「建築物の耐震改修の促進に関する法律」による認定について

耐震改修計画の認定の効果・手続き

 秋田市では、建築物の耐震改修の促進に関する法律(以下、「耐震改修促進法」といいます。)に基づき、建築物の耐震改修計画の認定を行っています。
 

計画の認定

 建築物の耐震改修を行おうとする建築物の所有者は、耐震改修計画について認定を申請することができます。当該計画が耐震関係規定又はこれに準ずる基準に適合している等の要件(耐震改修促進法第5条第3項各号に掲げる基準)に該当するときは、認定を行います。
 
記者発表 
耐震診断判定委員会リスト(既存建築物耐震診断・改修等推進全国ネットワーク委員会)事務局:(財)日本建築防災協会

建築基準法の特例

 認定を受けた計画に係る建築物については、建築基準法の規定の緩和および特例措置があります。
 
 建築基準法第3条第2項の既存建築物について、耐震性向上のため一定の条件を満たす増築、大規模の修繕又は大規模な模様替をしようとする場合には、建築基準法第3条第3項の規定にかかわらず、工事後も同法第3条第2項の規定の適用があります。
 耐震性の向上のために耐火建築物に壁を設けたり、柱の補強を行う結果、耐火建築物に係る規定に適合しないこととなる場合、一定の条件を満たすときは、当該規定は適用されません。
 
 建築確認を必要とする改修工事については、計画の認定をもって建築確認があったものとみなされるので、建築基準法の手続が簡素化されます。 

認定の申請

ダウンロードは下記をファイル形式をクリックしてください。

認定申請書〔一太郎〕〔word〕    

工事完了報告書〔一太郎〕〔word〕

もどる