「市民の声」の公表

最終更新日 2017.12.13


 ※以下の内容は全て回答時点でのものであるため、現在と異なる場合があります。
 
分野別
防災・安全
施策・制度・組織
税金・国保・年金
福祉・保健・医療
子育て
環境・ごみ
観光・文化・スポーツ
商工業・農林水産業・雇用
道路・公園
まちづくり・交通・住宅
教育
その他
 

商工業・農林水産業・雇用

 タイトル 熊を殺すことについて
 投稿日 2017年11月4日
 投稿要旨  なぜ、民家のある町に下りてきただけで、熊を殺さなければならないのでしょうか?
 熊の住む場所を荒らしているのは人間です。
 食べる物も住む場所も奪った人間が悪いのに熊を殺すのは、人間が1番偉く、人間にしか命が無いと思っている証拠です。 熊にも生きる権利があり、人間と同じ重さの命があります。
 なぜ外国のように麻酔銃で眠らせて山へ帰さないのか。
 殺すよりも、熊が人間のいる場所に来ない方法、人間が熊の生きる場所を荒らさない方法を考えるべきだと思います。
 回答要旨  秋田県は、広大な自然が多いためクマの生息域も広く、とても過ごしやすい環境ですが、それだけ人間とクマとの距離も近く、高い密度で暮らしているため、全国的にもクマが関係する死傷事故が多いのも特徴です。
 秋田県においては、ここ数年クマの目撃情報がかなり増加しており、捕獲頭数も昨年は450頭を超え過去最多を記録し、今年は10月末時点で697頭となっています。
 クマの個体数が増えると人間や農作物に被害が出ることから、秋田県では、第二種特定鳥獣管理計画(第4次ツキノワグマ)によりクマの個体数の適正な管理について策定しておりますが、秋田市においてもそれに基づきクマの個体数が極端に増減しないよう調整や保護に取り組んでいるものです。
 捕獲後は、山奥に放獣すべきとの意見をいただきましたが、山へ返すことは種の保存につながることは確かです。しかし、それはクマの個体数の増加につながり、山奥のエサ不足、そして結局は人里におりてくるという悪循環になります。
 クマの目撃情報や捕獲は、そのほとんどは人間の生活圏にとても近いところです。そのため、人間と接触する機会も多くなっており、市民の安全を守るためにクマを適度に駆除することは、必要な措置であると考えています。
 今後は、クマの適正な個体数管理のための捕獲に努めてまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
 回答課 農地森林整備課(TEL:018-888-5741)


 タイトル 秋田駅前の駐車割引券について
 投稿日 2017年4月18日
 投稿要旨  秋田駅前の駐車場に駐車し、加盟店2店舗で合計5000円以上の買い物をしても、同一建物内分しか対象にならないことに納得できません。例えばフォンテで3500円、仲小路で1600円の買い物をしても、駐車割引券は2枚しかもらえません。それぞれの店舗でそれぞれの駐車割引券をもらい、交換しなければいけないのもとても不便です。
 回答要旨  ご意見の駐車割引券については、秋田商工会議所で実施している事業であり、秋田商工会議所から、下記のとおり回答がありましたので、その内容をもって回答とさせていただきます。
 秋田市商店街共通駐車券は、自前の駐車場を持たないお店(加盟店)が、自店にお客様を呼び込むためのサービスの一環として行っており、お客様へ進呈する駐車券(駐車料金)は発行した加盟店が全額負担しております。
 加盟店は、加盟店同士がお互いに駐車料金を負担している訳ではなく、あくまで自店をご利用のお客様の駐車料金を負担しております。
 加盟店には大型店から個人商店まであり、お店によって駐車料金を負担できる力量が異なるため、加盟店ごとにサービス券の進呈基準を決めていただく仕組みになっております。そのため、それぞれの店舗でそれぞれのサービス券を進呈しております。
 また、加盟駐車場は有人式駐車場と機械式駐車場の2種類で構成されており、機械式駐車場をご利用の場合は、各加盟店で進呈されたサービス券をそれぞれ磁気カードと交換していただく必要があります。 
 機械式駐車場の増加や消費者の利便性を考慮し、機械式への対応の必要性は認識しておりますが、機械メーカー毎にシステムが異なり、対応策を検討しているところであります。
 回答課 都市総務課(TEL:018-888-5762)

お問い合わせ先

秋田市企画財政部広報広聴課
住所 〒010-8560 秋田市山王一丁目1番1号
TEL(直通) 018-888-5471
FAX 018-888-5472
E-MAIL ro-plpb@city.akita.akita.jp

| 秋田市トップ | 企画財政部 | 広報広聴課 | 市民の声| 「市民の声」の公表


市章
Copyright (C)2000 -2012 秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan) All Rights Reserved.
ro-plpb@city.akita.akita.jp