構造改革特区


最終更新 2018.1.19


構造改革特区とは、民間事業者や地方公共団体等の自発的な発案により、地域の特性に応じて、法律や政令、通達等の規制を緩和し、地域経済の活性化を図ろうとするもので、内閣府地方創生推進事務局が中心となって推進しているものです。


構造改革特区制度の活用には、「提案」と「認定申請」があります

■「提案」とは、事業を行おうとした時に支障となる法律や規制を緩和するため、どのような規制緩和をして欲しいか国に提案することです。提案は、どなたでもできます。

■「認定申請」とは、提案により規制の緩和が認められた項目の中から、地域にあった項目を選び、具体的に特区計画をつくって、国に認定するよう申請することです。
   計画が国に認定された時点ではじめて「特区」が誕生します。認定申請ができるのは、地方公共団体(県・市町村)です。
   民間事業者やNPOの方は、事業を行うため、県や市町村に特区計画案を作成するよう提案することができます。
   現在認められている規制緩和項目は、構造改革特別区域基本方針に定められています。
   また、認定申請には、規制緩和を利用して行う事業の内容、実施主体、スケジュール等が明確であることが必要となっています。

■提案および認定申請は、内閣府地方創生推進事務局から実施スケジュールが公開されます。
   民間事業者等からの認定申請の申し出は、県や市町村にいつでもできますので、ご相談ください。

■申請された特区計画は、内閣府地方創生推進事務局や関係省庁で審査され、申請から3か月以内に認定されることとなっています。

秋田市で認定された構造改革特区計画

特区の名称 特区の概要 規制の特例措置 認定日 事業担当課
秋田市「農家のパーティ」どぶろく特区  秋田市は、農産品全体の価値向上と積極的な情報発信を図るため平成29年3月に「秋田市農業ブランド確立総合戦略」を策定し、ブランドネームを「農家のパーティ」として本市農業に光を当てる活動を行っている。
 本市には、竿燈まつりなどの全国的なお祭りが行われているほか、だまこ鍋やいぶりがっこなど、地元産品を活用した郷土料理がある。
 本市への来訪者に、郷土料理と特区を活用して製造した濁酒を組み合わせて提供することなどにより、魅力ある都市農村交流メニューの開発と、農業者によるアグリビジネスへの参入促進を目指す。
特定農業者による特定酒類の製造事業 平成29年
12月26日
産業振興部
産業企画課

秋田市から規制緩和が全国展開した特区計画

特区の名称 特区の概要 規制の特例措置 認定日 認定取消日 取消事由
秋田デイサービス特区  従来の高齢者・障害者・障害児といった対象者別に行ってきた福祉施策から、誰もが安心して活き活きと、住み慣れた家庭・地域で自立した生活が可能となるよう、指定通所介護事業所等における知的障害者の受入を実施し、既存施設を有効活用することによって、在宅介護サービスの充実・拡大を図る。 指定介護事業所等における障害児等のデイサービスの容認 平成16年
12月8日
平成19年
3月30日
特例の全国展開による
秋田市地域密着共生型福祉特区  秋田市では、各種規制緩和措置を活用することにより、基準該当施設で障害児(者)の受入が可能となっており、市内全域で障害の有無や年齢の区別無く福祉サービスが推進されている。こうした措置と併せて、本計画で小規模多機能型居宅介護事業所において、障害児(者)の受入を可能とすることにより、障害児(者)の地域での自立を促進するとともに、秋田市型福祉サービスの一層の推進を図る。 指定小規模多機能型居宅介護事業所における障害児等の受入の容認 平成20年
3月31日
平成28年
6月17日
特例の全国展開による

関係リンク


秋田市トップ企画財政部企画調整課


問い合わせ先
秋田市企画財政部企画調整課
〒010-8560 秋田市山王一丁目1番1号
電話 018-888-5462
FAX 018-888-5463
E-mail ro-plmn@city.akita.akita.jp

秋田市章 Copyright (C)2004ー2018秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan)
All Rights Reserved.
ro-plmn@city.akita.akita.jp