よく寄せられる質問や要望など


最終更新日 2015.10.01


このページでは、よく寄せられる質問・要望・問い合わせなどを集めました。

秋田駅東地区土地区画整理工事事務所に、市民の皆さんからよくいただくご質問やご相談と、お寄せいただいたご提言について、Q&A形式でご紹介しています。

  1. 土地区画整理事業の概要を知りたい、どこで教えてもらえるのか?
  2. 土地区画整理事業に関して市からのお知らせはないのか?
  3. 土地区画整理事業に関する説明会は行っていないのか?
  4. 地区内に土地や建物を所有しているが、いつ事業が来るのか教えてもらえるのか?
  5. 事業実施中の土地区画整理事業区域内で土地の売買は可能か?
  6. 仮換地を分筆して売買したいがどうすればよいか。
  7. 所有する土地の道路部分に秋田市による「所有権移転請求権仮登記(寄付予約)」がついているが、この土地を売買する場合この道路部分も一緒に売買しなければならないのか?
  8. 自分が所有している土地ではないが、移転先が知りたい。
  9. 土地や建物の所有権が変わったが、どうしたらいい?
  10. 土地や建物の名義が故人になっているが、事業による移転等に支障はあるか?
  11. 仮換地指定通知は再発行してもらえるのか?
  12. どうして固定資産税が移転前の土地面積での請求になっているのか?
  13. 土地登記の書き換えは誰がするのか?
  14. 土地区画整理事業に伴う建物等調査について教えてほしい。
  15. 土地区画整理事業に伴う建物補償の考え方を教えてほしい。
  16. 事業が長期化しているが、事業着手当初に移転した権利者とこれから移転する権利者とでは、先に移転した権利者の方が有利ではないのか?
  17. 事業実施中の土地区画整理事業区域内で、建物の新築や増改築は可能か?   

市政全般についてはこちらをご覧ください。(市民相談センター) 

※土地区画整理事業に係わらず、市政全般のご要望やご意見などについて「秋田駅東地区土地区画整理工事事務所(駅東事務所)」でもお聞きしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
秋田駅東地区土地区画整理工事事務所 → 案内図
電話 018−834−2204

