害名〕 伊勢湾台風
〔発生日時〕 9月27日
〔被害内容〕 ・秋田市内全市停電
・列車、貨車運休 20本
 
1991年 平成3年
〔災害名〕 台風19号
〔発生日時〕 9月27日夜半〜28日
〔最大瞬間風速〕 51.4m
(28日5時59分)
〔被害内容〕 ・死者 1名
・重傷 4名
・軽傷 5名
・住家全壊 1棟
・住家半壊 3棟
・住家一部破損  1,309棟
・非住家全壊 40棟
・非住家半壊 21棟
・非住家一部破損  1,351棟
〔被害額〕 ・農業関係 約5億円
・被害総額 約22億円
・27日夜半から28日早朝にかけてフェーン現象。
秋田市の気温 31.5℃
2004年 平成16年
〔災害名〕 台風15号
〔発生日時〕 8月19日夜半〜20日
〔最大瞬間風速〕 41.1m
(20日3時39分)
〔被害内容〕 ・軽傷 5名
・住家一部破損  89棟
・非住家半壊以上 10棟
・市内全戸のうちの半数近くが停電
・塩害により農業へ多大な被害を及ぼした
2004年 平成16年
〔災害名〕 台風16号
〔発生日時〕 8月30日夜半〜31日
〔最大瞬間風速〕 37.2m
(31日10時20分)
〔被害内容〕 ・軽傷 1名
・住家一部破損  16棟
・市内で約26,900戸が停電
 
2012年 平成24年
〔災害名〕 急速に発達した低気圧による暴風等
〔発生日時〕 4月3日〜4日
〔最大瞬間風速〕 40.8m
(4日4時53分)
〔被害内容〕 ・重傷 2名
・軽傷 3名
・住家一部破損  402棟
・非住家半壊以上 32棟
・市内で約35,500戸が停電
 

※気象庁が命名した台風又は最大瞬間風速35m以上を記録したものを掲載

秋田市で起きた主な水害

西暦 年号 概要 備考
1955年 昭和30年
〔災害名〕 洪水
〔発生日時〕 6月25日〜26日
〔総雨量〕 300mm超
〔被害内容〕 ・住家全壊 1棟
・床上浸水 1,139棟
・床下浸水 1,355棟
ほか農作物、公共施設に大きな被害
・豪雨により旭川、太平川が増水
・災害救助法適用
1956年 昭和31年
〔災害名〕 洪水
〔発生日時〕 8月5日〜8日
〔総雨量〕 186mm
〔被害内容〕 ・死傷者 4名
・床上浸水 183棟
・床下浸水 592棟
ほか田畑に被害
 
1959年 昭和34年
〔災害名〕 大雨
〔発生日時〕 7月10日
〔総雨量〕 186mm
〔被害内容〕 ・堤防決壊、橋の流出 29ヶ所
・家屋半壊 1棟
・床上浸水 116棟
・床下浸水 322棟
ほか農地にも多数の被害
 
1964年 昭和39年
〔災害名〕 集中豪雨
〔発生日時〕 8月12日午後から13日
〔総雨量〕 72.4mm
〔被害内容〕 ・住家全壊 13棟
・住家半壊 14棟
・床上浸水 456棟
・床下浸水 2,998棟
・非住家 19棟 など
11億8,436万円(農林業、土木関係など)
・災害救助法適用
1966年 昭和41年
〔災害名〕 大雨
〔発生日時〕 7月15日早朝から18日
〔16日正午まで
の雨量〕
・太平山 181mm
・秋田市中央部 115mm
〔被害内容〕 ・床上浸水 184棟(秋田市手形からみでん、泉地区)
・床下浸水 371棟(秋田市手形からみでん、泉地区) など
・旭川、岩見川等県中央部の中小河川氾濫
1969年 昭和44年
〔災害名〕 集中豪雨
〔発生日時〕 7月28日から8月5日
〔被害内容〕 ・床上浸水 15棟
・床下浸水 408棟
・田畑冠水 241ha など
 
1969年 昭和44年
〔災害名〕 台風9号(大雨)
〔発生日時〕 8月23日から27日
〔被害内容〕 ・床上浸水 2棟
・床下浸水 329棟 など
 
1969年 昭和44年
〔災害名〕 大雨
〔発生日時〕 9月6日
〔被害内容〕 ・家屋半壊 1棟
・床上浸水 9棟
・床下浸水 456棟 など
 
1970年 昭和45年
〔災害名〕 暴風雨
〔発生日時〕 1月30日〜2月1日午前9時
〔最大瞬間風速〕 33.8m(降雨量は44mm)
〔被害内容〕 ・家屋一部破損 6棟
・床上浸水 6棟
・床下浸水 55棟 など
 
1979年 昭和54年
〔災害名〕 大雨
〔発生日時〕 6月18日から19日
〔18日の雨量〕 88.0mm
〔被害内容〕 ・住家全壊 1棟
・床下浸水 58棟 など
〔被害額〕 7億3,040万円(農業、土木関係など)
 
