市長ほっとコーナー


記者会見

平成24年(2012年)11月2日(金)

秋田公立美術大学設置不認可に関する記者会見を行いました。

おもな質疑内容

(幹事社:河北新報、日本経済新聞、AAB )

質 問 市 長

 本日、文部科学省の高等教育局の板東局長から私に直接連絡があり、去る3月に文部科学省に提出しました「秋田公立美術大学」の設置認可申請について「不認可」との報告を受けたところでございます。
 その理由について尋ねましたところ、秋田公立美術大学そのものの問題ではなく、文部科学相の諮問機関である大学設置・学校法人審議会の委員構成、審査基準などについて抜本的な見直しが必要であるとのことから、昨日答申された新設3大学については、全て不認可にするという田中大臣の意向があったとのことであります。
 今回、同審議会が認可する答申を行ったにもかかわらず、それを田中大臣が覆す決定をしたことにつきましては、到底承服できるものではないと考えております。
 本市としては、文科省との事前協議を誠心誠意、行ってきたところであり、市議会や市民の理解を得ながら、教員の確保や施設整備等の必要な準備を進めてきたところであります。
 今回の決定は、新大学に大きな期待を寄せている生徒、保護者、学校に対し、大変残念なお知らせになってしまいましたが、今後、文部科学省に対して詳細な説明を求めながら、4年制大学の早期実現に向けて、今後も取り組んでまいりたいと考えております。
AAB:認められなかったのは、大学設置の中身ではなく、審議会の在り方が納得いかないということで覆されたという説明でよろしいですか。 はい。そう伺っております。
AAB:さらに説明を求めるということですが、具体的にはいつ、どういう感じでアクションを起こすのでしょうか。  まずは正式な文書が届いておりません。それに今回の不認可になった理由が付されて来ますので、それを一度確認したいと思っております。私としては、三月末に認可申請を出して事前に協議を進めてきたわけで、それが大臣の「大学がありすぎるのではないか、経営が立ち行かない大学もあるのではないか、メンバーも大学の教授、大学関係者が多い」こういう思いは分かるのですが、前の大臣が任命している大臣の諮問機関の審議会でありますから、そこに諮問をし、その諮問機関である審議会が認可すべきだとしたわけで、それが大臣の考え方一つで変えられるというのは行政の継続性に逸脱するとの思いで非常に遺憾と感じている。
AAB:どこの点をクリアすると認可が得られると理解していらっしゃるのでしょうか。  それは分かりません。ですから、メンバーがどういうメンバーなのか、それから新たな審査基準を3月ころまでに、来年度に向けて新たに作ると文部科学省が言っておりますので、その辺も分かりませんし、一つ一つの大学の問題ではないということでありますから、我々としては今後のことであれば分かりますけども、既にこういう審査をしますよ、という基準が示されそれについてすべてクリアしてきたと思っておりますので、その決定が大臣の考え方一つで覆されるのは、これは大臣の行き過ぎた行為ではないか、と考えます。
AAB:もう来年の春開学のというのは絶たれたというか、可能性としてはいかがですか。  今日付けで郵送すると言っています。いずれ緊急要望活動等々をさせていただき、できれば直接大臣とお会いしてお話をさせて頂きたいと思っております。来週早々にでも文部科学省に赴いて説明をする機会をつくりたいと思っておりますが、今その手配をしている所であります。
河北:4年制化を目指す方針に対しては変わりはないということですか。 今のところは、変わりはございません。
河北:来年4月、短大としての生徒の募集はありますか。  短大の募集を続けていくことや、職員の採用も内定しておりますので、そういう人たちの身分的なこともあますから、専任職員14名、法人事務職員2名、こちらの処遇も検討しなくてはいけません。
 2点目には、現在、進めている施設整備をどのようにするのかを判断していかなくてはいけません。地方独立法人の設立についても考えなくてはいけません。学術振興財団の解散を前提にしておりますけれども、そちらもどうするのかという問題も生じます。すでに、オープンキャンパスや説明会に参加していただいた生徒や保護者についてもきちんとした説明をしていかなくてはいけません。それから、附属高等学院についても来年度に向けた体制づくりの再検討が必要になってくると考えています。
河北:今、お話してくださったことの結論は出ていないんですか。  まだ、結論が出るだけの、時間的な余裕がありません。来週の月曜日に部局を集めて、4年制大学を目指すという方向性は示させていただきながら、その間に生じるさまざまな問題点について、各部局より提案してもらい具体的な対応策を検討していくという形になると思います。
