芸 術 文 化 ゾ ー ン


最終更新 29.07.19


 トピックス

「芸術文化ゾーン」における文化施設等の役割分担を修正しました。(29.07.19)
「芸術文化ゾーン」のページを開設しました。(29.04.11)
  

 芸術文化によるまちづくり

 第13次秋田市総合計画「新・県都『あきた』成長プラン」の基本理念「ともにつくり ともに生きる 人・まち・くらし」のもと、「人と文化をはぐくむ誇れるまち」を将来都市像の一つに掲げるとともに、成長戦略を「芸術文化・スポーツ・観光による都市の魅力向上」とし、「芸術・文化によるまちおこし」を重点プログラムに位置付けています。
      


 芸術文化は、そのまちの魅力を伝える有形無形の地域資源として、地域活性化や将来を見据えたまちづくりにもつながる力を持っています。人口減少や少子高齢化が進行する中、県全体を牽引する県都としての持続的な成長と発展にも資する市民の共有財産、そして誇りとしてはぐくみ、受け継いでいこうとするものです。

 

 「芸術文化ゾーン」のコンセプト

 秋田市中心市街地活性化基本計画(平成29年3月24日内閣総理大臣認定)で設定した「中心市街地」のうち、広小路・仲小路からエリアなかいちを経て、中土橋、千秋公園に至るまでをおおよその範囲とした「芸術文化ゾーン」において、市民や事業者と行政が連携することで、市民が日常的に集い、活動し、暮らしの豊かさを実感できる場として充実させてまいります。
 
「千秋公園をバックグラウンドとした魅力ある芸術文化の香り高い空間の創造」
 本市中心市街地は久保田城下の町割を基盤としており、文化施設が立地するなど、歴史と文化が積み重なった場所であることから、千秋美術館や県立美術館など既存文化施設との連携や、緑豊かで歴史ある千秋公園を背景とする立地環境をさらに活かすことにより、「芸術文化の香り高い」地域として千秋公園周辺のイメージを高めていきます。

 芸術文化ゾーンを本市の歴史の象徴である千秋公園へ来街者を引き込む入口として、大町・通町との動線を意識するとともに、「エリアなかいち」との回遊性を考慮し、駅前や中心市街地の活性化、そして本市の一層の魅力向上につなげます。

 中心市街地に文化施設機能を集積し、市民の活動環境を充実させるとともに、市民活動の活発化を図っていくものです。

※ 今後、こうした考え方のもと、関係者との意見交換などを行いながら、内容や取組の充実を図ってまいります。

 

 対象範囲および役割分担



 芸術文化ゾーンにおける公共の文化施設等の役割分担は、@芸術鑑賞、A文化創造・市民活動、B歴史・学びの動線を意識し、概ね以下のとおりの想定です。
動線 施設名称 役  割 備  考
@ 芸術鑑賞
  1 秋田市立千秋美術館 【市民の芸術・文化鑑賞】
市民の美術に関する知識および教養の向上
市民文化の発展
岡田謙三記念館
秋田蘭画
2 アトリオン(音楽ホール) 【県民の音楽鑑賞】
芸術文化に関する鑑賞機会の提供
音楽ホール(700席)
(パイプオルガン有り)
3 アトリオン(展示ホール) 【県民の文化活動発表、鑑賞】
芸術文化に関する鑑賞機会の提供
美術展示ホール
4 秋田県立美術館 【県民の芸術・文化鑑賞の場、美術に関する教養の向上】
公益財団法人平野政吉美術財団の藤田嗣治作品展示
県民が身近に芸術を楽しみ、文化を育むことによる秋田の街、人、文化の創造と共生
@ 藤田嗣治作品による文化の創造
A 芸術に親しみ交流できる場の提供
B 新しい街の文化のシンボルとして街、人、文化の共生
C 秋田の文化力の発信
平野政吉コレクション
(藤田嗣治作品を含む)
5 県・市連携文化施設 【県全体の文化の振興を図り、文化を創造していく中核施設】
@文化創造に向けた取組の活発化
A文化に触れる機会の拡充
B人が集う「場」を創出することで、地域の活性化に貢献
文化創造機能、発表・鑑賞機能、コンベンション機能、にぎわい創出機能、文化情報の提供・発信機能
高機能型ホール
舞台芸術型ホール
A 文化創造・市民活動
  1 アトリオン(音楽ホール)
 ※ 再掲
【県民の音楽鑑賞】 音楽ホール(700席)
練習室・音楽研修ホール
2 アトリオン(展示ホール)
 ※ 再掲
【県民の文化活動発表、鑑賞】 美術展示ホール
研修室
多目的ホール
イベント広場
3 にぎわい交流館(AU) 【市民活動の場、中心市街地のにぎわい創出の交流拠点】
中心市街地に活力やにぎわいをもたらす交流の拠点
世代を超えて多くの人々が集うことができる場の創出
地域の活性化
多目的ホール(300席)
展示ホール
アート工房 等
4 県・市連携文化施設 
 ※ 再掲
【県全体の文化の振興を図り、文化を創造していく中核施設】
@文化創造に向けた取組の活発化
A文化に触れる機会の拡充
B人が集う「場」を創出することで、地域の活性化に貢献