1979年 昭和54年
〔災害名〕 大雨
〔発生日時〕 7月23日〜
〔8日の雨量〕 ・太平山 141mm
・秋田市 120mm以上
〔被害内容〕 ・床上浸水 55棟
・床下浸水 672棟 など
〔被害額〕 3億7,267万円(農林業、土木関係など)
・太平川が増水し警戒水位を超えた
1985年 昭和60年
〔災害名〕 大雨
〔発生日時〕 9月10日夜半から明け方
〔総雨量〕 秋田市 117mm
〔被害内容〕 ・床上浸水 139棟
・床下浸水 289棟 など
・大雨洪水警報が発令
1987年 昭和62年
〔災害名〕 大雨
〔発生日時〕 8月16日夜半から17日明け方
〔総雨量〕 ・市街地 128mm
 (8月17日 4:00〜 5:00 52mm)
・仁 別 166mm
 (8月16日 21:00〜22:00 48mm)
〔被害内容〕 ・床上浸水 186棟
・床下浸水 402棟 など
〔被害額〕 18億5,944万円(農林業、土木関係など)
・大雨洪水警報が発令
・17日12時秋田市集中豪雨災害対策本部設置
1998年 平成10年
〔災害名〕 大雨
〔発生日時〕 6月26日夜半から明け方
〔総雨量〕 秋田市 188mm
〔被害内容〕 ・床上浸水 4棟
・床下浸水 72棟 など
〔被害額〕 2億5,441万円(農林業、土木関係など)
・大雨洪水警報が発令
2001年 平成13年
〔災害名〕 大雨
〔発生日時〕 7月31日未明から昼頃
〔総雨量〕 ・市街地  38mm(7月31日 4:00〜 5:00 12mm)
・仁 別 131mm(7月31日 9:00〜10:00 48mm)
〔被害内容〕 ・床上浸水 5棟
・床下浸水 19棟 など
〔被害額〕 2億3,676万円(農林業、土木関係など)
・大雨洪水警報が発令
・太平八田地区4世帯に避難勧告
2002年 平成14年
〔災害名〕 大雨
〔発生日時〕 8月11日未明から12日
〔12日の雨量〕 ・仁 別 155mm
〔被害内容〕 ・床上浸水 62棟
・床下浸水 397棟 など
〔被害額〕 3億894万円(農林業、土木関係など)
・大雨洪水警報が発令
・12日午後7時30分秋田市災害警戒対策部設置
・広面地区、楢山地区約120世帯に避難勧告
2006年 平成18年
〔災害名〕 大雨
〔発生日時〕 7月3日
〔総雨量〕 ・仁 別 261mm
・岩見三内152mm
・山王106mm
・雄和92mm
〔被害内容〕 ・床上浸水 1棟
・床下浸水 38棟 など
〔被害額〕 7,289万円(農業関係)
・大雨洪水警報が発令
・新城川が増水
2007年 平成19年
〔災害名〕 大雨
〔発生日時〕 9月17日から18日
〔総雨量〕 ・仁 別 256mm
・大正寺 231mm
・岩見三内 223mm
・雄 和 203mm
・山 王 187mm
〔被害内容〕 ・床上浸水 21棟
・床下浸水 132棟 など
〔被害額〕 2億1,513万円(農業関係など)
・大雨洪水警報が発令
・17日午後4時10分秋田市災害警戒対策部設置
・下新城地区、雄和女米木地区約310世帯に避難勧告
2009年 平成21年
〔災害名〕 大雨
〔発生日時〕 7月18日から19日
〔総雨量〕 ・仁別 183mm
・大正寺 116mm
・岩見三内 126mm
・雄 和 109mm
・山 王 91mm
〔被害内容〕 ・床上浸水 4棟
・床下浸水 32棟 など
〔被害額〕 9,238万円(農業関係など)
・大雨・洪水・暴風警報が発令
・18日午後8時55分秋田市災害警戒対策部設置
・下新城地区165世帯、金足片田地区62世帯に避難勧告
2009年 平成21年
〔災害名〕 大雨
〔発生日時〕 11月5日
〔被害内容〕 ・床上浸水 1棟
・床下浸水 3棟 など
〔被害額〕 2,300万円(農業関係など)
・土砂災害警戒情報が発表
・5日午前10時30分秋田市災害警戒対策部設置
・太平の一部地域、下北手の一部地域、上北手大山田の一部地域、河辺の一部地域、合計298世帯に避難勧告
2010年 平成22年
〔災害名〕 大雨
〔発生日時〕 8月14日から15日
〔総雨量〕 ・仁別 105mm
・大正寺 181mm
・岩見三内 121mm
・雄 和 106mm
・山 王 85mm
〔被害内容〕 ・床上浸水 6棟
・床下浸水 56棟 など
〔被害額〕 5,426万円(農業関係など)
・大雨・洪水警報が発令
・土砂災害警戒情報が発表
・14日午後1時秋田市災害警戒対策部設置
・下新城地区169世帯、雄和碇田地区47世帯に避難勧告
2011年 平成23年
〔災害名〕 大雨
〔発生日時〕 6月23日から24日
〔総雨量〕 ・仁別 150mm
・岩見三内 94mm
・雄 和 137mm
・山 王 78mm
〔被害内容〕 ・床上浸水 2棟
・床下浸水 13棟 など
〔被害額〕 1,579万円(農業関係など)
・大雨・洪水・暴風警報が発令
・14日午後1時秋田市災害警戒対策部設置
・雄和碇田地区46世帯、下浜楢田上野地区33世帯、雄和の一部地域324世帯に避難勧告

 ※住家の全半壊又は床上浸水の被害が発生したものを掲載

お問い合わせ

秋田市総務部防災安全対策課
住所 〒010−8560
秋田市山王一丁目1番1号
TEL 018−888−5434
FAX 018−888−5435
E-mail
ro-gnds@city.akita.akita.jp

 


秋田市トップ防災コーナーこのページのトップ


Copyright © 2000 -2007Akita City, Akita, Japan. All Rights Reserved.
ro-gnds@city.akita.akita.jp