魁:先ほど、大臣の考え方一つで覆されるのは行き過ぎだとおっしゃいましたけれども、来週にでも、大臣に会って説明を求めるのは、抗議するということですか。  緊急要望の提出です。撤回できないのかと。私も行政の長ですから、委員を任命して諮問機関をつくって、審査基準を明確にしているわけですね。審査基準をクリアして、それは認可するべきだとしたことについて、大臣だけの思いで変えることは果たしていいのだろうか。これは、民法でいうと善意の第三者(みたいなもの)ですね、我々は。真摯(しんし)に取り組んできて、さまざまな準備をしてきたのに、それなら最初からメンバーを変えろよと、そして、審査基準を変えろよと言いたいです。答申が出た後に、審査員のメンバーや、審査の基準が緩いなど、これはやはり行政として、あるべき姿ではないと思います。
魁:撤回を求めるということですか。 そうですね。撤回を求める要望書を提出していきたいと思います。
魁:現時点では、来春の開学は不可能に近い状況ですけれども、可能性を探っていくためにも、撤回を求めるという考えですか。  そうですね。ただ、口頭で伝えてもらっていますけれども、なぜ、不認可になったかというものが文書で届いていません。ですから、それが電話連絡の通りなのか、それとも、一つ一つの大学について不備があるのか、この辺によっても、法的手段等も違ってきますので、そういう部分では、現在いろいろな検討をしているところです。
魁:板東局長から連絡あったときの、時間、状況はどのような感じで、市長に連絡があったのでしょうか。 時間は、午後2時くらいだったと思います。
魁:市役所に電話がかかってきたんですか。 電話がきたときは、私が不在だったので、私からかけさせてもらいました。
魁:市長が折り返しかけたと言うことでよろしいのでしょうか。 そうです。
魁:どこにいらっしゃったのですか。 私は、病院にいました。インフルエンザ等の予防接種を受けていました。
魁:市内の病院ですか。 そうですね。帰ってきて、市の市長室から電話をしました。
魁:その前に、担当者レベルでは、連絡はあったのですか。 大学設置準備室長:午前10時30分ころに、大学設置準備室の室長に不認可との電話連絡がありました。
魁:2ルートで来たということですか。 大学設置準備室長:事務的なことで連絡いただきました。
魁:この結果を聞いたときは、どのような思いでしたか。認められるものだと思って待っていたと思うのですけれども。  事務方に連絡が入ってきて、私にも(報告が)来ましたが、大変遺憾だなという思いでした。1日の時点で審議会からは、認可すべきという答申に対して大臣がひっくり返すのは。思いはあるにしても最初から、その規定でそれで審査に落ちたというなら納得できます。
 しかし、審査項目等も全てクリアし、そして、審議会からも認可とするべきだと。それを大臣が、メンバー構成がいかがなものかと。審議会のメンバーを任命するにあたっては大臣と文部科学省の内部の話なんですね。内部の問題で、第三者が被害を被るという部分では、非常に遺憾です。他の2つの大学などからも、緊急要望したいと、できれば行動を一緒にしたいとの話も頂いています。
魁:昨日、答申内容について連絡はあったのでしょうか。 大学設置準備室長:今日、初めてありました。
魁:それについても、今日併せてきたのでしょうか。 大学設置準備室長:文部科学省から結果についての連絡を頂いたのは今日が初めてです。
魁:答申内容と大臣が不認可したという内容が併せて来たということですか。 大学設置準備室長:そうです。11月1日現在では、答申があったというのは、報道機関の皆さんの報道で、私たちは知りません。
NHK:役所以外で被害を受けるとしたら、3年生に編入を希望していた学生だと思うんですが、編集を希望していた学生は何人くらいいたのかなどわかっていないんですか。 大学設置準備室長:まだ、募集をしていませんので。
NHK:募集をしていなくても、進路調査などしていますよね。その段階で、進学をしたいと言っていた人は何人いたのでしょうか。 大学設置準備室長:3年次編入のお話をされているのでしょうか。それとも、新しい大学についてでしょうか。
NHK:新しい大学についてです。 大学設置準備室長:私どもが、昨年度に行った調査では、東北・北海道の当時の2年生に対してアンケート調査を行いました。その中で、アンケートの結果を頂いた人数が6,665人でした。私どもの大学を希望するとの結果を頂いたのは、進学を希望する人が127人、一応進学を考える人が180人、進学の候補の1つに考えるが600人です。
魁:高校の数は何校ですか。 大学設置準備室長:そこまでのものは、現在持っていません。
魁:昨年度のいつごろに、調査を行いましたか。 大学設置準備室長:昨年の11月ころだったと思います。
魁:当時2年生で、現在の3年生ということですか。 大学設置準備室長:そうです。
NHK:それは、市内の高校生に対するアンケート調査ということですか。 大学設置準備室長:市内を含めて、東北・北海道の高校です。
NHK:すみません、そういうことではないです。現在、短大に通っている学生で、3年になったら編入したいと考えている学生。就職活動もせずに、編入試験の募集も始まるわけですから、編入試験を希望している人数が何人かということです。 大学設置準備室長:現在の短期大学の学生にアンケート調査したことがあるのですけれども、正確な人数までは分からないのですが、おおむね30人くらいの学生が新大学の3年次編入を希望したいというアンケート結果が出ています。

市長:編入の募集定員は何人?

