しあわせづくり秋田市民公聴条例


最終更新 2016.5.2



 「しあわせづくり秋田市民公聴条例」は、市でいろいろな計画づくりを進める際に、企画立案の過程で、市民のみなさんの「思い」などもしっかりと聞き、受けとめながら、よりよい方向に導こう、というルールです。

 「しあわせづくり秋田市民公聴条例」は、平成16年12月市議会定例会で原案どおり可決され、平成17年4月1日から施行されています。


しあわせづくり秋田市民公聴条例 →→→→→→→→→→→ (印刷用/11KB)
 
しあわせづくり秋田市民公聴条例施行規則 →→→→→→→ (印刷用/10KB)


透明性と市民参加を確保

 これまでの市の仕事の進め方では、計画や事業の企画立案過程における市民参加の位置づけが十分とは言えませんでした。そのため、せっかくいろいろな事業を行っても、「市民の立場に立った内容になっていないのではないか」「企画立案や意思形成の過程が不透明で、計画の意図すらよくわからない」などと指摘されることがありました。
 そこで市では、計画などの企画立案過程をオープンにし、市民がそこに参加することによって、まちづくりの「主役意識」を感じてもらえるようにしようという新しい姿勢を打ち出しました。
 そして、その仕組みをきちんと定めた「しあわせづくり秋田市民公聴条例」を制定し、平成17年4月に施行しました。


最終決定前に案を公表。市民と市の協働が目的

 この条例は、計画の公表や意見を求めることを通じて、市民と市がコミュニケーションを深めながら協働していく関係を築くとともに、市民が持つ知識や経験を市政に生かしたり、市民が日々の生活の中で感じる「思い」を市政に反映させていくことを目的としています。
 このため、この条例では、計画などについて市が最終的な意思決定を行う前に、その案を公表し、市民から意見を求めることとしています。
 さらに、市民から寄せられた意見は公表し、その際には、その意見に対する市の考えも併せて公表することにしています。


「総合計画」などが対象に

 条例の対象となる計画などは次のとおりです。

秋田市総合計画
各行政分野の基本的な事項を定める計画
市の重要な施設の建設等に関する計画
市の基本的な方針や制度を定める条例、規則など
その他、市が市民から意見を求める必要があると認めるもの

お問い合わせ先

秋田市企画財政部広報広聴課
住所 010-8560 秋田市山王一丁目1番1号
TEL(直通) 018-888-5471
FAX 018-888-5472
E-MAIL ro-plpb@city.akita.akita.jp

| 秋田市トップ | 企画財政部広報広聴課


市章
Copyright (C)2000 -2012 秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan) All Rights Reserved.
ro-plpb@city.akita.akita.jp