国民生活基礎調査の実施について



国民生活基礎調査とは?

 「国民生活基礎調査」は、毎年、厚生労働省が全国規模で実施している基幹統計調査(※)です。
保健、医療、福祉、年金、所得等国民生活の基礎的事項を調査し、厚生労働行政の企画および立案に必要な基礎資料を得ることなどを目的としています。

(※)基幹統計調査(統計法に定められた統計調査)

 国や地方公共団体が統計調査を実施する場合の基本的な事項を定めた法律として統計法(平成19年法律第53号)があり、国民生活基礎調査は、この統計法第2条第4項の規定する基幹統計調査とされています。

平成29年の調査日・調査票の種類・調査事項等

調査日 調査票の種類 調査事項 事務の所管
6月1日(木) 世帯票 世帯の状況、5月中の家計支出総額、医療保険の加入状況、傷病の状況、公的年金・恩給の受給状況、就業等 保健所
7月13日(木) 所得票 所得の種類別金額、課税等の状況、企業年金・個人年金等の掛金の状況、生活意識の状況等 福祉事務所

調査の対象

 6月に行われる「世帯票」の調査は、平成27年国勢調査区の中から無作為に選んだ全国1,106地区にお住まいのすべての世帯および世帯員が調査の対象となります。
 7月に行われる「所得票」の調査は、同じく無作為に選んだ500単位区内にお住まいのすべての世帯および世帯員が調査の対象となります。

集計および結果の公表

 厚生労働省において集計を行い、結果は平成29年国民生活基礎調査概況として公表されます。また、厚生労働省ホームページにも掲載されます。

丸 国民生活基礎調査についてもっと詳しく→厚生労働省ホームページへ

秋田市での実施について

丸 世帯票の調査

 秋田市内では次の2地区が調査の対象となります。

調査地区
 東通八丁目1番の一部
 大平台四丁目4番〜6番

対象世帯には、4月下旬から6月中旬にかけて世帯状況の確認および調査票の配布・回収のため、調査員が伺います。調査員は市長が任命しており、調査員証を携帯しています。訪問した際は、ご確認ください。

丸 所得票の調査

世帯票の調査を行った世帯の一部が対象となります。
対象世帯には、7月上旬から本市職員が調査員として、調査票の配布・回収のため伺います。 調査員は調査員証を携帯しています。訪問した際はご確認ください。

丸 秘密の保護

皆さんの個人情報は厳重に保護されます。調査結果は統計目的以外には使用しません。
  (※「統計法」に基づき申告義務があります。この申告義務は「個人情報保護法」によって免除されるものではありません。)

統計調査を装った「かたり調査」にご注意ください。

調査員は、「調査員証」を携帯しています。また、電話で調査することはありません。
不審に思ったら、調査員証の提示を求めるか、下記の問い合わせ先までご連絡ください。

お問い合わせ先

丸 世帯票については

秋田市保健所保健総務課 TEL 018−883−1170

丸 所得票については

秋田市福祉保健部保護第一課 TEL 018−888−5669


秋田市トップ秋田市保健所保健総務課


市章
Copyright (C) 2017 秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan)
All Rights Reserved.
ro-hlmn@city.akita.akita.jp