大学設置準備室長:編入の定員は10人です。
NHK:そのアンケートはいつ行ったのでしょうか。 大学設置準備室長:昨年の、いつごろとの正確なことは分からないので、後でお伝えします。
朝日:先ほどの2大学との連携の話なのですけれども、今日いつごろ、どんな形でお話をされたのでしょうか。 大学設置準備室長:3大学ありますけれども、札幌保健医療大学、岡崎女子大学です。岡崎女子大学の理事長からお電話を頂きました。それから、札幌保健医療大学には、私から電話連絡し、学長予定者の方とお話したら、私どもと同じ考えのようでした。実際の行動につきましては、具体的なことについては話していません。
朝日:電話では、どのような話をされたのでしょうか。 大学設置準備室長:私どももそうなのですけれども、これまでの経緯。真摯(しんし)に対応してきたということと、あとは思いを述べられたということです。

市長:その思いは、私が記者会見で述べた思いと、ほぼ同じだったということです。
魁:事務的な影響などいろいろあると思うのですけれども、開学が遅くなることで与える影響は市長ご自身ではどのように考えていますか。  地元のこともあるのですが、一つは審議会の在り方ですね。審議会のメンバーも大臣から任命を受けて、真摯(しんし)に諮問する対応をとっているわけです。多くの時間と労務をかけて一生懸命やっているわけですから、そのような諮問機関が今後成り立つのかという部分も心配になってきます。
 同時に我々としても、私のマニュフェストに掲げている文化・芸術の薫るまちづくり、そのためのシンクタンク的な役割も果たしてもらおうと思っていましたので、そういう部分では1年遅れることによって、出鼻をくじかれてしまうという思いと、せっかく教授になっていただく方々にも、ご迷惑かけることになります。そういう人たちに対して、私は(まだ)態度を決断しておりませんが、不認可で開学ができないので、お引き取りくださいということで大丈夫なのか、大丈夫なのかというのは、新しい大学を今度また新設するときに、またこのような素晴らしい教授たちに巡り会えるかどうか、そういった部分も考えながらということです。
 今の準備委員会メンバー、準備室のメンバーは、これはお金と体力と知恵を使っているわけですから、その能力たるものは、多大な損失になると考えております。先ほどのアンケートの通り、せっかく、楽しみにしていた生徒さんたちもいらっしゃるのです。その人たちが、再来年開学になるのかどうか、今度不安になるんですよね。そういうものも新規の募集に関係してくるでしょう。まだこれも、正直に言って文部科学省は3月末までには、26年度申請の受け付けるための基準や、メンバーを選考して、それを示すということですが、果たしてそれが間に合うのかどうか。そういったこともありますし、今後、新設の大学を認めていかないのかと。何を基準にして、大学新設を認めないのかこの辺も明確にしていませんから、大臣が田中さんでいる限り認めないのか、この辺も分かりません。
 板東局長に確認したところは、不可であるけれども、再チャレンジは可能であるということでありました。ただ、1つ1つの(大学の)評価ではありません、ということでした。
朝日:再チャレンジは可ということでしたが、仮に今年度が駄目だったとしたら、再申請される予定はありますか。  開学を目指して、今後とも頑張りたいので、まだ年度内を諦めたわけではないのです。
 いろんな手立ては短期間で、大臣の判定が覆るかは厳しいような気がするのですが、いろいろ早期の申請受付等の手続きはあるようです。それも、来年の3月、4月ころ、早くて5月ころの早期認定されたとしても、実際に大学の募集や開学となると、26年4月になりますので、そういった意味では、非常に残念というか、納得できないことです。
朝日:公約にも、4年制大学を掲げていましたけれども、こういった形になってしまったのは、来年の市長選にもどのような影響があると思いますか。  影響と言われましても、私どもとしては、真摯に、そしてマニュフェストに掲げて、市民から信を頂いて、先ほどの「芸術・文化の薫るまちづくり」のシンクタンクとして、また、社会に貢献できる優秀な生徒を世に出していきたいという思いがあるので、評価を私に問われても、それはなかなか難しいところです。誠心誠意やったけれども、大臣が替わってボツにされたと、これは本当に残念だし、遺憾です。
 大学の一つ一つの項目をとって、これが駄目だから許可できませんと、言うのであれば納得しますが、一つ一つの項目はいいけれども、大学の諮問機関、審議会で(認可すべきだと)こういう答申が出たにも関わらず、堀越学園の解散命令というかたちの中で、安易に今まで大学を増やしてきたのではないのか、審査が甘かったのではないのかと、こういう考えをお持ちではないのではないか。大臣の記者会見を見ますと、それとこれは違って考えるべきなのではないのかと思います。

記者会見意見要望


秋田市トップ市長ほっとコーナー


市章
Copyright © 2012Akita City , Akita , Japan. All Rights Reserved.
ro-gnsc@city.akita.akita.jp