情報連携を行う独自利用事務について


独自利用事務とは

行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に規定された事務以外の事務についてマイナンバーを利用する場合は、法第9条第2項の規定に基づく条例を定める必要があります。
秋田市では、法第9条第2項の規定に基づき、独自にマイナンバーを利用する事務(以下「独自利用事務」といいます。)について、秋田市個人番号の利用に関する条例に定めています。
この独自利用事務のうち、個人情報保護委員会規則で定める要件を満たすものについては、情報提供ネットワークシステムを使用した他の地方公共団体等との情報連携が可能とされています。(法第19条第8号)

独自利用事務の情報連携に係る届出について

秋田市の独自利用事務のうち、情報連携を行うものについては、次のとおり個人情報保護委員会に届出を行っており、承認されています。
事務の内容については、各所管課へお問合せください。
執行
機関
届出
番号
独自利用事務の名称 届出書 根拠規範 所管課
市長 生活に困窮する外国人に対する生活保護の措置に関する事務であって規則で定めるもの 届出1
(PDF:498KB)
生活に困窮する外国人に対する生活保護の措置について
(厚生労働省のページへ移動します)
保護第一課・保護第二課
(018-888-5669/018-888-5670)
市長 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号)による地域生活支援事業の実施に関する事務であって規則で定めるもの(日常生活用具給付) 届出2
(PDF:212KB)
秋田市日常生活用具給付等事業実施要綱(PDF:1958KB) 障がい福祉課
(018-888-5663)
市長 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号)による地域生活支援事業の実施に関する事務であって規則で定めるもの(日中一時支援) 届出3
(PDF:208KB)
秋田市障がい児者日中一時支援事業実施要綱(PDF:615KB) 障がい福祉課
(018-888-5663)
市長 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号)による地域生活支援事業の実施に関する事務であって規則で定めるもの(移動支援) 届出4
(PDF:203KB)
・秋田市移動支援事業実施要綱(PDF:746KB)
・障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律施行令(抜粋)(PDF:131KB)
・中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律施行令(抜粋)(PDF:63KB)
障がい福祉課
(018-888-5663)


その他のコンテンツ

目次
内容
個人のかた 個人のかたへマイナンバー制度のポイントを紹介。
民間事業者のかた 民間事業者のかたへマイナンバー制度のポイントを紹介。
個人番号(マイナンバー)の「マイナンバーカード」の交付および「通知カード」について マイナンバーカードの申請・交付や通知カードの受取について紹介。(市民課のページへリンク)
個人情報保護 個人情報を守るための取組を紹介。
マイナンバーを利用する手続 秋田市でマイナンバーを利用する手続の例を紹介。
マイナンバーについてもっと知りたい 関連サイトの紹介。

秋田市トップ企画財政部情報統計課