文化創造機能、発表・鑑賞機能、コンベンション機能、にぎわい創出機能、文化情報の提供・発信機能
制作室・打合せ室
研修・会議室
リハーサル室
練習室
カフェ・レストラン
多目的スペース
5 芸術文化交流機能
 [旧県立美術館]
【芸術文化交流機能】
「創造」「活動」「交流」をキーワードにした発信型の施設
・長期間にわたる演劇、アート作品等の創作と公開・発表
・ワークショップや交流・教育事業の実施
※ 検討中
長期創作活動・公開機能
記録保存・情報発信機能
発表・交流機能
B 歴史・学び
   1 歴史文化交流機能
 [旧県立美術館]
 【歴史文化交流機能】
・「現在と過去」「時層と回遊」をキーワードにした歴史案内施設
・千秋公園への動線強化と市街地回遊への誘導
 ※ 検討中
千秋公園連携機能
城下町回遊機能
2 秋田市立中央図書館明徳館 【市民の教育と文化の発展】
図書貸出し・視聴覚教材提供
アーカイブ
郷土文学館 石川達三記念室
3 秋田市立佐竹史料館 【佐竹氏関連・藩政時代の歴史】
秋田藩主佐竹氏関連の資料展示、秋田の藩政時代の紹介
久保田城御隅櫓・御物頭御番所と連動した歴史紹介
 
千秋公園 【市民の憩いの場・久保田城跡】
久保田城御隅櫓
久保田城表門
御物頭御番所
胡月池
佐竹義堯公銅像
茶室「宣庵」
時鐘(鐘楼)
お堀(大手門の堀、穴門の堀)
日本の都市公園100選(H元)
日本さくら名所100選(H2)
日本100名城(H18)
日本の歴史公園100選(H18)
秋田市名勝(H20)
池坊花逍遥100選(H27)

市民・民間事業者等との連携については、芸術文化ゾーンの関係者がそれぞれ以下の役割を共有し、協働により取組むこととします。

取 組 役割分担
施設整備および既存文化施設の連携体制 県・市
イベント等市民活動の支援 県・市
文化活動をメインとした社会貢献活動 民間企業
意識共有に基づくイベント等の取組 民間事業者(商店街等)

 具体的な連携として、以下のような取組を想定し、ゾーンの関係者と行政が連携できる体制の構築も含め、今後検討していきます。

【例】
 @公共文化施設の公演・企画展等に加え、民間ギャラリーの展示や音楽イベントなども含めた情報発信の一元化
 Aイベントに合わせたウインドウディスプレイの実施や相互PRの協力
 B公共文化施設の利用料金や予約手続きなど情報提供の一覧化

コンパクトで成熟した市街地の形成と、主体的にまちづくりに関わる市民力の醸成、人の交流やネットワークをバランス良く組み合わせながら、取り組んでいく必要があります。
まちづくりの要素と関係性を整理すると次のようなイメージになります。




秋田市企画財政部企画調整課
住所 010-8560 秋田市山王一丁目1番1号
TEL 018-888-5462
FAX 018-888-5463
E-Mail ro-plmn@city.akita.akita.jp

秋田市トップ企画財政部企画調整課


Copyright (C)2008- 秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan)
All Rights Reserved.
ro-evmn@city.akita.akita.jp