日本脳炎予防接種の積極的な勧奨について


最終更新 2017.4.3


日本脳炎予防接種の積極的な勧奨について


  日本脳炎の予防接種につきましては、ワクチンを接種した後に重症ADEM(急性散在性脳脊髄炎)を発症した事例があったことから

厚生労働省からの通知により平成17年度から平成21年度まで、接種の積極的勧奨を差し控えていました。

  その後、新しいワクチンが開発され、現在は日本脳炎の予防接種を通常通り受けられるようになりました。



積極的な勧奨の差し控えにより接種機会を逃したかたへ

  平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれのかたは、9歳〜13歳未満までは第1期(計3回)および第2期の不足分を定期接種として受けられます。

  平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれのかたは、20歳未満までは定期接種として受けられます。


     ・該当するお子さまの保護者は母子健康手帳で接種履歴をご確認のうえ、日本脳炎予防接種の回数(計4回)が不足している場合は接種を受けましょう。
    (接種料金は無料です。)

     ・医療機関には、母子健康手帳を忘れずにお持ちになってください。(接種履歴の分かるもの。接種内容の記録ができるものをお持ちください。)



 平成29年度は 

    ○18歳になるかたに、第2期の接種をお勧めいたします。(平成11年4月2日から平成12年4月1日までに生まれたかた)

     


       ※接種対象年齢は「誕生日の前日から」です。
       ※「未満」とは「誕生日の前日まで」になります。



特例対象者の接種回数と間隔について
   該当するお子さまの保護者は、接種前に必ず母子健康手帳で接種歴をご確認ください。

      (接種スケジュールは、医師にご相談しましょう。)

接種をした回数 今後の接種回数 接種をする間隔
 接種したことがない 4回 第1期:6日以上、標準的には6日から28日までの間隔をおいて2回接種。追加接種は、2回目の接種終了後6月以上、標準的にはおおむね1年の間隔をおいて1回接種。
第2期:9歳以上で1回接種(第1期終了後、6日以上の間隔をおいて接種)
1回 3回 第1期:6日以上、標準的には6日から28日までの間隔をおいて2回接種。
第2期:9歳以上で1回接種(第1期終了後、6日以上の間隔をおいて接種)
2回 2回 第1期:追加1回接種
第2期:9歳以上で1回接種(第1期終了後、6日以上の間隔をおいて接種)
3回 1回 第2期:9歳以上で1回接種(第1期終了後、6日以上の間隔をおいて接種)

※7歳半以上9歳未満のかたは、定期接種の対象外です。(第2期は9歳になってから接種をしましょう。)

※定期予防接種の標準的な接種開始年齢(3歳〜4歳)に該当するお子さまについては、前のページをご覧ください。


日本脳炎関連リンク

このページのトップへ

<予防接種に関するお問い合わせ>
秋田市保健所健康管理課予防接種担当
■住所 〒010-0976 秋田市八橋南一丁目8番3号
■電話 018-883-1179
■FAX 018-883-1158
■メール ro-hlhm@city.akita.akita.jp

| 秋田市トップ | 秋田市保健所 | 健康管理課 |

市章
Copyright(C)2001 秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan)
All Rights Reserved.
ro-hlhm@city.akita.akita.jp