屋外広告物の継続申請


最終更新:平成30年1月9日


平成30年4月1日から許可対象広告物の安全点検が義務になります。

1 継続申請とは

許可期間満了後も広告物等を同じ内容で引き続き表示又は設置しようとする場合に行う許可申請です。

継続して表示又は設置しようとする日の10日前までに申請が必要です。

継続申請による許可を受けずに表示又は掲出した場合、無許可(違反)広告物となります。

2 申請の方法

(1) 申請書類の提出

必要書類
名称 留意事項
継続許可申請書(様式ダウンロード 記入例参照(PDF69KB)
直近の許可書の写し 紛失等により用意できない場合はご相談ください。
屋外広告物安全点検報告書(様式第17号
※平成30年4月1日以降に行う申請から適用
  • 許可対象の広告物全てについて申請前の3ヶ月以内に点検を行い、その結果を記載して添付してください。
  • 点検で異常部分を確認した場合は、改善措置の前後を撮影したカラー写真を添付してください。
 詳しくは、安全点検義務化のページをご確認ください。
現況カラー写真 敷地全体の状況および許可対象となる各広告物の全部について現況を撮影したカラー写真 撮影方法の留意点(PDF450KB)
  • 許可対象の広告物すべてについてそれぞれ用意してください。
  • 表示面が複数ある広告物の場合は、全ての表示面を撮影してください。
設置者・管理者の変更届 許可書に記載された設置者(申請者)または管理者の住所・氏名に変更がある場合は、次の届出書の提出も必要です。
他法令の許可書の写し 道路占用許可、行政財産使用許可など(有効期限があり許可の更新を伴う他法令による許可)
市長が必要と認める書面等
※平成30年4月1日以降に行う申請から適用
継続許可をする上で必要となる審査資料として、図面または書面等の追加提出を求めることがあります。

(2) 申請手数料の納付

申請の際は、手数料の納付が必要となります。

申請手数料の納付方法は、次のいずれかです。


申請手数料は、表示または設置しようとする広告物の種類、数量、表示面積等により異なりますので、事前にご相談ください。

※申請手数料の納付は、屋外広告物条例により義務づけられており、申請者側の申請行為を事由として納付が必要となっています。

参考ページ

3 申請にあたっての注意点

申請者氏名
前回許可時と会社の名称等が異なる場合は、設置者(管理者)等変更届が必要です。
そもそも設置者等が変更した場合は、その都度届出してください。
備考欄
申請に係る広告物の管理者を記入してください。
高さ4mを超える広告物については、建築士又は屋外広告士の資格が管理者の資格要件となります。
継続申請を機会に再度確認してください。
前回許可から管理者が代わる場合は、設置者(管理者)等変更届が必要です。
広告物が汚れてないか
広告物に汚染、退色、錆等が見られないか確認してください。
汚染、退色、錆等が著しい場合は、禁止広告物とみなされる場合があります。
本当に継続申請なのか
申請しようとする広告物の内容等が、前回許可時の内容等と異なる場合は、継続申請書による申請はできません。都市計画課へ相談してください。

申請書の記入例

1.記入例PDFの朱書き部分のとおり、必要事項を全て記入してください。
2.記入事項を訂正する場合は、該当箇所に訂正印を押してください。
 継続許可申請書の記入例(PDF69KB)

4 写真の撮り方

現況写真の撮影方法の留意点

1.敷地全体の状況と敷地内にある全ての広告物を撮影してください。
2.各広告物の全体が入るように撮影し、表示文字等の内容を確認できる鮮明なカラー写真としてください。
  (鮮明な写真印刷が困難な場合は、アップで撮影した写真を追加することでも可。)
3.複数の表示面がある広告物は、裏面・側面を含む全ての表示面を撮影してください。
 現況写真の撮影方法の留意点(PDF450KB)

5 許可後の留意事項


お問い合わせ

秋田市 都市整備部 都市計画課 都市環境担当
住所 〒010-8560 秋田市山王一丁目1-1(秋田市役所 本庁4階
TEL 018-888-5764
FAX 018-888-5763
e-mail
ro-urim@city.akita.lg.jp
市章 Copyright(C)2008 秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan) All Rights Reserved.