マイマイガについて


最終更新 2015.3.18 


生活環境衛生のメニュー

○ 生活環境衛生に関するお知らせ

○ 生活衛生関係施設の営業者の皆様へ

○ 飲料水の情報

 

○ 住まいの衛生相談

○ 申請書ダウンロード

○ 業務実績・統計データ

○ 関連ホームページ

マイマイガの生態

  • ふ化・・・4月頃
  • 幼虫・・・期間は90日程度。若齢幼虫は、糸を吐いて垂下する習性があるので、その様子からブランコケムシとも呼ばれる。小さいうちは背面の黄褐色の大きな斑紋がよく目立つ。老熟幼虫の体長は60mm程度まで成長し、頭の前面にある黒色の八字紋や側方に張り出した褐・白色の毛束と背面の瑠璃色と赤褐色のこぶ状の突起が特徴になる。
  • さなぎ・・・期間は2週間程度。葉間や樹幹に糸を吐き、尾端部でぶら下がるような形でさなぎ化する。
  • 成虫・・・年1回の発生で6〜7月頃に出現する。雄は、黒褐色で日中活発に飛び回る。白褐色・大型の雌は、樹幹などでじっと静止していることが多い。
  • 越冬・・・樹などに300〜400個の卵を塊状に産み、表面は灰褐色の母蛾の軟毛で全て覆われ、この状態で冬を越す。
  • 多食性で、サクラ、リンゴ、ウメ、クヌギ、コナラ、クリ、ハンノキ、ニレなど様々な木を食害する。森林病害虫に定められている。

駆除するには?

  • 幼虫対策・・・幼虫を箸でつまむか、葉ごと切り落としてビニール袋に入れ、ゴミとして処理する方法や、殺虫剤を使用する方法もあります。殺虫剤を使用する場合は、園芸用のものを使用してください。ホームセンターなどで市販されている毛虫用の殺虫スプレーであれば使い勝手も良いでしょう。ただし、幼虫が発生した早い時期に行うようにしましょう。成長が進むと殺虫効果が得られにくくなります。また、毛虫の毛が気になる場合は、固着剤を使用してから作業を行うと良いでしょう。集団でいる状態が駆除に適しています。
  • 成虫対策・・・飛んできて困る場所(壁、雨戸等)に駆除用(成虫)の殺虫剤を使用する。窓に使用する場合には、窓用を選択する。
  • 卵・・・壁等からはがしとり、処分します。卵塊を覆っている毛が飛散する恐れがありますので、マスクやメガネの着用、皮膚を露出しない対策が必要です。

卵塊の駆除

駆除前の様子 駆除前

駆除中の様子 駆除中

駆除後の様子 駆除後

皮膚炎について

 ふ化したばかりの幼虫に触れると、皮膚の弱い方は赤く腫れたり、かゆみが伴うことがあります。


連絡先
秋田市保健所 衛生検査課 環境指導担当
〒010-0976 秋田市八橋南一丁目8番3号
tel:018-883-1181 fax:018-883-1344

| トップ | 秋田市保健所 |保健総務課 | 健康管理課 | 衛生検査課 | 保健予防課



Copyright (C)2001 秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan)
All Rights Reserved.
ro-hlex@city.akita.akita.jp