旧県立美術館の利活用について

最終更新 2017.10.17 


  市では、旧県立美術館(旧県美)について、周辺の景観と調和し、長年市民に親しまれてきた外観や文化的価値を、中心市街地のまちづくりに生かしたいと考えています。


■トピックス

H29.10.17 旧県立美術館利活用調査検討業務委託に係る公募型指名競争入札について掲載しました。
H29.10.6 旧県立美術館利活用検討ワークショップについて掲載しました。

■コンセプト

  本市では、中心市街地の新たなまちの魅力とにぎわいの創出を図るため、「芸術文化ゾーン」の形成と充実に取り組んでいます。その中で、旧県立美術館は、平成33年度にオープン予定の県・市連携文化施設(現在の県民会館)と向かい合い、久保田城跡である千秋公園の入口に位置していることから、その立地を生かし、芸術文化と歴史文化をテーマとした交流の場として利活用することを検討しています。

 【 芸術文化交流機能 】
  「創造」「活動」「交流」をキーワードとした発信型・体験型の機能
 【 歴史文化交流機能 】
  「現在と過去」「時層と回遊」をキーワードとした歴史案内型の機能

※ 時層=まちに積み重なる時間の層。歴史や文化そのもの。
※ 「芸術文化ゾーン」については、こちらをご覧ください。

■旧県立美術館利活用調査検討業務委託に係る公募型指名競争入札を実施します。

 旧県立美術館の利活用検討をするに当たり、本業務で実施するワークショップによる提案や、先進事例等によりニーズを整理するとともに、概算改修費の積算、長期修繕計画等の作成を行う業務を委託します。
 詳細は、こちら(旧県立美術館利活用調査検討業務委託に係る公募型指名競争入札について)をご覧ください。

■ワークショップを開催します。

 旧県立美術館の利活用方針に市民や関係者の意見を反映させるとともに、具体的な利活用アイディアを集約するための市民ワークショップを公開で行います。

回数 開  催  内  容 開催時期 場所
第1回 【 スタートアップ旧県美! 】
・旧県立美術館や周辺環境について見学します。
・旧県立美術館の利活用に関する参加者の思いなど、自由な意見交換を行います。
11/19 (日)
13:30〜16:30
千秋美術館ほか
第2回 【 旧県美の活用方法 】
・他の事例を紹介します。
・まちづくりの観点から、どんな施設であってほしいかを考えます。(グループワーク)
11/30 (木)
18:30〜20:30
秋田市中央市民サービスセンター
(市役所3階)
第3回 【 旧県美の管理・運営方法 】
・管理・運営のあり方、活用方法などを考えます。(グループワーク)
12/14 (木)
18:30〜20:30
秋田市中央市民サービスセンター
(市役所3階)
第4回 【 ファイナルアクト旧県美! 】
・グループワークでまとめた内容を発表します。
12/17 (日)
10:00〜15:00
秋田市中央市民サービスセンター
(市役所3階)
※ 詳細については、 をご覧ください。
※ 開催内容と開催時期は変更になることがあります。
 
【参加資格】
 中心市街地の活性化を目指し、芸術文化ゾーンの視点を踏まえた上で、旧県立美術館の利活用を一緒に考えてくださる方
(1) 市内在住(在勤・在学)の高校生以上の方で、かつ、上記の全日程に参加出来る方(高校生は、保護者の同意書が必要です。)
(2) ワークショップを公開で行うことを了承していただける方
(3) 応募の時点で、国や地方公共団体の議員、常勤の公務員でない方

【参加申込み】
 別添の旧県立美術館利活用に関するワークショップ参加申込書に必要事項を記入し、郵送、メール又は直接持参にて、事務局に提出してください。(締切:10月31日17時まで)
 ※ ワークショップへの参加に伴う報酬や交通費などの支払いはありません。ボランティアで参加いただくことが条件となります。
申込書  
提出先 〒010-8560 秋田市山王一丁目1−1
秋田市企画調整課新文化施設整備担当
メール:ro-plmn@city.akita.lg.jp




担当・問い合わせ先

秋田市企画財政部企画調整課新文化施設整備担当
住所 010-8560 秋田市山王一丁目1番1号
TEL 018-888-5462
FAX 018-888-5463
メール ro-plmn@city.akita.lg.jp

秋田市トップ企画財政部企画調整課


市章
Copyright (C)2015-2017秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan)
All Rights Reserved.
webmaster@city.akita.lg.jp