難病のかたへの支援について


最終更新 2018.3.30


秋田市保健所では、難病患者が適切な在宅療養が送れるように、難病医療費助成制度の申請受付、相談支援等を行っています。

難病医療費助成制度について

秋田市に住民票があるかたの医療費の助成申請は、秋田市保健所(秋田市八橋)が、申請受付の窓口になります。申請後、秋田県が、支給認定を行い医療受給者証等の交付をします。

・ 特定医療費(指定難病)支給認定(新規申請・更新申請・受給者証記載事項の変更申請)

・ 軽症高額の申請

・ 高額かつ長期の申請

・ 医療費償還払いの申請

・ 特定医療費(指定難病)受給者証再交付申請

・ 特定疾患治療研究事業

・ 先天性血液凝固因子障害等治療研究事業

申請書類、指定医療機関等の制度の詳細は、右記の秋田県ホームページをご覧ください。→「指定難病・小児慢性特定疾病医療費助成について」 

相談支援について

 難病患者とその家族を対象に、関係機関と連携しながら、日常生活上での悩みや不安が解消できるように個別相談等を行っています。 

・秋田市難病医療相談会(ふれあい交流相談会)

年3回程度(10月頃)開催しています。

(内容) 専門医による医療講演のほか、医師、保健師、栄養士等による個別相談、交流会。テーマとして取り上げる疾病は、毎回異なります。

(会場) 秋田市保健所(秋田市八橋) 会議室

(周知) 広報あきたへの掲載、難病医療協力病院と対象となる疾病の特定医療費(指定難病)受給者証をお持ちのかたへの案内送付  

・訪問相談事業

難病医療費助成制度、福祉制度、日常生活や療養上の悩みやお困りのことがありましたらお気軽にご相談ください。保健師がご相談に対応します。

(内容) 電話相談、保健所窓口またはご自宅への訪問による面接相談

(時間) 平日 午前8時30分〜午後5時15分 (祝日除く)   

障害者総合支援法のサービスについて

難病(対象359疾病)のかたは、障害者手帳の交付を受けなくても、居宅介護(ホームヘルプ)、日常生活用具(歩行用補助つえ、重度障害者用意思伝達装置、パルスオキシメーター等)の給付等のサービスを受けることができます。

・サービスを受けるためには、特定医療費(指定難病)受給者証、特定医療費支給認定却下の通知書等難病であることがわかる証明書が必要です。

・詳しい手続方法や利用できるサービスの内容などについては、障がい福祉課(秋田市役所1階 電話018−888−5663)までお問い合わせください。

「障害者総合支援法」関連ページについては→こちら(障がい福祉課ホームページへ)

外部へのリンク

・ 秋田県難病相談支援センター

療養生活や日常生活上の相談について難病相談支援員が対応しています。また、ハローワークの難病患者就職サポーターと連携し、就労相談も行っています。

・ 難病情報センター

難病の治療や医療費助成制度等様々な情報が掲載されています。


秋田市保健所 健康管理課(1階4番窓口)

〒010-0976 秋田市八橋南一丁目8番3号
電話:018-883-1180  FAX:018-883-1158
e-mail ro-hlhm@city.akita.lg.jp


|秋田市トップ|秋田市保健所 |健康管理課|


市章
Copyright (C)2001 秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan)
All Rights Reserved.
ro-hlhm@city.akita.lg.jp