シロアリについて


最終更新 2013.7.1

生活環境衛生のメニュー

○ 生活環境衛生に関するお知らせ

○ 生活衛生関係施設の営業者の皆様へ

○ 飲料水の情報

 

○ 住まいの衛生相談

○ 申請書ダウンロード

○ 業務実績・統計データ

○ 関連ホームページ

 シロアリ類は、日本では18種が知られていますが、ほとんどが野外性で、木造建築物を加害するのは5種類おり、そのなかでも問題となるのは、日本全土に分布しているヤマトシロアリ、関東以南に生息するイエシロアリ、南西諸島などに生息するダイコクシロアリの3種です。
 シロアリは社会生活を営み、種によって異なりますが、1つのコロニーに数万、多いものでは100万を超える個体数がおり、女王、王、職アリ、兵アリなどの階級制度によって維持されています。このうち、職アリはコロニーの90〜95%を占め、巣作り、エサの採取、他の階級へのエサやりなどの世話を行うもので、木材を加害するのはこの職アリです。

ヤマトシロアリ

  • 有翅虫(羽アリ)の体長は4.5〜7.5mm、体は黒褐色で翅は暗褐色。
  • 兵アリの体長は3.5〜6.0mm、体は乳白色で頭部は淡黄褐色で長い。
  • 職アリの体長は3.5〜5.0mm、体は乳白色で頭部は淡黄白色。
  • 女王の体長は11〜15mm、体は黄白色。
  • 1つのコロニーの個体数は1〜3万程度、地中や地面近くの湿った木材の中で生活します。特別な巣を作らず、加害した木材そのものが巣となり、生息条件が悪くなると他の場所に移動します。台所や風呂場などの水回りがある所に被害が多く見られます。
  • 4月〜5月頃、雨が降ったあとの晴天で無風の蒸し暑い日の正午頃、無数の有翅虫が巣を飛び立ちます。このとき、有翅虫の這い出すところから被害箇所がわかることがあります。なお、飛び立った有翅虫は、それぞれ新しい女王と王となってコロニーを形成します。

シロアリ類の防除対策

 飛び立つために這い出てきた有翅虫は、市販の殺虫剤で駆除できますが、これで全てのシロアリが居なくなったわけではなく、木材内部にはまだ職アリがいるので引き続き加害されます。これらの駆除には十分な知識や機材等が必要となりますので、専門の業者に依頼することをお勧めします。
 自身でできる予防対策としては、床下の通気を良くするなどして乾燥させること、廃材などを置きっぱなしにしないことなどが有効です。

アリとの違い、見分け方

羽がある普通のアリ類と間違われることがありますが、次のように形態的な特徴から見分けることができます。

シロアリ アリ
触角 数珠状で直線的 くの字に曲がっている
胴体 全体に寸胴でくびれていない 細くくびれている
4枚の羽がほぼ同じ形で同じ大きさ 前の羽が大きく後ろの羽が小さい

連絡先
秋田市保健所 衛生検査課 環境指導担当
〒010-0976 秋田市八橋南一丁目8番3号
tel:018-883-1181 fax:018-883-1344

| トップ | 秋田市保健所 |保健総務課 | 健康管理課 | 衛生検査課 | 保健予防課



Copyright (C)2001 秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan)
All Rights Reserved.
ro-hlex@city.akita.akita.jp