秋田市大森山動物園

鳥インフルエンザの発生とその対応について

(最終更新日 2017.04.09)

大森山動物園で飼育され、11月15日と同月17日に動物病院で死亡したコクチョウの検査を実施したところ、H5N6亜型の高病原性鳥インフルエンザウイルスに感染していたことが判明しました。
11月28日、この2羽と同室で飼育していたコクチョウ(17日殺処分)について、確定検査で高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が検出されました。
また、11月23日、死亡したコクチョウと同じ動物病院内で飼育されていたシロフクロウ2羽が死亡し、11月30日に確定検査で高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が検出されました。

動物病院に収容している動物(タンチョウ1羽、ニホンイヌワシ1羽、マナヅル1羽、ワオキツネザル2頭)については、11月23日の簡易検査では陰性でした。さらに、専門機関で確定検査を実施した結果、12月2日にすべて陰性と判断されました。

昨年11月23日以降、新たな感染が発生していないことから、環境省が指定した大森山動物園を中心とする半径10kmの野鳥監視重点区域が1月7日24時をもって解除されました。

大森山動物園の対応

  • 1月7日をもって野鳥監視重点区域が解除されましたが、引き続き飼育鳥類の監視、防疫の徹底を継続します。
  • 12月12日現在、感染が確認された範囲は、園内の動物病院のみとなっており、引き続き感染拡大の防止対策を徹底しています。
  • 消毒液の散布や石灰による消毒等の感染防止対策を園内全体で継続して実施しています。
  • 園内の他の鳥類について継続して健康観察を実施し、異常が見られた場合は直ちに鳥インフルエンザウイルスの簡易検査を実施します。
  • 園内での感染拡大を防止するため一部の鳥類を殺処分しました。(11月16日にヒヨコ100羽。11月17日に家きん17羽、コクチョウ、オオハクチョウなど15羽。11月23日にシロフクロウ1羽)

大森山動物園の休園について

  • 鳥インフルエンザによる閉園期間(平成28年11月16日から平成29年2月28日まで)に有効期間が切れた年間パスポートをお持ちの方は、有効期間を平成29年4月16日(日)まで延長します。 ※ご来園の際は、年間パスポートをご提示ください。
  • 雪の動物園(1月〜2月の土日祝日開催)は開催を中止しました。
  • 11月30日まで予定していた今シーズンの通常開園を終了し、12月末まで閉園します。(※12月は毎年閉園しております。)

鳥インフルエンザ発生に関する経緯

月日内容
2017年1月7日  2016年11月23日以降、新たな感染が発生していないことから、環境省が指定した大森山動物園を中心とする半径10kmの野鳥監視重点区域が1月7日24時をもって解除。 
2016年12月30日  動物病院で飼育しているイヌワシ、タンチョウ、マナヅルについて、11月23日から12月21日まで継続的に行っていた鳥インフルエンザウイルス確定検査を専門機関が実施したところ、全て陰性。 
2016年12月12日   確定検査で、シロフクロウ(11月23日殺処分個体)から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)を検出。
2016年12月2日  確定検査で、動物病院内で飼育しているタンチョウ1羽、イヌワシ1羽、マナヅル1羽、ワオキツネザル2頭は全て陰性。   
2016年11月30日  確定検査で、シロフクロウ2羽(23日死亡個体)から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)を検出。  
2016年11月28日  確定検査で、コクチョウ(17日殺処分個体)から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)を検出。  
2016年11月23日  動物病院内で飼育していたシロフクロウ2羽が死亡し、簡易検査で1羽陽性、1羽陰性。同室の1羽を殺処分。動物病院で飼育しているタンチョウ1羽、イヌワシ1羽、マナヅル1羽、ワオキツネザル2頭の簡易検査を実施し、全て陰性。  
2016年11月21日  確定検査で、コクチョウ(15日死亡個体、17日死亡個体)から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)を検出。動物園を今シーズン閉園とする。  
2016年11月17日  動物病院内で飼育していたコクチョウ1羽が死亡し、簡易検査で陽性。家きん17羽、コクチョウ、オオハクチョウなど15羽を殺処分。 
2016年11月16日  動物園を休園とする。 園内消毒(出入り口各所、鳥類飼育施設周辺、動物病院) を実施。ヒヨコ100羽を殺処分。  
2016年11月15日  動物病院内で飼育していたコクチョウ1羽が死亡し、簡易検査でA型インフルエンザウイルスの陽性反応。 コクチョウ、家きんの簡易検査を実施し、全て陰性。

関連情報

国内外での発生状況、対応マニュアル など

野鳥や家きん等に関する問合せ先、記者発表資料 など

感染防止の注意情報、衰弱又は死んだ鳥を発見したとき、人への感染が不安な場合 など


▲ページのトップへ戻る