サイトマップ     

きずなでホットしてぃあきた寄附金(秋田市ふるさと納税)


最終更新日 平成29年2月24日

ワンストップ特例申請について

概要

 所得税・住民税の寄附金控除申告手続きを、本市が代行する「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が平成27年4月から始まっています。次の①、②ともに当てはまる方については、確定申告が不要になり、手続きが簡素化されます。


 【適用条件】
 ① 確定申告をする必要がない人、確定申告をする予定がない人
    サラリーマンや年金生活者(一部を除く)などの確定申告を必要としない方が対象です。
    自営業の方や医療費控除等を申告するサラリーマンの方は対象外となり、確定申告で寄附金控除を申告する必要があります。
 ② ふるさと納税の寄附先が5自治体までの人
    6自治体以上の寄附を行うと、特例を申請していても、従来通り確定申告が必要となります。

手続流れ

 本市に寄附後「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」(第五十五号の五様式附則第二条の四関係)を送付しますので返送してください。マイナンバーの記入が必要です。二段下の「ワンストップ特例申請に必要な添付資料」を参照の上、添付資料を添付し返送ください。
 ※平成29年寄附分は申請書を平成29年4月下旬以降に発送します。返送の締切は平成30年1月10日です。

        提出先
          〒010-8560  秋田県秋田市山王一丁目1-1
                      秋田市企画調整課ふるさと納税担当宛て
  

 記載内容に変更があった場合、寄附をした翌年の1月10日までに、「申告特例申請事項変更届出書」(第五十五号の六様式附則第二条の四関係)を必ず提出してください。(変更届が提出されない場合、ワンストップ特例の適用は受けられません)


              

 ワンストップ特例について詳しくは下記のサイトをご覧ください。

 

   →ワンストップ特例について(総務省のHPへ)

              

様式・資料

①  「申告特例申請事項変更届出書」
   (第五十五号の六様式
    附則第二条の四関係) 
  
(52KB)
②  「ふるさと納税ワンストップ
    特例申請書」の提出について
  
(150KB)

        ※②は、特例申請を希望した方に、申告特例申請書とともに郵送します。

ワンストップ特例申請に必要な添付資料

 マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)の導入により平成28年1月1日以降に入金した場合にワンストップ特例を申請する場合は個人番号の記入が必要となります。
 これに伴い、番号確認と身元確認の2つの確認が必要なことから、以下の書類(原本または写し)を添付し、申請をお願いします。


本人確認資料の例

1  個人番号カードの両面コピー

2  通知カードの表面コピー  +

    (身元確認資料)運転免許証、運転経歴証明書、旅券、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、
  在留カード、特別永住者証明書のいずれかのコピー

3  個人番号が記載された住民票の写し・住民票記載事項証明書  +  2の身元確認資料


秋田市企画財政部企画調整課ふるさと納税

秋田市 企画財政部企画調整課 
〒010-8560 秋田県秋田市山王1丁目1-1 TEL:018-888-5462 FAX:018-888-5463  E-mail: ro-plmn@city.akita.akita.jp
Copyright © 2011-2017 Akita City, Japan. All Rights Reserved.