WHOエイジフレンドリーシティグローバルネットワーク

最終更新日 平成28年5月6日 

WHOエイジフレンドリーシティグローバルネットワークへの参加

WHOは、エイジフレンドリーシティをさらに広め、各都市との連携を図ることを目的に、2010年にエイジフレンドリーシティグローバルネットワークを設立し、参加を呼びかけています。
WHOのエイジフレンドリーシティグローバルネットワーク参加都市は、
@計画段階
A実施段階
B評価段階
を5年サイクルで進め、エイジフレンドリーシティの継続的な改善を図ります。

ネットワークサイクル

ネットワークサークルの図


秋田市のグローバルネットワーク参加

秋田市は、総合計画「県都あきた『成長』プラン」の成長戦略に位置づけている「エイジフレンドリーシティの実現」について、WHOから客観的な評価 を得ながら、さらに効果的かつ継続的な取り組みを実現するため、WHOエイジフレンドリーシティグローバルネットワークに参加することとし、穂積市長が 2011年11月20日にグローバルネットワーク参加表明書に署名、同年12月にWHOから正式に承認されました。
日本国内で、初めてグローバルネットワークに参加した自治体になります。

WHOエイジフレンドリーシティグローバルネットワーク参加承認証明書

2012年4月、WHOからグローバルネットワーク参加承認証明書が届きました。なお、表記されている有効期限は、ネットワークサイクル計画段階の期限(2年間)を示しているため、2014年4月1日までとなっています。秋田市は、2014年2月に秋田市エイジフレンドリーシティ行動計画を提出したため、参加承認は継続しています。

 グローバルネットワーク参加承認証明書(PDFファイル)
【日本語訳】

WHOエイジフレンドリーシティグローバルネットワーク

秋田市がWHOエイジフレンドリーシティグローバルネットワークの参加都市として承認されたことを証明する。

本証書の有効期限は2014年4月1日までとする。

スイスジュネーブWHO高齢化ライフコース部門責任者
博士 ジョン・ベアード

PDFを見るためには、プラグインが必要ですpdf

関連情報

WHOがエイジフレンドリーに関するサイトを開設しました。

WHOは、エイジフレンドリーシティグローバルネットワークに参加している各都市の連携や情報交換を図るため、新たにAge-friendly World (エイジフレンドリーワールド)というサイトを開設しました。

サイトではネットワークに参加している各都市が掲載されており、秋田市も紹介されています。

Age-friendly World のURL:https://extranet.who.int/agefriendlyworld/
秋田市の紹介ページ:https://extranet.who.int/agefriendlyworld/network/akita-2/

2011年9月28日〜30日、アイルランドのダブリンで、第1回エイジフレンドリーシティ国際会議が開催されました。

第1回エイジフレンドリーシティ国際会議について

お問合せ先

長寿福祉課 エイジフレンドリーシティ推進担当
住所 〒010-8560 秋田市山王一丁目1-1
TEL 018-888-5666
FAX 018-888-5667
E-mail ro-wflg@city.akita.akita.jp

秋田市トップ福祉保健部長寿福祉課エイジフレンドリーシティ構想


秋田市章
Copyright (C)2009- 秋田県秋田市(AkitaCity,Akita,Japan)AllRightsReserved.
ro-wflg@city.akita.akita.jp