事業を実施している場所や概要

  1. 秋田駅東第三地区土地区画整理事業
  2. 秋田駅西北地区土地区画整理事業

Q&A

Q1 土地区画整理事業の概要を知りたい、どこで教えてもらえるのか?
A1  秋田駅東地区土地区画整理工事事務所で実施している土地区画整理事業の概要については、こちらをご覧ください。  上記以外の土地区画整理事業については、下記にお問い合わせください。
  ○秋田市都市整備部都市計画課
   1 個人・組合施行土地区画整理事業に関すること
   2 今後の新規事業に関すること
   3 土地区画整理事業の実績に関すること
このページのトップへ
Q2 土地区画整理事業に関して市からのお知らせはないのか?
A2  土地区画整理事業の予算概要や事業の進捗状況などをお知らせするため、秋田駅東第三地区土地区画整理事業秋田駅西北地区土地区画整理事業において、それぞれに「区画整理だより」を発行しています。
 秋田駅東第三地区土地区画整理事業地区内では、各町内会を通じて各戸へ配布しているほか、地区外の地権者のは郵送でお届けしています。 また、秋田駅西北地区土地区画整理事業については、すべての権利者に郵送させていただいております。
 上記2つの地区に土地を所有されている方で、「区画整理だより」が届かない場合は、秋田駅東土地区画整理工事事務所へご連絡ください。
このページのトップへ
Q3 土地区画整理事業に関する説明会は行っていないのか?
A3  秋田駅東第三地区土地区画整理事業については、平成24年度に各町内会単位で説明会を実施し、事業計画の変更について説明させていただきました。また、各町内会からの依頼があれば、町内会の総会や地元の集会等でも事業に関する説明をさせていただいております。 → 説明会開催実績
 秋田駅西北地区土地区画整理事業についても、関係各位からのご依頼があれば、事業に関する説明をさせていただきます。
このページのトップへ
Q4 地区内に土地や建物を所有しているが、いつ事業が来るのか教えてもらえるのか?
A4  土地区画整理事業の性質上、仮換地先が使用できるようになってから、あるいは使用できる見通しが立ってから移転のお願いをすることになります。
 個別の土地に関する計画や情報等については、秋田駅東地区土地区画整理工事事務所にお問い合わせください。
このページのトップへ
Q5 事業実施中の土地区画整理事業区域内で土地の売買は可能か?
A5  仮換地指定の有無にかかわらず、土地の売買は可能です。ただし、いくつかの土地をまとめて一つの仮換地に反映している場合があり、そのうちの一部のみを売買する場合は、土地の評価に影響することが考えられます。
 土地の売買予定がある場合は、事前に秋田駅東地区土地区画整理工事事務所にご相談ください。(地権者以外の方は、地権者からの委任状が必要となります。)
このページのトップへ
Q6 仮換地を分筆して売買したいがどうすればよいか。
A6  仮換地の分割および従前地の地積測量図作成等については、施行者の技術的助言が必要となりますので、秋田駅東地区土地区画整理工事事務所にご相談ください。
このページのトップへ
Q7 所有する土地の道路部分に秋田市による「所有権移転請求権仮登記(寄付予約)」がついているが、この土地を売買する場合この道路部分も一緒に売買しなければならないのか?
A7  仮登記はついていますが、所有者は地権者であり、この土地も換地として再配置される計画となっています。必ず一緒に所有権移転を行ってください。
このページのトップへ
Q8 自分が所有している土地ではないが、移転先が知りたい。
A8  土地に関する情報は、保護するべき個人情報として扱っているため、地権者からの委任状がない限りお答えすることは出来ませんのでご了承ください。
このページのトップへ 
Q9 土地や建物の所有権が変わったが、どうしたらいい?
A9  権利者の皆様には、事業進捗に伴う土地や建物等の移転に関するご連絡のほか、「区画整理だより」の発送など秋田市よりお知らせをする場合が
ありますので、土地や建物の所有権が変わりましたら、ホームページにも掲載している所有権移転届出書または相続届出書に必要事項をご記入のうえ、必要書類を添付して秋田駅東地区土地区画整理工事事務所に提出してください。
このページのトップへ 
Q10 土地や建物の名義が故人になっているが、事業による移転等に支障はあるか?
A10  土地や建物等の所有者が故人のままになっている場合、仮換地指定や建物等の移転補償契約の際にすべての法廷相続人(権利者)の了承が必要になり、事業に支障をきたす場合がありますので、相続の手続きをお願いします。
 また、相続の手続きが完了しましたら、所有権移転届出書または相続届出書により、秋田駅東地区土地区画整理工事事務所までお知らせください。
このページのトップへ
Q11 仮換地指定通知は再発行してもらえるのか?
A11  「仮換地指定」は、一つの土地に対して1回のみの行政手続きです。仮換地指定通知書は、再発行できない書類ですので大切に保管してください。
このページのトップへ
Q12 どうして固定資産税が移転前の土地面積での請求になっているのか?
A12  固定資産税については、使用収益の開始日の翌年より仮換地の面積で課税されることとなります。土地や建物等の移転後、仮換地の周囲の道路築造工事等がほぼ完了した段階で、「使用収益の開始日の通知」を送付させていただいております。
このページのトップへ
Q13 土地登記の書き換えは誰がするのか?
A13  土地の登記簿に関しては、従前地の表題部(所在地、地目、地積等)を事業完了時(換地処分時)に施行者である秋田市が換地に合わせて一括で書き換えをします。ただし、所有権の移転等権利部に関しては、従前の内容から移動があればご自身で書き換えする必要があります。
このページのトップへ
Q14 土地区画整理事業に伴う建物等調査について教えてほしい。
A14  事業の進捗により移転が必要となった建築物や工作物等について、定められた規準に従い補償費を算定するための調査です。
 現在の建築物や工作物等の構造や寸法・数量等を調査し、補償費を算定するための図面や資料を作成します。
 詳しくはこちらをご確認ください。 → 「土地区画整理事業に伴う建物等調査の概要」(176KB)
このページのトップへ
Q15 土地区画整理事業に伴う建物補償の考え方を教えてほしい。
A15  仮換地が指定され、従前地の土地にある建築物や工作物等を仮換地へ移転する必要があると認められる場合、施行者(秋田市)が補償することになっています。
 詳しくはこちらをご確認ください。 → 「土地区画整理事業に伴う建物補償費の概要」(288KB)
このページのトップへ
Q16 事業が長期化しているが、事業着手当初に移転した権利者とこれから移転する権利者とでは、先に移転した権利者の方が有利ではないのか?
A16  建築物等については、経過年数を考慮した補償となっており、損失の差が生ずることの無いような補償基準となっております。
 詳しくはこちらをご確認ください。 → 「建物移転の考え方」(40KB)
このページのトップへ
Q17 事業実施中の土地区画整理事業区域内で、建物の新築や増改築は可能か?
A17  事業実施中の土地区画整理事業区域内におけるあらゆる建築行為には、土地区画整理法第76条に係る許可を受ける必要があります。
 仮換地指定済みの場所においては、通常建物を新築・増改築する際に守るべき法令・規則等を満たすものであれば、建築・増改築が可能です。
 仮換地未指定の従前地への建築行為については、従前地や仮換地先の位置や状況により個々に条件が異なりますので、事前に秋田駅東地区土地区画整理工事事務所にご相談ください。
 土地区画整理法第76条に係る許可申請についてはこちらをご確認ください。 → 都市計画課のホームページへ
このページのトップへ

問い合わせ先

 秋田市都市整備部
 秋田駅東地区土地区画整理工事事務所
 住所  〒010-0851
 秋田市手形字山崎44番地3
 電話  018-834-2204
 FAX  018-832-9931
 E-mail  ro-urek@city.akita.akita.jp

秋田市トップ駅東事務所秋田駅東第三地区土地区画整理事業秋田駅西北地区土地区画整理事業


Copyright (C)2003-2013 秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan)
All Rights Reserved.
ro-urek@city.akita.akita.jp